NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2013.04.19

Twitterのツイートボタンでコールバックを得る方法

鳥よし

こんにちは、システム部、元々特別なオンリーワン 鳥よしです。
(毎回書いているドラクエ10のレベルUPネタは廃人っぷりを披露しているみたいで恥ずかしいのでやめます)

今日は、Twitterでツイートした際のコールバックを得る方法を書きます。
(今更感が凄いかもしれませんが、ネタがないので書きます。 書かせてください。)

まずは準備として以下を読み込みます。

【読み込み】

<script src="//platform.twitter.com/widgets.js" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

次に、実際のコールバックイベントを記述していきます。
「alert(‘つぶやいたよ’);」の所に好きな処理を入れて下さい。

【JS】

<script type="text/javascript" charset="utf-8">
window.twttr = (function (d,s,id) {
	var t, js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
	if (d.getElementById(id)) return; js=d.createElement(s); js.id=id;
	js.src="//platform.twitter.com/widgets.js"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
	return window.twttr || (t = { _e: [], ready: function(f){ t._e.push(f) } });
}(document, "script", "twitter-wjs"));

twttr.ready(function (twttr) {
	twttr.events.bind('tweet', call_back_event);
});

function call_back_event(intent_event) {
	// コールバック後のイベント
	if (intent_event) {
		alert('つぶやいたよ');
	};
}
</script>

最後に、ツイートボタンを設置します。
内容は好きなようにしてください。

【HTML】

<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button"
					data-url="https://liginc.co.jp"	                        // 任意のURL
					data-text="ナンバーワンになれなくてもいい鳥よしです。"	// 任意のコメント
					data-count="none"		                        // Tweet数の表示しない
					data-lang="ja">つぶやくよ</a>

これでつぶやいた後にhogehoge出来ます。 つぶやいた人に特別な処理を入れるなど、お好きなようにしてやってください。