ソーシャル集客の参考に!国内バイラルメディア10サイトを解剖する業界アナリティクス

まさとし


ソーシャル集客の参考に!国内バイラルメディア10サイトを解剖する業界アナリティクス

こんにちは! 最近はもっぱらアクセスが爆増しているサイトを「SimilarWeb」で見まくって、少しだけPV分けてくれないかなーなんて考えているシミラーウェブブログ編集担当のまさとしです。

さて、先日、羨ましいほどPVを稼いでいらっしゃる米国発のバイラルメディア「Buzzfeed」の日本版編集長に朝日新聞デジタルの元記者古田大輔氏が就任したというニュースが駆け巡りましたね。
このニュースを見て、日本のWebメディア市場がまたどんどん活気づくことを想像した方も多いはず。とはいえ一方で、「Buzzfeed」の到来で「現状の国内バイラルメディアはどうなるのか?」という疑問もあります。

そこで、Buzzfeed日本版到来の前に現在のバイラルメディア市場がどうなっているのかをデータを元に概観していきましょう。

「バイラルメディア」ってそもそもどんなメディア?

まずは「バイラルメディアとはそもそもどのようなメディアなのか?」というところから話を始めましょう。

「バイラルメディア」とは話題性のある動画や画像を中心とした記事に、FacebookやTwitterなどのSNSを利用して短期間で爆発的なトラフィックを集めることを目的としたインターネットメディアを指します。「バイラル(Viral)」とは、「ウイルス性の」「感染的な」という意味を表す単語で、「SNSでの拡散」の様子を「ウイルス感染」のようなものと捉えて名付けられたメディアです。
バイラルメディアは、メディア集客の手段としてSNSでの拡散からの流入をメインとしており、そのためユーザーに共有をしやすいよう記事の上下に大きなソーシャルボタンを設置しているのが特徴です。

また、急激に普及したスマートフォンで閲覧しやすいように特化しており、スマホファーストが徹底されているメディアでもあります。日本では主に広告収入がメインで運営されていますが、米国の「Buzzfeed」では記事のカタチをした広告、いわゆるネイティブ広告などで収益をあげています。

国内バイラルメディアの歴史

このバイラルメディアはWebメディアの新しいカタチとしてここ数年のうちに大きく成長しました。しかし、成長とともに著作権や肖像権などの問題とぶつかり、批判を受けることもしばしば。短期間のうちに瞬く間に成長したバイラルメディアが、あっという間に閉鎖してしまった例も少なくありません。
ここでは、そんな国内バイラルメディアの歴史をざっと見ていきましょう。

1. 乱立と成長期

「バイラルメディア」の原型を最初に築いたのは、ハフィントンポストの共同創業者であるJonah Peretti(ジョナ・ペレッティ)が2006年に立ち上げた「BuzzFeed」です。
ソーシャルメディアの広がりやスマートフォンの普及の影響によって、2013年に大きく成長し月間訪問者数約1.3億人を記録。既存メディアを凌ぐようなメディアに進化しました。

日本では家入一真氏が2013年12月に「刺さる動画メディア「dropout」」を公開。公開初月に70万人訪問の反響を得て、日本におけるバイラルメディア成功の可能性を見出しました。
そのような成功例もあり、2014年にはバイラルメディアが乱立する現象が起きたのです。バイラルメディアの多くはコンテンツを自ら作らず、「キュレーション」というカタチでコンテンツを集め、編集するというメディア形態をとるため、比較的参入する障壁が低いのもメディア乱立の要因としてあるでしょう。
メディア業界に詳しい編集者の佐藤慶一氏は、2014年2月時点の乱立する35のバイラルメディアをまとめています。
(参照:「乱立する国内バイラルメディアをまとめてみたーー35のメディア紹介」

2. パクリ問題と炎上期

短期間のうちに大きな成長を果たしたバイラルメディアですが、Webメディア業界では大きな問題がありました。その問題とは、使用許諾をとらずに、ネタや画像を転載するメディアが後を絶たなかったことです。

