新卒採用向けサイトを5つの指標で業界を分析!業界アナリティクス

まさとし


新卒採用向けサイトを5つの指標で業界を分析!業界アナリティクス

こんにちは! いつも心にエンタテインメントを忘れない、「シミラーウェブブログ」のまさとしです。

このたび、MarKitで寄稿させていただくことになりました。これからよろしくお願いします!
弊社、株式会社ギャプライズはURLだけで他社サイトまで解析できるツール「SimilarWeb PRO」を提供しているのですが、「シミラーウェブブログ」では、その解析で得た「競合分析のノウハウ」「データを活かして話題のニュースやサイト、業界全体のアナリティクス」を発信しています。
10月のMarkitでは、SimilarWeb PROを活用した「新卒採用向けサイト」の調査結果をご紹介します!
サイトを運営する人材業界の方も、募集を出す人事の方も要チェックです! では参りましょう!

今回分析する指標はこの5つ

新卒採用サイトの分析をおこなうにあたり、以下5つの指標で分析したいと思います。

  1. 月間訪問者数
  2. 訪問一回あたりのページ遷移数
  3. 平均滞在時間
  4. 直帰率
  5. 訪問者のモバイルとデスクトップのアクセス比率

また、対象ウェブサイトは以下の10サイト! どれも就活生や採用担当の方なら聞いたことがあるサイトではないでしょうか。

  1. マイナビ(job.mynavi.jp)
  2. リクナビ(job.rikunabi.com)
  3. 朝日学情ナビ(gakujo.ne.jp)
  4. ジョブウェブ(jobweb.jp)
  5. 外資就活.com(gaishishukatsu.com)
  6. マスナビ(massnavi.com)
  7. PASSION ナビ(passion-navi.com)
  8. 日経就職ナビ(job.nikkei.co.jp)
  9. 理系ナビ(rikeinavi.com)
  10. Goodfind(goodfind.jp)

調査時期は、経団連が選考活動を開始するように求めた8月の1ヶ月前が学生が最もサイトを利用すると考え、2015年7月1日〜7月31日としました。
それでは、いってみましょう!

(本記事で扱っているデータはあくまでSimilarWeb独自に収集・処理したデータのため、実際の値とは多少ズレが生じています。あらかじめご了承ください。)

月間訪問者数1位が「リクナビ」、2位「マイナビ」が圧倒的なトラフィック

月間訪問者数と訪問一回あたりのページ数

新卒採用向けサイトと聞けば、まず思い浮かぶ二大サイトがおそらく「リクナビ」「マイナビ」でしょう。
10サイトの中の月間訪問者数の1位と2位はやはり「リクナビ」と「マイナビ」になりました。数値で言うと1位「リクナビ」が約250万、2位が「マイナビ」の約230万、そこから大きく差をつけて3位が「外資就活.com」が約35万となっています。
訪問一回あたりのページ遷移数は、1位が「マイナビ」で9.05ページ、2位が「朝日学情ナビ」で7.35ページ、3位が「リクナビ」で6.83ページとなっています。
このデータから「リクナビ」「マイナビ」の圧倒的が圧倒的に新卒市場を独占していることがうかがえますね。

ただ16卒の採用では就活解禁前に活動していた学生も多くいたのも事実です。そういった学生はベンチャーや外資の求人が多く掲載される「外資就活」「Goodfind」を活用していたと想定されるため、時期が違えば結果も違ったかもしれませんね。

全体の直帰率平均は46.22%。2強サイトはどちらも40%以下

直帰率

直帰率は低い順位から見ると、1位が「マイナビ」で28.56% 、2位が「リクナビ」で36.84%、3位が「日経就職ナビ」で42.32%となっています。直帰率の全10サイトでの平均は、46.22%で、他業界から比べると少し高い印象を受けますが、やはり2強サイトは他サイトと比べて優秀な成績です。

直帰率が低いということは「魅力的なコンテンツが多い」ということです。もちろんサイトの設計なども寄与しますがユーザーにとって「もっと見たい」と思ってもらうためには直帰率を分析し、リコメンドするコンテンツの内容や配置の改善などを図る必要がありますね。

7サイトの訪問者は1回の訪問で4分以上サイトに滞在している

平均滞在時間

訪問者のサイトへの平均滞在時間は1位が「リクナビ」で6分4秒と最長です。続いて2位が「マイナビ」の6分1秒、3位が「朝日学情ナビ」の5分40秒。全10サイトの平均滞在時間の、平均は4分23秒となりました。
就活生はだいたい1回の訪問で4分以上費やしていると考えられますね。

つまり採用サイトを運営する側としては4分ほどでユーザーが求める求人を訴求する必要があります。そのためにはサイト内での「検索性」が求められます。

モバイルは「マイナビ」「リクナビ」、デスクトップからは「Goodfind」

訪問者のモバイルとデスクトップのアクセス比率

「Goodfind」「理系ナビ」「日経就職ナビ」「PASSION ナビ」「マスナビ」の5サイトが、モバイルとデスクトップ訪問者のアクセス比率において約6割の訪問者がデスクトップから訪問していました。
対して、「マイナビ」「リクナビ」「朝日学情ナビ」はアクセス比率において約7割の訪問者がモバイルからの訪問です。

就活生は選考時期になると出先でのモバイルからの流入が増加すると考えられます。そうするとやはり「マイナビ」や「リクナビ」などは「選考に使われるサイト」であると言えるかもしれません。

反対にデスクトップ比率が高いサイトは、落ち着いた状況での「情報収集としてのサイト」という認識が就活生からはあるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
調査から、新卒採用向けサイトでは「リクナビ」「マイナビ」が抜きん出たアクセス状況であることが明らかになりました。この2サイトは月間訪問者数だけではなく、平均滞在時間が長く、かつ直帰率の低さが目立ったのでユーザーに対して優良なコンテンツを提供していると考えられるでしょう。

さて、「新卒採用市場」の業界アナリティクスを見てもらいましたが、サイト解析というと多くの方が自社サイトばかり分析してしまうような“虫の目”で考えてしまう傾向にあります。しかし、業界全体や競合と合わせて自社サイトを俯瞰して見る“鳥の目”が差別化したサイトを作り上げるのに不可欠です。
そんな「鳥の目」を持ってもらうために、これからもデータから見た業界レポートをお届けしたいと思います。
それではまた!

まさとし
この記事を書いた人
まさとし

SimilarWebPRO 公式ブログ担当

関連記事