6ヶ月でwebデザイナーになれる|デジタルハリウッド
6ヶ月でwebデザイナーになれる|デジタルハリウッド
2014.10.29

SEOの基本中の基本!「titleタグ」「meta description」「h1タグ」の書き方まとめ

じつかわ

こんにちは、じつかわです。ヴォラーレという会社でSEOコンサルタントをやっています。

さて、いきなりですが、皆さんがSEOを勉強し始めたとき、一番最初に覚えたことは何だったでしょうか。おそらく「titleに対策キーワードを入れる」ことではなかったでしょうか。

「title」「meta description」「h1」というあたりのHTMLタグは、SEOでは非常に重要な役割を果たします。
特に「titleに対策キーワードが入っていなければ、SEOはほとんどできない」といっても過言ではないほど、検索エンジンの評価において主要HTMLタグにキーワードが含まれていることは重要です。

SEOに取り組んでいる人であれば「そんなの普通にやってるよ!」と言われるかもしれませんが、それを100点満点のレベルで実装ができているサイトは実は少数というのが現状です。

そこで今回は「title」「meta description」「h1」という3つの主要HTMLタグについて、基礎部分から普段なかなか気がつくことができないポイントまで、総ざらいをしてみたいと思います。

titleタグ、meta description、h1タグの役割と特徴

まずは基礎ということで、それぞれのタグのポイントから見ていきましょう。

なお、titleタグとmeta descriptionは検索結果に表示されますが、その表示文字数には制限があります。見せたい(読ませたい)部分については、その文字数内におさめるようにしましょう。

titleタグ

titleタグは「ページの主題」です。以下のように、検索結果やブラウザのタイトルバーに表示されます。

description検索結果 title
▼特徴

  • 検索エンジンが最重要視する要素。ここにキーワードが入っていないとほぼ絶望的
  • 検索結果には最大全角34文字程度が表示され、残りは省略される(GoogleのWeb表示では30文字程度)
  • 検索されたキーワードは検索結果上で太字になる

※検索結果表示は検索エンジンが自動的に調整することもあります

meta description

meta descriptionは検索エンジン向けの「ページの概要説明文」になります。以下のように検索結果に表示されます。

description検索結果 description
▼特徴

  • 検索結果には最大全角120文字程度が表示される(スマホは50文字程度。ただしデバイスなどにより異なる)
  • 検索キーワードは太字になる
  • 順位向上そのものには大きく影響はしない

※検索結果表示は検索エンジンが自動的に調整することもあります
※meta descriptionは各ページで重複するくらいなら設定しないほうがいいでしょう

h1

h1は「大見出し」となります。HTML5以前の記述ルールでは、1ページに設定できるh1タグは1つのみでした。

▼特徴

  • 検索順位に比較的強く影響する。

共通して言えること

3つの主要HTMLタグについて共通していることは、以下の2つになります。

  • 検索にヒットさせたいキーワードを必ず含めること
  • 各ページ、異なる文言を入れること