「ゲームをより楽しめる世界を創る」ユーザーに寄り添う “温かみ” のある環境 | GameWith

よっしー


「ゲームをより楽しめる世界を創る」ユーザーに寄り添う “温かみ” のある環境 | GameWith

こんにちは、メディアディレクターのよっしーです。

LIGは、今年の8月にオフィスを増床しました。新しいオフィスは白を基調とした空間に仕上がっているので、増床前のオフィスとはまた違った、いい緊張感のなかで仕事に取り組むことができています。オフィスのデザインは、私たちのパフォーマンスにも影響を与えるんだなと感じました。

シリコンバレーを中心としたエリアでも、企業の文化や価値観をオフィスで表現することがトレンドになっているようです。特にGoogleやFacebook、Instagram、Airbnbなどの世界的に有名な企業は、優秀なクリエイターに対し、自社のクリエイティブな文化をアピールすることができるツールの1つとして、オフィスを有効的に活用しています。

この波は、日本にもやってきているように感じます。そこで今回は、今年の6月に神谷町のオフィスから六本木に移転した株式会社GameWithの代表取締役社長である今泉氏に、オフィス移転の意図や、職場環境が社員に与える影響についてお話を伺いました。

Poole:アイコン/GameWith様 人物紹介:今泉 卓也氏
1989年3月生まれ。慶應義塾大学卒業。大学在学中にソーシャルゲーム会社の立ち上げに参画し、取締役CTOに就任。自らもコードを書きながら開発を統括し、2本のゲームタイトルをリリース。2013年6月にGameWithを創業し、代表取締役社長に就任。

「メンバーが最高のパフォーマンスを出せるように」ファミリーマンションの一室から六本木ヒルズへ

GameWith様:記事01
― 六本木に移転するまでに、過去2回のオフィス移転をしているというGameWith。創業当初はどのようなオフィスだったのでしょうか。

創業時は文京区にあるファミリーマンションの一室で仕事をしていました。サービスリリースまでのスピード感を極限まで高めることを優先し、オフィス兼自宅という環境でひたすら仕事に集中する毎日でしたね。

徐々にメンバーも増えて12人くらいの組織になり、手狭になったので、オフィス利用もできる神谷町のマンションに移転したんです。同じマンションという形態でしたが、法人の入居者との接点も増えたこともあり、以前よりも“オフィスで働いている”という意識が芽生え、プライベートと仕事との切り替えをするようになってきました。

その後、自社Webサービスである『GameWith』のPV数・UU数が急上昇し、さらに人数が増えましたね。当時は三部屋を借りて対応していたのですが、やはりワンフロアで仕事をできたらいいなと思い、今年の6月に六本木のこのオフィスに移転したんです。現在、社員は契約社員を含め25名、アルバイトは45名いますが、今後も人が増えることを考え、広さが約300坪、150人ほど入るこの場所を選びました。
― 創業当初から比較すると六本木へのオフィス移転は大きな変化だと思うのですが、今のオフィスに移転した最大のメリットは何でしょうか。

サービスの運営では、情報共有のスピードを常に意識しています。ワンフロアにメンバーがいることで、コミュニケーションロスは確実に減りました。それに、昼食やちょっとしたミーティングができるカフェスペースもできたので、気分転換をしながら仕事と向き合えるような環境になり、作業効率も上がったんです。
― オフィスを移転された際に、多数のメディアに取り上げられていましたが、何か変化はありましたか。

1年前に比べると、ゲーム関連の業界以外でも活躍されている方の応募が増えました。オフィスをきっかけとして、より広い分野の方々が弊社の事業やビジョンに共感していただけるようになり、良かったなと思います。

「ゲームのインフラをつくる」ユーザーの感情や状況を同じ目線に立ってイメージしたい

GameWith様:記事05

― オフィスには木材が多く使われているようですが、何をイメージしてデザインされましたか。

私と眞壁(現:取締役COO)、阿部(現:攻略コンテンツ1部部長)の3人で「GameWithらしさ」について話し合い、他社さんのオフィスデザインなどをいろいろ参考にしながら決めました。

温かみのあるアットホームな環境で、みんなで “ゲームユーザーに最高のサービスを届けよう” という一体感を持ちながら仕事をしてきたので、そういった部分を残していきたいなって思ったんです。だからこそ、いきなり無機質なザ・オフィスという雰囲気になってしまうと、ギャップがあるなと思いました。