メディア業界の方でなくとも、Web関係に興味がある人ならそのような「パクリ問題」に関する記事を読んだことがあるでしょう。少し検索して探しただけでも、「パクリ問題」の是非について書かれた記事がたくさん見つかります。中には、炎上と呼んでもおかしくないくらいまでソーシャル上で叩かれたメディアもあります。
(参照:「バイラル・キュレーションメディアの勝手な無断転載はどうして止まらないのか?」
実際に、無断転載などを指摘され、謝罪文ページを公開したメディアも少なくはありません。

3. 淘汰期

多くのバイラルメディアが乱立しレッドオーシャン化した市場に、「パクリ問題」などが加わり、ついにバイラルメディアの中で淘汰されるようなメディアも現れました。
「乱立と成長期」で紹介した「dropout」は2014年の5月末に配信を停止。2015年2月には、コンテンツ盗用を追求されて大きく炎上してしまった「BUZZNEWS」が閉鎖。サイバーエージェント子会社のWAVEST株式会社が運営していた「BUZZHOUSE」も2015年の6月に終了しています。
2015年の現在は、2014年に大きく成長した国内バイラルメディアに陰りが出てきているという声もあり、バイラルメディア運営者にとっては苦しい状況にあるのではないでしょうか。

さて、以上国内バイラルメディアの歴史をざっと振り返ってみたのですが、最近はあまりバイラルメディアに関しての情報が出てきていないように思われます。現状、存続しているバイラルメディアはどのような運営状況なのでしょうか?

ここからは、競合サイト分析ツール「SimilarWeb PRO(シミラーウェブプロ)」を用いて、国内バイラルメディア10サイトを横断調査してみたいと思います。

現状の国内バイラルメディア動向

国内バイラルメディアサイトの調査を行うにあたり、以下5つの視点で見ていきましょう。国内バイラルメディア同士の比較から、海外バイラルメディア「Buzzfeed」や国内のその他Webメディアとの比較で現状の様子を浮き彫りにしていきます。

  1. 月間訪問者数の推移
  2. ソーシャルメディアのファン数(Facebookいいね数とTwitterフォロワー数)
  3. 訪問者のモバイルとデスクトップのアクセス比率
  4. 海外バイラルメディア「Buzzfeed」との比較
  5. 国内のWebメディア業界でのバイラルメディアの位置

また、調査対象ウェブサイトは以下の10サイトです。

  1. 9ポスト(http://9post.jp/
  2. BUZZmag(http://buzzmag.jp/
  3. FEELY(http://feely.jp/
  4. ViRATES(http://virates.com/
  5. netgeek(http://netgeek.biz/
  6. Whats(http://whats.be/
  7. クレイジー(http://curazy.com/
  8. grape(http://grapee.jp/
  9. Spotlight(http://spotlight-media.jp/
  10. TABI LABO(http://tabi-labo.com/

それでは現状のバイラルメディアの動向を探ってみましょう!
(※本記事で扱っているデータはあくまでSimilarWeb独自に収集・処理したデータのため、実際の値とは多少ズレが生じている可能性がございます。あらかじめご了承ください。)

サイバーエージェントの「Spotlight」が順調に成長。その他のメディアは2極化。

まずはここ1年間の月間訪問者数の推移を見ていきましょう。

国内バイラルメディア月間訪問者数の推移

まず目を引くのがサイバーエージェントが運営している「Spotlight」がここ1年間で順調に訪問者数を伸ばしていることです。2015年の9月では少し下降傾向にあるものの、他のバイラルメディアとは頭1つ抜け出ているのがわかります。

その他のバイラルメディアは主に訪問者推移では「二極化」の傾向にあります。2015年9月時点で見ると、「TABILABO」「netgeek」「クレイジー」「grape」の4メディアが月間で400万〜500万の訪問者数であるのに対し、その他「BUZZmag」「Whats」「9ポスト」「ViRATES」「FEELY」の5メディアはすべて150万以下の訪問者数です。
2015年も急激な成長を果たしたメディアは「Spotlight」だけだったのを見ると、現状としてバイラルメディア全体がトラフィックが頭打ちになっている状態です。

