Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2014.09.18

人見知りを克服するために取り組むべき6つの簡単な方法

まゆこ

皆さま、こんにちは。メディア事業部のまゆです。私はかなりの人見知りなのですが、最近いろいろな出来事が重なり、なんとか人見知りを克服しなければマズいと思うようになりました。
あまりの危機感からいろいろと調べてみたところ、人間が人見知りになる原因は「警戒心」にあるそうです。警戒心とは、本来は動物全てが持ち合わせている性質であるため、「初めて」を苦手に感じてしまうのはある意味で当然のことと言えるでしょう。

しかし、そのことにコンプレックスを感じてしまい、塞ぎこんでしまう人もいます。また「初対面でも気兼ねなく話せる」という人であっても、尊敬している人や好意を寄せている人に対しては、緊張してしまう場合もあるでしょう。
このような理由で「自分はコミュニケーションが下手だ」と必要以上に思い込んでしまうと、ネガティブな意味での「人見知り」になってしまうのではないでしょうか。

そこで本日は、“人見知りを克服するための初歩的な方法”について紹介してみたいと思います。

人見知りを克服するために取り組みたい6つの簡単な方法

以下、私が実践している人見知りを克服するための6つの方法を紹介します。どれも簡単ですので、もしよろしければ参考にしてください。

1. 人見知りであることを宣言する

child-14235_640

自己紹介のときなどに「人見知りなので・・・」と宣言することで、「この人は人見知りだ」ということを覚えてもらうようにしましょう。周囲の人たちはあなたのことを人見知りだと認識したうえで、声をかけてくれるようになるはずです。

また、自分でもそれを再認識することで、冷静に自己分析をできるようにもなると思います。

2. あいさつをする

man-63015_640

職場環境などによっては「1日中何も話さない」もしくは「簡単な返事しかしない」ということもあると思います。しかしそれでは、表情筋もどんどん固くなってしまうことでしょう。せめて、あいさつだけは毎日必ずおこなってください。

相手があまり喋ったことがない他部署の人であっても、お手洗いが一緒になったら「お疲れさまです」、出入口ではドアを開けて「お先にどうぞ」など、そういった簡単なことを積み重ねるだけでいいのです。

3. ゆっくりと話す

speak-238488_640

「初対面の人と会話をしなければいけない」というのは、人見知りにとってはとにかく緊張する状況です。そんなときお互いに早口で会話をしてしまうと、相手が話している内容の理解が追いつかず、頭の中も混乱し、自分の話している内容すら理解できなくなる場合があります。
うっかり支離滅裂なことを言ってしまったり、途中でわけが分からなくなってしまったりで、会話自体を諦めてしまうこともあるのではないでしょうか。

だからこそ、緊張や焦りを感じているときほど、自分の発言の確認の意味も込め「ゆっくり話す」ことを心がけるようにしましょう。相手が早口であったとしても、自分のペースを崩す必要はありません。

4. ほんの少し笑う

girl-347850_640

駅員さんがホームで熟睡しているお客さんに声をかけるとき、「終電ですよ、起きてください!」から「こんなところで寝てると、風邪ひきますよ。」という呼びかけ方に変更しただけで、トラブルが激減したそうです。呼びかけ方が、冷たい印象から温かい印象へ変化したことによるものだと思います。ただ、人見知りには実際の会話の中でここまで気を回す余裕はありません。

だから代わりに、ほんの少し笑顔でいるようにしましょう。それだけで、相手に与える印象はかなり温かいものへと変化するはずです。

5. 会話が途切れることを恐れない

baby-162559_640

会話が途切れてしまったとき「これは自分が原因ではないか」と考えてしまう人も多いかと思います。でも、人見知りでなくとも会話は途切れてしまうものです。

だから会話が途切れてしまうことを「気まずい」というネガティブなものだと感じる必要はないのです。ちょっとだけポジティブに、たとえば「ひと段落した」と感じるようになれば、気持ちも楽になるはずです。

6. 気持ちの波を受け入れる

wave-384385_640

人見知りを治したいと意気込んでも、それを意識し始めるとかなり疲れてしまいます。そのせいで、なんだか人と話すこと自体が面倒くさくなってしまったり、それに対する脳内反省会が日課になってしまっていませんか。

そもそも、ずっと高いモチベーションを維持できる人なんていません。だから、ある程度の気持ちの波は仕方ないことだと、受け入れるようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。これらの取り組みによって人見知りが改善できたら、いつか1人でライブに行ってみたいです。

また、人見知り克服には、以下の記事も参考になるかと思いますので、ぜひ。

ではでは、失礼します。