CREATIVE X 第2弾
CREATIVE X 第2弾
2015.10.08

英語のリスニング力を楽しく上達させるYouTubeチャンネル5選(海外ゲーム実況編)【中〜上級者向け】

うらら

こんにちは、英語チャンネル『Plluto』担当のうららです。

みなさんは英語のリスニング力をどのように鍛えていますか。私は休日に仕事をしながら「YouTube」を観るようにしています。特に好きなのは、海外のゲーム実況系の動画です。ゲーム画面を実際に見ながら英語を聞けるので分かりやすいですし、会話や実況のなかには自然な英語のフレーズがあふれていて、ゲームが好きでない人でも楽しむことができますよ。

今日は「海外ゲーム実況編」と題して、英語の「中〜上級者向け」に、リスニング力を楽しみながら伸ばせるおすすめのチャンネルを5つ紹介します。

▼ 英語を楽しもう!

英語のリスニングが楽しい!YouTubeチャンネル5選(海外ゲーム実況編)

1. VanossGaming

VanossGaming

YouTube上でも上位の人気を誇るゲーム実況チャンネルです。

「VannosGaming」の友人ら「Wildcat」「H2O Delirious」「MiniLaddd」「Lui Calibre」と一緒に、5人でプレイしている動画がメインとなっています。実況しているゲームは『GTA』と『Gmod(Garry’s Mod)』がほとんどです。高い動画編集スキルと、奇跡的に起きるゲームのバグや挑戦的なプレイで人気を博しています。

ちなみに、私が一番好きなゲーム実況チャンネルです。一時期は毎晩観ていて、使えそうな英語表現をメモっていました。オススメは上記のGTA5の実況。最初は “funny moments” の動画がオススメです。

チャンネルデータ
チャンネル登録者数:約1,400万人
合計視聴回数:約30億回を突破
※2015年10月現在

2. PewDiePie

PewDiePie

YouTube上で最も有名なYouTuberです。

スウェーデンの実況者で、英語での実況がメインですが、驚いたときや怒ったときにスウェーデン語も出てきます。ゲーム実況以外にファンへのコメント返しや恋人とのコラボレーション動画もアップしていますよ。

こちらも一時期、毎晩観ていたチャンネルです。見尽くしたあとは、先ほど紹介した「VannosGaming」へ移るといった感じでした。

チャンネルデータ
チャンネル登録者数:約4,000万人
合計視聴回数:98億回を突破
※2015年10月現在

3. TheDiamondMinecart // DanTDM

TheDiamondMinecart // DanTDM

『Minecraft』の実況動画を主にアップしているイギリスの実況者。1991年生まれの24歳です。はっきりとしゃべるので、英語はかなり聞き取りやすいですよ。

状況を細かく実況しながらゲームを進めていくため、リスニングがあまり得意でない人にもオススメ。日本のお菓子を食べる実況なんかもやっていて親近感がわきました。

チャンネルデータ
チャンネル登録者数:約800万人
合計視聴回数:約45億回を突破
※2015年10月現在

4. Robbaz

Robbaz

2006年にチャンネルがスタート。スウェーデン出身で、『From The Depths』、『METAL GEAR SOLID V』、『Skyrim』、『The Sims 3』といったようなゲームを実況しています。

私は『The Sims』が好きなので、それで知ったアカウントです。おもしろい。

チャンネルデータ
チャンネル登録者数:約116万人
合計視聴回数:約2億7,000万回を突破
※2015年10月現在

5. Sky Does Minecraft

Sky Does Minecraft

こちらもMinecraftの動画を主にアップしているチャンネルです。パロディやオリジナルストーリーをもとに動画を作成しています。

他のプレイヤーの音質が少し悪いときがあるので、高めのリスニング能力が必要になりますが、パロディ動画などであれば英語がわからなくても無理なく楽しめるのでおすすめです。

チャンネルデータ
チャンネル登録者数:約1,100万人
合計視聴回数:約28億回を突破
※2015年10月現在

まとめ

どのチャンネルもファンが100万人以上いるので、多くの人に見られているYouTubeアカウントです。英語のリスニングを伸ばすためだけではなく、会話のネタにもできそうですね。

今回紹介したチャンネル以外にも、さまざまな動画がYouTubeにはアップされているので、自分が興味のあるキーワードで探してみてください。好きな動画を楽しむことが「英語を学びたい!」という刺激になれば幸いです。それでは、また!