海外に行きたくて仕方ないので『BEAMS LIGHTS』で着替えてきた

さえり


海外に行きたくて仕方ないので『BEAMS LIGHTS』で着替えてきた

こんにちは! エディターのさえりです。

突然ですが、最近海外に行きたくて仕方がないんです。海外に行って普段見ることができない街並みを見たり、日常では出会えない人たちに出会えたりするのって、自分の心が潤っていく感じがしますよね。日常と何かがカチッと切り替わるような、あの特別な感じも大好きです!

その話を先輩にしたら「じゃあ、『BEAMS LIGHTS』に行かない?」なんていう話に。まったくつながりが見えませんでしたが、「海外っぽいことができるのかもしれない」と楽しみにしながらやってきました!

BEAMS LIGHTSのテーマは、“Life as a Journey”。旅行、仕事、散歩などライフスタイルの全てを“旅”と捉え、「遊び心」と「心地よさ」を提供しているブランドなのだそう。

BEAMS LIGHTS × LIG

訳もわからず連れてこられたわたし(左)とLIGブログ編集長のナッツ(右)……。ふたりとも海外が好きで、ことあるごとに「海外行きたい」と話し合う仲です。

「海外行きたいよね」

「うん、行きたい」

「行けないなら生きてる意味ないレベルだよね」

「それは深刻だな?」

BEAMS LIGHTS × LIG

今回コーディネートしてくれる加藤さん(左)と上川路さん(右)

「今回はお二人にぴったり合うように、全身コーディネートしますね!」

「はい。遠慮なくなんでも要望を言ってくださいね」

「彼氏欲しい」

「それは無理なので、海外に行った気分になれるよう、コーディネートしますね!」

……よくわからないままに着せ替えがスタートしてしまいました。

BEAMS LIGHTS × LIG

「今どこの国に行きたいですか? 気分に合わせて選びますよ!」

「えっ、そうですね……。えーと……」

「New York」

「かしこまりました」

はやっ。わたしに選択の余地なし。
言われるがままに着替えることに……!

NYにいくなら〜!

「NYでしたら、こちらのコーディネートがベストかと思います。シティな雰囲気を醸し出しつつ、洗濯ができる扱いやすい服なんですよ」

BEAMS LIGHTS × LIG

言われた通りにお洋服を着ていきます。よくみる芸能人の着替え番組みたい! とか調子に乗っているうちに……

BEAMS LIGHTS × LIG

こんな感じになりました。

BEAMS LIGHTS × LIG

ナッツさんも着替えて完成です!






BEAMS LIGHTS × LIG

……これってあれでしょ? 飛行機待っている間に彼が「向こうでのビジネスなんだけどさ」とか話しかけてきて、仕事モードでバリバリ話していたら彼が「まぁ、仕事はいつも通りでいいから。で、休みの日は一緒にだらだらしよう」なんて頭ぽんして微笑んでくれたりして、

BEAMS LIGHTS × LIG

ビジネスが成功した暁には「彼とは公私を共にする良きパートナーです」とか微笑みながらインタビュー答えちゃったりするやつ? 違う? これ、その展開を迎えるための準備段階としか思えないレベルなんだけど違うの? 違うならむしろなんなの? ていうかなんで違うの?

「あ、それいいですね」

「でしょ!? でしょ!?」

「ちょっと静かにしてくれない?」

南仏にいくなら〜!

「次はどこの国にいきたいですか?」

「え、えーっと……」

「南仏」

「お任せください」

はやい。わたしに選択の隙を与えない作戦だな。
いや、いいですよ、いいです。南仏もたしかに行ってみたいです。

だって南仏っていえば、コートダジュールとかでしょ? もし映画だったら、のんびりバカンスに来て「あ〜、仕事疲れたなぁ」と海をぼんやり眺めているのに、携帯がぶるっと震えて仕事の連絡がひっきりなしにきちゃったりして「もぅ、わたしにもリゾート気分味わわせてよー!」とか怒っちゃうキャリアウーマンならではのシーンあるでしょ絶対。

BEAMS LIGHTS × LIG

BEAMS LIGHTS × LIG

BEAMS LIGHTS × LIG

完成です!

ナッツさんの着ている花柄シャツもいい感じ。わたしが着たゆるいニットも、一点ものだそう。

BEAMS LIGHTS × LIG

南仏まできたのに着信がピロリロリン。「あ〜あ、どこいっても仕事から逃げられないのかぁ」とか思った矢先、後ろを通り過ぎたイタリア人がぶつかってきて、携帯が手から飛び出て、非情にも海へ……ぽちゃん!
「うそでしょっ!?」

「ごめん……(イタリア語で)」
ああ……どうしよう……仕事できない……。と佇むわたしに慌てて駆け寄ってきたイタリア人の彼。

BEAMS LIGHTS × LIG

「ほんとに悪かった……(イタリア語)」と覗き込んできた彼の瞳が淡い緑色で、一瞬で吸い込まれちゃうんですよ。
「あっ……」

「あ……もしかして……僕たち昔どこかで会いました?(イタリア語)」
って、ううんって首は振ったけどもう目が離せなくて、わたしたちは見つめあって、彼の手がそっと伸びてきて指先が頬に触れてアーッ!!!

