イラレ派に!マニュアルをIllustratorで作るときに取り入れたいInDesignコラボ技

すーちゃん


イラレ派に!マニュアルをIllustratorで作るときに取り入れたいInDesignコラボ技

はじまして、デザイナーのすーちゃんです! 
個人的に「Illustrator」は、全部小文字で「illustrator」と書くのが好きです。

デザイナーの皆さんはマニュアルを作成する際、どんなソフトを使っていますか? 今回は私が普段、マニュアルを作るときに使用しているソフトやその手順をご紹介したいと思います。

▼目次

使うソフトはIllustratorとInDesign

マニュアルを作成するときは、ほぼIllustratorとInDesignを使っています。
では、それぞれのメリット、デメリットを挙げながら、なぜこの2つのソフトを使うのかご説明したいと思います。

Illustratorのメリットとデメリット

Illustrator アイコン

一番の理由は、Illustratorが好きだから……ですが、わたしの個人的な好みは一旦置いておきます。

メリット

  • 普段から使い慣れている(個人的に)
  • 挿絵も同時に描ける
  • 自由度が高く、その時々で工夫したレイアウトをしやすい

デメリット

  • PDFにする際、ファイルを1データずつ書き出す必要がある
  • 修正・改定を繰り返す中でノンブル(ページ番号)の修正が面倒

InDesignのメリットとデメリット

InDesign アイコン

実は、普段InDesignを使うことはあまりありません。

メリット

  • Illustratorとの連携がスムーズ
  • ノンブルを自動で振ってくれる(要設定)
  • 1ページずつPDFに書き出す必要がない

デメリット

  • Illustratorに比べ自由度が低い
  • オプションや設定が細かくなんか取っ付きづらい

結論:両方のいいとこ取りをする

以前はIllustratorだけで作っていたのですが、「ノンブルを振る」「1データずつPDFを書き出す」という2点に時間をロスしてしまい、大変なストレスになっていました。

そこで、マニュアル作成に求めるものを改めて洗い出した結果、

  • 制作時間を短縮したい
  • 改定しやすいデータにしたい
  • でもどうせなら楽しく作りたい(つまりIllustrator使いたい)

という3つの欲求が挙がりました。

試行錯誤の末、基本的なデザインはIllustratorで、ノンブルなど製本の工程はInDesignを使うことでストレスや時間ロスの削減に成功しました! 

マニュアルの基本構成

ここからは実際にどういった構成で作成しているのか、一般的なWordPressのマニュアルを例に簡単にご紹介したいと思います。

表紙

マニュアル 表紙

特に、今後改定する可能性がある場合は、バーション情報と作成日(または改定日)を入れると、間違って古いものを見ていた!という失敗を減らせます。

もくじ

マニュアル もくじ

ページ数が少ない場合にはなくても大丈夫ですが、あった方がより親切ですね。
改定があった場合には、改定日、改定内容も一緒に記載します。

基本的な投稿・更新方法

マニュアル 基本フォーマット

新規投稿・編集について手順を追って説明します。
見出し → 手順1(テキスト+キャプチャ) → 手順2(テキスト+キャプチャ)・・・
といったフォーマットで、文章よりもキャプチャを多めに構成しています。

注釈やピックアップしたい部分などがあれば、このフォーマットから外れても大丈夫です。むしろ外したほうが目立つので良いかもしれません。

その他のページについて

もしそのサイト独自の更新方法がある場合は、基本操作の後にカテゴリ別のページも設けます。
その時々なのでなんともいえませんが、基本的なフォーマットはあまり崩さずに作ると統一感が保てます

投稿が表示されるページと、管理画面の記事編集画面を横に並べて説明すると、説明がスッと入りやすいかもしれません。
また、全体のページ数が多くなった場合には、各セクションごとに扉をつけるとわかりやすくなりますね! 

マニュアル作成の手順

では、実際にどういった手順でIllustratorとInDesignを使うのかご紹介したいと思います。

1. Illustratorで各ページを作成

先ほどの構成通り、各ページをひたすら作成します。ひたすら……! 

