NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.04.15

Webディレクターがプロジェクト管理をする上で大事な「巻き込む」ということ

勢古口

こんにちは、いいオフィス支配人の勢古口です。以前はディレクターをしておりました。

本日は、Web制作において非常に重要なポジションであるディレクターについて書きたいと思います。

Webディレクターで一番大事なこととは何か?

制作されるサイトのクオリティは、Webディレクターの良し悪しによって全くと言っていいほど変わってきます。したがって、いい制作会社にはいいディレクターが揃っていると言っても過言ではないでしょう。

では、Webディレクターで一番大事なことってなんでしょうか?
ときどき、ディレクターを始める人に聞くと「クライアントの要望を聞き出すこと」や「納期など含め、約束を守ること」という答えをもらいます。もちろん、どれも間違えではなく必要なものです。

しかし、私がディレクターを続けてきた中で一番重要だと思ったのは「クライアントとチームを巻き込むこと」です。

巻き込むということ

まず理解しておかなければならないのは、「ディレクター(自分)の考えられる範囲は、ごくわずかである」ということ。
制作物はアイデアや意見があればあるほどブラッシュアップされていきますから、ディレクターはクライアントからもらった意見を鵜呑みにして1人でアイデア出しすることをやめなくてはいけません。

巻き込むということは、クライアントを含め、エンジニアやデザイナーのプロジェクトに関わる全てのメンバーで意見を出し合うということです。

クライアントはWebのスペシャリストでないことがほとんどです。しかし、会社の目標や強み、業界の情報に関して制作会社がわからないことをたくさん知っています。
逆に、制作会社は新しい技術やユーザビリティ、Webの最新動向というクライアントが知らないことを知っています。
ディレクターとは、そういった互いの意見を出せる場を作り、目標に向けてまとめ上げていくときに役目を発揮するべきではないでしょうか。

クライアントの要望を理解しよう

クライアントはWebサイトで結果を求めていますが、自分たちの意見をそのままWebに落としこむだけでは上手くいかないとわかっています。ですから、制作会社の意見が欲しいのです。

ディレクターが行うべきこと

では、ディレクターがここで行わなければいけないことはなんでしょうか?

それは、クライアントとチームメンバーの目標を共有して、全員でサイトを制作していく場を作ることです。つまり、実際に会議の場をつくり、顔を合わせて意見やアイデアを出し切ることが重要となってきます。

ディレクターは司会者として、クライアントとWeb制作会社の両方からアイデアが出るように動き、それらをまとめてサイトに落とし込み、両方の観点から見ても最良となる目標をつくります。

  • 1
  • 2