Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

データフィード広告最前線【FeedTech2015レポート】

のぐさん

FeedTech 2015とは?

FeedTech 2015はプラットフォーマー、 広告主、エージェンシーを対象にしたデータフィードについて徹底的に語り尽くす日本最大級のイベントです。

ソーシャルログインサービスやデータフィード広告を支援するサービスを提供している、株式会社フィードフォースさんが主催をしています。

今回のFeedTech2015に来場者数は400名超! データフィードの盛り上がりとぴったし合っているイベントですね。

ここからは当日のセッションを見ていきましょう!

【オープニングセッション】株式会社フィードフォース 代表取締役 塚田 耕司氏

まずは主催のフィードフォースさんの塚田社長のオープンセッションからスタート!

市場のユーザーの環境変化は相変わらず激しく動いている。しかもデバイスは小さくなり、さらにはウェアラブル端末も出始めている。
AIはより高度化し、フラグメンテーション(接触機会の断片化)は進んでいるため、「ユーザーに合った広告を、適時適切に配信する」データフィードはますます必要不可欠になる。

とのことでした。今からでも遅くないので、データフィードにどんどん取り組んでいかないといけませんね!

【パネルディスカッション】今なぜデータフィードがアツいのか? 今後のトレンドも徹底予測!

DSC_3126

登壇者
アタラ合同会社 代表取締役CEO 杉原 剛氏
アタラ合同会社 取締役CCO 岡田 吉弘氏
アナグラム株式会社 代表取締役 阿部 圭司氏
株式会社フィードフォース DF PLUS事業責任者 川田 智明氏

ネット広告周りで非常に有名なアタラ、アナグラム、フィードフォースの3社によるトークセッションです。かなり熱い議論でした!

データフィードの普及はフラグメンテーション(断片化)の影響が大きいわけですが、生活者の趣味嗜好は多様化し、ユーザーが日常的に用いるメディアはこれからも増えていきます。その他にも「デバイス」「ハードウェア」「OS」「ブラウザ」などの細かいところまで意識しないといけないというわけで、益々データフィードの活用が必要になってきます。