App Storeでアプリがサインイン・アップデートできない問題の対処法

App Storeでアプリがサインイン・アップデートできない問題の対処法

紳さん

紳さん

原因と解決策

Google検索を駆使して調べたところ、同じ現象が起きて困っている人がたくさんおられるようでした。iPhoneやiPadでも似たような現象が起きるみたいです。

アップデートに関しては、前の使用者がアプリをインストールする時に、パソコンにIDが紐づけられるみたいで、インストールした時のIDじゃないとアップデートはできない、という事になります。これは盲点でした。

 

しかし、解決策はいたって単純です。

 

3

該当アプリを削除して、再度、自分のIDでサインインした後、インストールするだけ。

これで以降のアップデートは、前の使用者のIDが出ることはありません。

(僕の環境は OS X Mavericks バージョン10.9.2 です。)

 

しかし、アプリを削除したらデータが全部消えてしまうのでは?という不安があるかと思います。

iMovieの様に編集データをライブラリに保存するタイプのアプリならデータが消えることは無いと思いますが… 他のアプリはどうなんでしょうね。

 

2年以上前の記事ですが、同じようなケースでアプリを削除&再インストール以外の方法で解決された方がいらっしゃいました。

参照:キリンスキ様「Mac App Store から iLife のアップデートができないときの対処法」

 

僕の場合は、Cachesフォルダの中にこの記事で紹介されているデータファイルが見つからず、同じ方法は実施できなかったのですが…

 

データが消えるのが不安な方は、Appleのサポートセンターに詳しく話を聞いた方が良いかもしれません。

本当にすみません。力不足ですみません。

「こうすれば(あるいは、そもそも)データは消えない」「もっといい方法がある」などなど、情報もお待ちしています。

それでは、また。

この記事のシェア数

67

紳さん
紳さん メディアクリエイター / 竹内 紳也

メディアクリエイターの紳さんです。 商品やサービスの宣伝、PRの為の効果的な企画、マーケティング手法を0ベースから考え、最良な予算の使い方をご提案するような人物に憧れています。 最近、Twitterを始めました。 クライアントに寄り添い、抱える悩みを自分ごとのように消化できるような、そんなクリエイターを目指しなさい、と母に言われて育ちました。