2. InDesignでレイアウト・ノンブルを振る

一通りできたら、いよいよInDesignの登場です。

ページの設定

InDesign 新規作成

新規作成で、ページサイズや方向、綴じ方、フォーマットを選択します。
私はだいたい、下記のように設定します。

  • ページサイズ:A4
  • ページの方向:縦置き(幅 210mm × 高さ 297mm)
  • 綴じ方:左開き
  • フォーマット:マージン・段組

フォーマットを選択すると、天地の余白などさらに詳細設定のダイアログが表示されるので、適宜調整します。
今回の場合はレイアウトにしか使用しないので、特に設定は気にしなくても大丈夫です。
私はレイアウトの目安として、下記のみ設定します。

  • マージン 天:10mm
  • マージン 地:10mm

ノンブルの設定

InDesign ノンブル01

ツールボックスから「長方形ツール」を選択し、ノンブルを表示したい場所に適当なサイズで、「塗りつぶし・枠線:なし」の長方形を作成します。

 
InDesign ノンブル02

長方形内に適当な数字を入力し、メニュー『書式』から[特殊文字] > [マーカー] > 「現在のページ番号」を選択します。これでそのボックス内に、ノンブルが自動表示されるようになります。

自動でノンブルを振る方法

※2015/10/29 21:00追記
一部内容に不備があったため追記をしました。

「スプレットの複製」でも自動でノンブルを振れますが、マスターページを使えば、「ページを挿入」でも自動でノンブルを振ることができます
マスターページとはテンプレートのようなもので、はじめに設定してベースとして使用すれば、「ページの挿入」で新規ページを入れたとしても、同じフォーマットを適用してくれます

新規マスター

『ページ』ウィンドウの「新規マスター」をクリックします。

マスターの設定

マスター設定のダイアログが開かれるので、「名前」や「ページ数」など、適宜設定しOKをクリックします。
このマスターページにノンブルの設定をしておけば、「ページの挿入」をしても自動でノンブルを振ってくれます! 

3. 各ページにIllustratorのデータをレイアウトする

aiデータを、InDesignのページにドラッグ&ドロップで配置します。

4. Illustratorでもくじを作成

Illustratorに戻って、InDesignで振られたページ番号通りにもくじを作成します。
最初に項目だけ作っておくと、あとで数字を入れるだけなので楽ちんです。

5. InDesignのデータを更新

ここがInDesignの本領発揮なのですが、aiデータを更新した場合、InDesign内の『リンク』ウィンドウから一発で更新ができます

InDesign リンクの設定

変更されたファイルの横に更新マークがつくので、そのマークをダブルクリックすると更新されます。
このウィンドウで、更新し忘れたファイルがないかチェックします。

6. InDesignでマニュアルをPDFで書き出す

いよいよ最後の工程です。
メニュー『ファイル』から「書き出し」を選択します。
aiデータに解像度の高い画像が多い場合には、オプション『圧縮』から圧縮方法を調整しておくと、よりデータを軽くできます。

この辺りの設定は、出力して使用するのか、それともデータのまま使用するのかでも変わってきます。もし一切出力しないのであれば、dpiと画質をもっと下げても見え方に問題ないと思います。
出力にも耐え、かつデータを軽くしたい場合には、下記のような設定にしています。

  • カラー画像 ダウンサンプル:ダウンサンプル(バイキュービック法)
  • カラー画像 圧縮形式:JPEG
  • カラー画像 画質:高

InDesign PDFの書き出し

さいごに

今回は、私の「Illustratorを使いたい」という欲求を満たす形で、IllustratorとInDesignを使ったマニュアル作成をご紹介しました。
しかし便利な世の中なので、Word、PowerPoint、Keynoteなど、他にも魅力的なソフトはたくさんあります。
用途や制作時間、情報量、得手不得手、好き嫌いなど、その時々でベストなものを使っていただくのが良いかなと思います。

何通りもある中の一つの方法として、参考にしていただければと思います! 

すーちゃん
この記事を書いた人
すーちゃん

デザイナー

関連記事