「Spotlight」がfacebookいいね数80万超え。フォロワー数1位は「TABI LABO」の3万超え。

次に各バイラルメディアが持つfacebookページのいいね数とtwitterアカウントのフォロワー数を見ていきましょう。

国内バイラルメディアfacebookいいね数

月間訪問者数でもぶっちぎり1位だった「Spotlight」が80万を超えて、ここでも1位です。次いで2位が「grape」、3位が「BUZZmag」という結果です。
2位とはいえ「grape」は60万に迫るいいね数ですが、先ほどの月間訪問者数を見るとトラフィックがあまり伸びていません。おそらく「Spotlight」と比べてコンテンツの生産量で差をつけられているのではないかと考えられます。実際「Spotlight」は毎日50記事以上も更新しており、それが勝敗を分ける結果になったのでしょう。

Twitterのフォロワー数

バイラルメディアの記事は主にソーシャル上での拡散を狙った記事が多く、Twitterの運用も力を入れているのではないかと思われます。しかし、、Facebookと比べTwitterに関しては全体的にあまりフォロワー数が多くない印象です。
バイラルメディアの記事は、そのメディアをフォローしていなくてもソーシャル上での拡散により流れてくる可能性が高いので、ユーザーにとってあまりアカウントフォローへの動機付けが高くないのかもしれません。

全体トラフィックが多いメディアはスマホからの流入が高い。

バイラルメディアの特徴の1つに「スマートフォンへの最適化」が挙げられます。そのため、全体トラフィックでのスマートフォン比率が高いことが望ましいはずですが、各メディアによって比率にばらつきが見られました。

国内バイラルメディアのDesktopとmobileからのトラフィック比率

月間訪問者数で1位の「Spotlight」がスマートフォンからの流入が80%近くまで迫っています。
次いで「クレイジー」「FEELY」「TABI LABO」と続くのですが、先ほどの月間訪問者数のグラフと突き合わせると、スマートフォンからの流入が多いほど、月間訪問者数が高い傾向にあることがわかります。
つまり、スマートフォンからのトラフィックを獲得することに成功したメディアほど、多くのトラフィックを得られているということです。スマートフォン全盛の現代で、スマホトラフィックがどれだけ重要かが改めてわかりますね。

元祖バイラルメディア「Buzzfeed」は桁違いのトラフィック数。

ここまで、国内バイラルメディア内での比較をしてきたのですが、目線を海外に移しましょう。バイラルメディアの基礎を作り上げたと言われる元祖バイラルメディア「Buzzfeed」と日本のバイラルメディアはどのくらいの差があるのでしょうか?

Buzzfeed vs 国内バイラルメディアのトラフィック比較

9月の月間訪問者数を比較すると、なんと「Buzzfeed」は3億超え!!! もう日本のメディア運営者からすると、一体何がどうなってこの数字になっているかわからないレベルです。
国内では「Spotlight」が抜きん出ていると先ほどのデータで見てきましたが、明らかに桁違いです。日本版Buzzfeedが到来したとき、国内でどれだけの成長を遂げるのかが楽しみです。

Webメディア全体におけるバイラルメディアの位置。日本ではまだまだ勢力として弱いか?

最後に、日本全体のWebメディア業界のおけるバイラルメディアの位置を確認しておきましょう。

国内メディア業界のバイラルメディアのトラフィック順位

米国発の「Buzzfeed」はすでにアメリカでは伝統メディアと言われるサイトにも引けをとらないレベルまで成長しています。しかし、アクセスランキングでは「Spotlight」が37位、「netgeek」が44位になっているところを見ると、国内バイラルメディアはまだまだ国内の伝統メディアの脅威となるレベルまで達していないことがわかりますね。

まとめ

バイラルメディア業界のアナリティクス、いかがだったでしょうか。
Buzzfeedの来日により、再び加熱するかもしれないバイラルメディア。要チェックですね。
今回調査に使用したツールは以下。競合サイトの分析や今回のような業界分析などに役立つツールです!

>>競合分析ツール「SimilarWeb」を詳しく知る<<

ちなみに! 弊社ギャプライズではイスラエル発のWebマーケティングツールを世の中に広げてくれる営業、カスタマーサポート、インターン生も大募集中です! ぜひよろしくお願いします。

>>ギャプライズの求人を見てみる<<

それではまた!

まさとし
この記事を書いた人
まさとし

SimilarWebPRO 公式ブログ担当

おすすめ記事

Recommended by