SUPってなに?
SUPってなに?
2015.10.19
第2回
【評判のいい転職サイト】忙しい人にもおすすめ

LinkedInとは?今さら聞けない使い方・便利な機能を紹介(InMail・SlideShareなど)

たかし

コンタクト

LinkedInでは、自分のネットワーク内にいるメンバーのことを「コンタクト」と呼びます。そのコンタクトには、

  • 1次コンタクト
  • 2次コンタクト
  • 3次コンタクト
  • グループメンバー
  • ネットワーク外

と分けられています。それぞれ解説すると、

1次コンタクト

直接つながりがあるユーザーで、LinkedInメッセージを使って直接連絡を取ることができます。

2次コンタクト

自分の1次コンタクトとつながりがあるユーザー。つながりリクエストを送信するか、InMail、または紹介リクエストで連絡を取ることができます。

3次コンタクト

自分の2次コンタクトとつながりのあるユーザー。検索結果などで、フルネームが表示されている場合は、つながりリクエストを送信することができます。名前と名字のイニシャルのみ表示されている場合は、InMailを使ってコンタクトを取ることができます。

グループメンバー

自分が参加しているグループのメンバーです。グループ内のユーザーとは、LinkedInメッセージまたはグループディスカッションを通じて連絡を取ることができます。

ネットワーク外

上記カテゴリー以外のすべてのLinkedInメンバーです。InMailを使って連絡を取ることができます。

要は、3次コンタクト以上でないと、メッセージを送るというアプローチができないということになります。



メッセージを直接取れる状態にする方法<アプローチ方法>

シンプルです。

  1. 気になる方と同じグループメンバーになり、LinkedInメッセージを送る
  2. InMailを駆使する
  3. 新しく知り合った方とつながる
  4. つながりリクエストを送る

上記によって、直接アプローチができる状態にする状態を作ることで、大きくチャンスの機会が増えると思います。特に3が取り組みやすいと思いますので、どんどん実践してみてください!

SlideShare(スライドシェア)を使ってみよう

ここまでは、プロフィールの編集、人材の探し方、アプローチ方法を解説しましたが、最後は「SlideShare」を使ってみましょう。

「LinkedIn」のトップページの「SlideShare」タブ選択画面

TOP画面上部にある「情報」にカーソルを合わせると「SlideShare」があるのでクリック。すると全部英語で表示されるので、一瞬ヒヤっとしますが、ページ上部にある検索窓に、日本語で「営業」と入れ検索すると、

「営業」の検索結果の表示画面

このように日本語のスライドも表示されますので安心です。
このSlideShareでシェアされているスライドは、企業が配信しているものもあれば、個人でシェアされているものもあります。スライドから素敵な人材を見つけ、先ほど説明したアプローチ方法を実践するというやり方もできます。ただの情報収集だけではなくこのような活用もできるので、ぜひ活用してみてください!




まとめ

Linkedinはビジネスに特化しているので、登録されている方は、「プロフェッショナル」である確率が高いと思います。そういった方々と関わりを持てたり、ビジネスの発展の場としても使えるLinkedin。
今ならプレミアムプラン無料トライアルもやっているので、使ってみては。
ちなみに現在、LIGでは営業職を募集しています。興味のある方はこちらから!
LIGの営業職に応募する!

  • 1
  • 2