僕の考える“温かみ”っていうのは、例えば、一台のパソコンの前に集まって、互いに尊敬の気持ちを持ちながら、肩がぶつかる距離で意見を言い合えるような密なコミュニケーションが取れる関係性です。

それに、GameWithに所属している全員にはゲームという共通の趣味があります。社内メンバーの交流を目的としたゲーム大会を開催したときは、大会に向けてお昼休みにみんなで和気藹々と練習しています。仕事と好きなもので繋がれるところも、温かみだと思うんです。
GameWith様:記事09

― “ゲームをより楽しめる世界を創る”という理念を掲げるGameWithのメンバーが、最大限能力を発揮できるオフィスデザインになっているようですね。

そうですね。それに、みんな“ゲームのインフラをつくる”という共通認識があります。“ゲームのインフラ”とは、ユーザーがゲームを楽しむうえでなくてはならない存在になること。生の人が使っているサービスなので、いろいろな状況や感情を想像しながら、その人たちがゲームを楽しめる環境を整備するため、ユーザー目線のサービスに徹底的にこだわりを持つようにしたいんです。

細かい内容になってしまいますが、Twitterでリプライされたユーザーの意見もきちんと目を通して今後どうやってサービスに反映していくかを考えています。

そういった“ゲームユーザー目線”でコミュニケーションができるオフィスになるよう、オープンで手軽にミーティングができるスペースを多くつくりました。“芝生”と呼ばれる緑のカーペットが敷き詰められているオープンスペースでもミーティングしている光景を見かけます。
GameWith様:記事02

ちなみに、芝生のスペースにあるテントの中には、マッサージチェアが設置されています。来客された方にはよく「なぜテントに?」と不思議がられますが。

これは休憩するとき、みんなに使ってもらえたらと思ったのですが、そのままだと周りにも休憩しているのが見えてしまって利用しづらいかなと。なので、芝生に合わせてテント内に設置するアイデアが採用されました。

「ゲームが仕事になっている」ことを誇りに。オフィス環境からも感じとってほしい

GameWith様:記事0

― 最後になりましたが、今泉氏が考える、オフィスが社員にもたらす影響について伺わせてください。

オフィス環境が良くなることで社員の仕事に対するモチベーションは上がると思っています。

GameWithのメンバーが社外で自己紹介をするとき「ゲームが仕事になっています」と言うと「それって仕事なの?」と、疑問に思う方もいると思います。でも「ゲームをもっと楽しみたい」と思う人のためのサービスをつくり、そのサービスが世の中で多くの人に受け入れられることで、ビジネスは成立します。つまり“ゲームは仕事になりえる”のです。

現に複数のプレイヤーが対戦するゲームを1つのスポーツや競技として捉える『eスポーツ』は世界でとても盛り上がっています。eスポーツプレイヤーと呼ばれるプロの選手は、日本でも尊敬を集める仕事の1つとして成立しつつあるんです。それと同じように、メンバーにはゲームの仕事を通じて“新しい働き方を創っている”のだと、GameWithで働くことに誇りを持ってもらいたい。自分たちが真剣にゲームをプレイして、ユーザーのためになると思って実行していることが、社会でどういう価値を生み出しているのかを認識してもらいたいと思っています。

より良い環境に移転できたのは、GameWIthメンバーがゲームユーザーのことを考えて価値を生み出し、会社を成長させているからです。より真剣に仕事と向き合える環境になったことで、それを実感してもらえたら嬉しいですね。

インタビューを終えて

オフィスでゲーム大会が開催されるなど、メンバー全員が顔を合わせる機会が増えたことにより、以前よりも社内コミュニケーションが活性化されているようですね。月間6億PVのWebサービスが生まれる場所には、画面の先にいるユーザーに寄り添い続ける社員の姿が見えました。

GameWith様:アイコン 株式会社GameWith
2013年6月創業。ゲームメディア『GameWith』を運営し、2014年7月から2015年2月までの半年で5000万PVから6億PVを突破。「ゲームをより楽しめる世界を創る」というビジョンを掲げ、ユーザー目線のサービスを提供し続けている。


furture_bnr

よっしー
この記事を書いた人
よっしー

メディアディレクター

2015年入社

この記事を読んだ人におすすめ