NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2013.05.08

簡単に雰囲気のある写真が作れる!TiltShift Generatorで写真加工をしてみよう。

梅田周平

こんにちは、ライターのしゅーへいです。
ダンボーさんのフィギュアを大小11体ほど所持しています。

ダンボーさん

ダンボーさん可愛いですよねー(*゚ー゚)

さて、今回紹介するのは、写真を良い感じに加工できるTiltShift Generator(ティルトシフト ジェネレーター)いうソフトウェアの紹介です。

実は、Photoshop等が無くても手軽にアーティスティックな加工が楽しめます。

しかもそのソフトウェアがフリーソフトなんですよね。

写真に雰囲気を加える

写真を加工する前に、『ティルトシフト加工』を紹介します。

TiltShift Generatorが出来る事

TiltShift Generatorは写真をミニチュアっぽくしてくれるレタッチソフトです。

ミニチュアっぽくすることを『ティルトシフト加工』と言います。
(´-`).。oO(僕は『ティルト加工』なんて呼んでいます)

どういったものかは作品例を見ていただくとわかります。

また、レタッチを必要としないレンズも存在し、ティルトシフトレンズなんて言われています。

お値段は・・・。
(´-`).。oO(値段は検索しないことを推薦します)

(´-`).。oO(・・・)

はい!
そんなThiltShift Generatorを使って、写真を加工してみようというお話です。

写真加工例

TiltShift Generatorを使って写真を加工してみました。

鳥羽水族館(加工前)

これは、加工前の写真です。
ちなみに場所は三重県鳥羽市『鳥羽水族館』です。

鳥羽水族館(加工後)

はい!加工後です。

このような写真ができます。

Tiltshift Generatorを使って上記のような写真を作って見ました。
ティルト加工と言うよりは、写真に雰囲気を加えるために利用しました。

この写真を作っていく工程を書いていきます。

TiltShift Generatorを使ってみる!

さっそくですが、TiltShift Generatorを使っていく過程を紹介します。

TiltShift GeneratorにはWEB版とインストール版があります。
本記事ではWEB版での説明をします。

実際に使ってみる。

TiltShift GeneratorのWEB版

リンクよりWEB版のTiltShift Ganeratorのサイトに行きます。

OPENしようね

これがTiltShift Generator(WEB版)の操作画面です。
(´-`).。oO(Flashを入れてないと表示されないかも)

まずは、OPENを押して写真ファイルを選択します。

この時、写真ファイルの長辺が1600px以上だと警告文が出てちゃんと動いてくれません。
写真編集ツールで別途、サイズ変更をします。

まずは適当に動かそう!

CENTER FORCUSのバーをいじってみます。

バーを左に動かすと円が小さくなります。
円の外はピントが合ってない状態になります。

このバーでピントの合う範囲(フォーカス)を決めます。

すっげーボケる

次に、STRENGTHバーをいじってみます。

左右に動かすと分かるように、ボケの強度を調節出来ます。
あまり強くやり過ぎると、なんの写真かわからなくなります。

バーをスライドするだけのとっても簡単な作業ですね。

好きな様にいじった結果

あとは、好きな様にいじっていただいてSAVEを押すだけです。
その時に、Qualityより写真の圧縮度を選択出来ます。

いくつものパターンが作れるので楽しめます。

いじり終わったー

ちなみに、上の写真ではフォーカスの形が円ではなくヨコ帯になっています。

この写真のようにフォーカスをヨコ帯にするには、上記写真のピンクで囲ったところにある「LINEAR」を押します。
フォーカスが円からタテ帯に変わります。
(´-`).。oO(デフォルトが縦帯なのです。)

フォーカスには白丸がついており、その白丸をマウスで動かしてあげるとフォーカスの帯が動かすことができます。

白丸を掴みます

このようにフォーカスの帯を回転できます。

インストール版の紹介

先にも述べたようにインストール版のTiltShit Generatorも存在します。

ダウンロード先

ダウンロードする

リンク先の、『For Desktop, PC  & Mac』と太文字で書いてあるところを探します。
そこからダウンロードリンクがあります。インストール版にはAdobe AIRが別途必要です。

Adobe AIRについては下記リンクよりダウンロード出来ます。

インストール版について

使い方は全く一緒です。
ネット環境がなくともインストールしておけばTiltShift Generatorが使用出来ます。

また、インストール版はOPENを押さなくとも、写真ファイルをドロップ(落とす)してあげるだけで読み込んでくれます。
サササっと作業するときに良いですね。

加工写真例とiOSアプリの紹介

数枚ほど写真を加工してみました。

こういう写真もできます。

ダンボーさん

ダンボーさんです。

空とか

空です。

ダンボーさんです。

またまたダンボーさんです。

適当にとった写真もTiltShift Generatorでレタッチしてあげれば、アジのある写真に変身しちゃいますね。

それにしてもダンボーさんは可愛いですね(*゚ー゚)

iOSアプリについて

実際に、WEB版のTiltShilt Generatorを使ってみた人はもう気づいたと思いますが、コレにはiOSアプリが存在します。

有料版と無料版の違い

・写真サイズの制限
・アルバムから写真を編集できない

無料版と有料版が存在し、上記の2点だけ違います。
僕はアプリの出来が良いと思ったので有料版を使っています。

「簡単に写真がいい雰囲気に仕上がるアプリない?」なんて聞かれたらコレを推薦しています。
まずは無料版から使ってみるのも良いと思います。

まとめ

  • TiltShift Generatorで写真の加工
  • とっても簡単に加工できる
  • インストール版とアプリもあるよ!
  • ダンボーさんは可愛い!

どうでしょうか?
僕のダンボーに対する愛は伝わったでしょうか?
ダンボーさんは可愛いです!

一家に一台ですね!

ダンボー大好き、ライターのしゅーへいでしたー。