「わかります! わかります! 最高です!」

「そういうのそろそろやめない?」

「すみませんでした」

ノルウェーにいくなら…!

「次はどこの国にしましょうか」

「う〜ん……」

「わたし、星が見たいんです」

「星なら日本でもいいじゃん。やっぱシティがいいよ、シティ」

「うるさい」

「星、いいですね! それではノルウェーなんかいかがですか?」

「最高、神」

北欧はきっと寒いはず。冬はオーロラが見えるくらいだもんね。そういうわけで、寒さ対策を一番に考えたコーディネートをしてもらうことに。

BEAMS LIGHTS × LIG

BEAMS LIGHTS × LIG

BEAMS LIGHTS × LIG

はいっ、完成です!

BEAMS LIGHTS × LIG

もしノルウェーに行ったら、星が綺麗に見えるところまで電車にガタガタ揺られていって、凍ってしまった湖の横に座ってあったかいココアを飲みながら星について語り合うんだもんね。それで、なんてことない言葉をポツポツと交わしたりしちゃって、あたりは葉っぱたちがこすれるような音しか聞こえないんだきっと。

BEAMS LIGHTS × LIG

そのとき、彼がなにか小さな声で言って、「え?」って聞き返した途端風が強く吹いて、「なんて言ったの?」「なんでもない」とかハニかんだりして。「え? なになに? なになになにー?」「もー、いいんだって。うるさいなぁー」とかってきゃっきゃしてたら、フクロウが「ホー」って鳴いて一瞬の静寂の間にわたしたちは言葉にできない何かを共有しあってそれで……

「最高ですね。いや、素晴らしい!」

「2人ともうるさいな!?」

「はい、大変申し訳ございませんでした」

トレンドの服なら……

「あとどこか行きたい国はありますか?」

「うーんと……」

「そうですねぇ……」

「海外に行かずとも新しい出会いに巡り合えるなら良くないですか? たとえば電車で黒縁メガネで長身細身男性と何回も目が合って、降りた瞬間に『すみません。あの……』『え?』『あ……服装含め、素敵すぎて、つい……』って彼がうつむいて真っ赤になっちゃって、それを見て新たなトビラが開いていく的な」

「ノってきたな?」

そういうわけで今の“トレンド服”を着せてもらうことに。

BEAMS LIGHTS × LIG

BEAMS LIGHTS × LIG

完成です!






出会いはそんな風に“ナンパ”だったけれど、黒縁メガネ長身細身男性とその後仲良くなっちゃって、よく遊びに行くようにもなって、二人で飲みながら「あのとき本当にびっくりしたよー」っていったら「だって、まじでタイプだったんだもん」とか顔赤らめちゃって、「顔真っ赤ー! 飲み過ぎだよー!」ってからかって笑ったら、「酒のせいじゃないよ」とか急に真面目になって、「……へ?」「あの日からずっと好きなんだから、おれは」「……え!?」「……まあ、いくらでも待つけどさ」とか言われちゃったりなんかして、「あー……ごめん、わたしも実は、好きで」とか言ってチラッと彼のことみたら、目がきらきら輝いてて「うそ、まじ? 酒の勢いじゃない?」「うん」「ほんとに?」「うん」「まじで?」「うん」「まじで!?!?!?」「うん……えへへ」「まじかよ!!!! やばい! やばい!」って騒ぎ出して突然立ち上がっちゃって。ガチャン! って音と共にお酒がこぼれちゃって「あーもーバカー、はしゃぎすぎだよー笑」って笑って自分のズボンに散ったお酒を拭こうとしたら出会ったときに着ていた洋服をたまたま着ていたことに気づいて、あっ……やっぱなんか運命なのかも……って思っちゃう的な!? 的な!? てーきーなーーー!?

「わかりますわかりますー!」

「だよねだよねだよねー!」

「なんで意気投合してんの」

「女子だから?」

最後に

以上で怒涛の着せ替えは終了です!
なぜかお洋服を次から次に着せてもらったのですが、どのお洋服も普段着れないものばかりでとても新鮮でした。

お洋服を変えるだけで気持ちも心も切り替わりますよね。実際に海外までは飛んでいけなくても、気持ちがパキッと切り替わるような心地よさがありました。

やはりお洋服ひとつで心は変わるし、お洋服ひとつで人生が変わることもあるのかも。今度は(経費で)このお洋服を買ってもらって、実際に(経費で)海外に行ける日が来ますよーに。

それではー!

※ 今回ご協力いただいたのは、BEAMS LIGHTS渋谷店のスタッフの皆さま。こちらの無茶な要望にも非常に丁寧に対応してくださり、接客・コーディネートのプロのすごさを実感しました。スタッフの皆さま、誠にありがとうございました!

《店舗情報》
BEAMS LIGHTS 渋谷
住所:東京都渋谷区渋谷 2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs 4F
営業時間:10:00~21:00(不定休)
URL:http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-lights-shibuya

さえり
この記事を書いた人
さえり

外部ライター

おすすめ記事

Recommended by