LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2014.07.04

OpenVZ Web PanelでOpenVZを管理する方法

tetsu

こんにちは、tetsuです。前回の記事では「OpenVZ」で仮想環境を構築する方法を紹介させていただきました。

今回は仮想サーバをコマンドで管理せず、GUIで簡単に管理できる「OpenVZ Web Panel」の構築方法の紹介です。

OpenVZ Web Panelとは
「OpenVZ」をGUIで管理するためのツール。GUIで「OpenVZ」を管理したい方にはもってこいです。

「OpenVZ Web Panel」のインストール

ここでは前回の「OpenVZ」サーバ上に設置するのを前提としています。

「OpenVZ Web Panel」を別のサーバに設置する場合は、読み替えながら作業を行ってください。

自動インストーラーを実行

下記のコマンドを実行すると「OpenVZ Web Panel」の自動インストーラーが実行され、必要なソフトウェアが自動でインストールされます。

wget -O - http://ovz-web-panel.googlecode.com/svn/installer/ai.sh | sh

インストールの完了後「OpenVZ Web Panel」から「OpenVZ」を操作できるようにするために、デーモンを設定し起動する必要があります。

以下のディレクトリに設定ファイルと起動用Rubyスクリプトがあります。

  • 設定ファイル

/opt/ovz-web-panel/utils/hw-daemon/hw-daemon.ini.sample

上記の設定ファイルはサンプルなので、「hw-daemon.ini」へリネーム後、内容を次の通りに変更します。

  • 変更前
address = 127.0.0.1
port = 7767
key = secret
ssl = off
  • 変更後
address = {自身のIPアドレス}
port = 7767
key = {ユニークなキー}
ssl = off

「OpenVZ Web Panel」の初期設定

続いて「OpenVZ Web Panel」の初期設定を行います。
まずは以下の設定ファイルを次の通りに変更します。

  • 設定ファイル

/etc/owp.conf

  • 変更前
IP=0.0.0.0
  • 変更後
IP={自身のIPアドレス}

設定が完了後、「OpenVZ Web Panel」を以下のコマンドで再起動します。

/etc/init.d/owp restart

「OpenVZ Web Panel」のインストールは以上です。

「OpenVZ Web Panel」へアクセス

上記の設定が完了したら、次のようにブラウザでアクセスすると、GUI画面が表示されます。

  • URL例

http://IPアドレス:3000

  • 画面例

OpenVZ-Web-Panel

初期のログイン情報は以下となっていますので、ログインするとGUI上で仮想サーバを作成することができます。

ユーザ名:admin
パスワード:admin

「OpenVZ Web Panel」での操作

「OpenVZ Web Panel」では主に以下のメニューから仮想サーバの管理を行います。

  • ダッシュボード

管理しているユーザ数や物理サーバ数、下層サーバ数などの統計情報を確認できます。

  • 物理サーバ

「OpenVZ」をインストールしている物理サーバを管理します。

新たに用意した「物理サーバ」を新規登録することで、仮想サーバの作成やスペックの変更、テンプレート化されたOSの導入等の管理が可能です。

  • IPアドレス

仮想サーバで利用するIPアドレスを管理できます。仮想サーバの作成時に必ず必要となるので、あらかじめ登録しておきます。

まとめ

コマンドを利用することにも意味はありますが、運用方法によっては、このようなツールを利用して効率化を図るのもいいでしょう。

それでは、また!