NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.12.15
第28話
漫画チャンネル

「エア・トレック」が欲しすぎたおかげで乗り物狂いになった女が語る『エア・ギア』

えだまめ

初めまして、外部ライターのえだまめといいます。フリーランスでカメラマンをしながら、Webデザインやイラストも描いたりしながら暮らしています。

今回、わたしの人生を大きく変えた漫画ということで、大暮維人先生著の「エア・ギア」を紹介したいと思います。

本日紹介したい漫画『エア・ギア』

エア・ギア(1) (週刊少年マガジンコミックス)

エア・ギア(1) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 著者大暮維人
  • 出版日2003/05/16
  • 商品ランキング13,846位
  • Kindle版207ページ
  • 出版社講談社

本作は、主人公・南樹ことイッキが、巷で流行りの「エア・トレック」という二輪のモーターで進むローラーシューズを手にすることから話が始まります。

イッキはこの「エア・トレック」を通し、仲間と共にさまざまな強敵とケンカまがいのことをしながら、精神的にも技術的にも鍛えられつつ頂点へと上りつめていきます。

ローラーシューズからときに超絶かっこいい名前のトリックを繰り出し、バトルのメインアイテムにさえしてしまう大暮先生のオシャレセンスが爆発の作品。週刊連載とは思えないほど緻密な絵の書き込みと、登場人物のくるくる変わる服装も見逃せません。

彼らの人生は「エア・トレック」であり、その「エア・トレック」は、もはや命をも賭ける必要のあるアイテムなのです。

キャラクターごとにカスタムされた「エア・トレック」の魅力

「エア・トレック」はブーツ型があると思えば、四輪タイプ、触っただけで手が血まみれになりそうなもの、果ては炎を出しちゃうやつなど、千差万別です。
それぞれに特徴があり、登場するキャラクターは皆違うカスタムデザインされたものを履いています。

しかも劇中の世界にはパーツショップなどもあり、自分でビスを変えたりローラーを変えたりできてしまうというじゃないですか。

連載当初中学生だったわたしの中二心はこれ以上ないほど刺激され、今すぐにでも「エア・トレックをください!」とスポーツ用品店に飛び込みたい衝動に駆られました。

しかし当時わたしが住んでいた千葉の街には、エア・トレックはおろか、スケボーもキックボードも、ローラーシューズを履いている人すら居ませんでした。

わたしはあの頃、どうしても「エア・トレック」を履きたかった

当時の千葉の街でよく見かけるものといえば、チンピラとごついバイクとヤン車。バイクも格好いいとは思っていましたが、深夜に黒光するブラックライトとかパラリラパラリラ音が鳴ったりするやつとかよくわからない背もたれとかは、どう考えても大暮先生の描く『エア・ギア』の世界のものではなかったのです。

わたしは千葉で「エア・トレック」を履くことをあきらめ、Youtubeに投稿された自作エア・トレックの動画を指をくわえて見るだけの人間になりました。

(今はここまで再現してる人がいるんですね……!)

しかし、そんなわたしにも転機が訪れるのです。

  • 1
  • 2