デジハリ 新しい自分に生まれ変わろう
デジハリ 新しい自分に生まれ変わろう
2013.08.07

複数画像を一括でリサイズできるMacアプリ!「Th-MakerX」で捗る!

ゆうせい

ども、メディア事業部のゆうせいです。
デジカメ画像などをリサイズするのに手間を感じていませんか?
何枚もある画像を1枚1枚リサイズする・・・聞いただけでウンザリしますよね。

でも、今日でそんな悩みとサヨナラできるとしたら?

Macアプリ「Th-MakerX」なら、複数画像をサクッと一括リサイズすることが可能!これまであなたを苦しめてきた、面倒な問題がスルッとまるっと解決できちゃいます。

複数の画像を一括でリサイズできる!

このアプリの魅力は、何と言っても複数画像を一括でリサイズできること。デジカメで撮影した画像をブログやウェブサイトで使う場合は、必ずと言って良いほどリサイズが必要になります。

  • 横幅を統一したい
  • 高さを統一したい
  • 70%に縮小したい

などなど。しかし、これらの面倒な作業がドラッグ&ドロップだけで完了します。ただ残念なことに、App Storeからはダウンロードできないので、以下のサイトよりダウンロードしてください。

Th-MakerXのサイト

サイズ指定して、ドラッグ&ドロップするだけ

では、さっそく使い方を解説していきます。

アプリを起動した画面がこちらです。よく使うところは赤枠の部分。

Th-MakerXの起動画面

手順としては、

  1. サイズを指定
  2. 出力フォーマットを指定
  3. 画質を指定
  4. まとめてドラッグ&ドロップ

たったのこれだけで、複数の画像を一括でリサイズしてくれます。

幅以外の指定も簡単にできる

リサイズで指定できるのは、幅だけではありません。

幅以外にも指定いろいろ

  • 高さ(縦サイズで統一)
  • フィット(指定したサイズにサイズ変更。縦横比は崩れます)
  • 切取り(指定したサイズでトリミングされます)
  • 面積(面積を指定してのリサイズ。縮小向き)
  • 比率(%を指定してのリサイズ)

高さ、フィット、切取り、面積、比率など、いろいろな指定方法があります。用途に合わせてサクッとリサイズしちゃってください。

さらにウォーターマークまで付けられる!

さらに「Th-MakerX」では、画像にウォーターマークを付加することも可能です。

ウォーターマークとは、

本来、紙の透かし(すかし)のことを指すが、著作権表示などのために静止画像や動画に写し込まれる小さな図案や文字を指すことが多い。ー出典:Wikipedia

要するに、画像にクレジット的な文言を入れる機能です。

ウォーターマークを付加する

詳細設定部分の、「ウォーターマークを付加する」にチェックを入れ、「ウォーターマーク設定」から指定します。

透明度の指定、ソース(テキストor画像)を選び、位置を指定したら「完了」ボタンをクリック。あとは、先ほどの手順と同じくドラッグ&ドロップするだけで、リサイズとウォーターマーク付加が完了します。

ウォーターマークの設定

ちなみに、こんな感じで付加されました。

ウォーターマーク付加してみた

いい感じです。透明度を高めに設定して中央に付加すれば、カンプ画像などの配布にも便利ですね。

OS X 10.8(Mountain Lion)以降の場合の注意点

さて、便利なアプリ「Th-MakerX」ですが、ひとつ注意点があります。それは、App Storeからのインストールでは無いため、最初の起動時だけ以下の手順で開く必要があります。

  1. control を押しながらアプリアイコンをクリックまたは右クリック
  2. 表示されるコンテキストメニューから「開く」を選択
  3. 確認のウィンドウが出るので、「開く」をクリック
  4. 認証を求められた場合は、Macに設定したパスワードを入力

以上です。

まとめ

複数画像のリサイズは非常に面倒な作業ですが、このアプリを使うことでサクッと解決できます。さらに、ウォーターマークを付加することができるので、配布画像などを準備するのにも便利です。もうリサイズに恐れる必要はありません。複数の画像が来ようとも、サイズ違いの画像が来ようとも、フォルダごとリサイズしてあげてください。

ご参考になれば幸いです。

では、これにて。