「営業しやすくなった」展示会の現場で喜ばれるパンフレットデザインの秘密|インフォマート様

「営業しやすくなった」展示会の現場で喜ばれるパンフレットデザインの秘密|インフォマート様

Saki Hanazawa

Saki Hanazawa

こんにちは、デザイナーの花ちゃんです。

LIGでは、飲食店や卸業者向けに受発注・請求管理システムなどを提供している株式会社インフォマート様のパンフレットを制作しました。

展示会に積極的に参加しているインフォマート様は、商談相手へのサービス説明にとある課題を感じていました。その課題を解決するために、弊社に依頼したのがパンフレットのリニューアルです。

今回は制作チームのみなさんに、依頼前に抱えていた課題や、制作過程のエピソードなどを伺いました。チラシやパンフレットなど、紙媒体の制作をご検討の方は、ぜひご一読ください。

▼登場人物
インフォマート制作チーム リーダー 大塚さん(オンラインでのご参加)
インフォマート制作チーム 石渡さん(左)
インフォマート制作チーム 澁谷さん(中央)
LIGデザイナー 花ちゃん(右)

展示会での営業を効率化するためにパンフレットをリニューアル

――今回、パンフレットを作成したきっかけを教えてください。

大塚:展示会で、スマートにサービスを説明したいと思ったからです。2023年から積極的に展示会に出展しているのですが、クライアントが飲食店と卸業者に分かれているため、商談相手によって提案するサービスも変えなければいけません。

これまでは相手の業種や業務上の課題を聞いてから、該当する商材のチラシをお渡ししていたので、手間がかかる上に、お客様を待たせてしまっていたのです。また、提供しているサービスの数が多く、それぞれの繋がりをうまく表現できていなかったのも課題でした。

一つの冊子でどの商談相手にも使えて、サービスに繋がりを感じてもらえるパンフレットを作りたいと思ったのです。

――なぜLIGに依頼しようと思っていただけたのでしょうか。

大塚:10年以上前からLIGさんのことは知っていました。これまでの実績も見てきましたし、私自身LIGブログにお世話になったこともあるので、いつか一緒に仕事をしたいと思っていたのです。

昨年やっとWebデザインで一緒に仕事をさせてもらうようになり、その中で紙媒体のデザインもできると聞いたので、パンフレットの作成もお願いしました。Web制作会社のイメージが強くありましたが、Webでの仕事を見ていたので心配はありませんでしたね。

一番のポイントは「サービスの繋がり」の表現

――でき上がったパンフレットの感想をお聞かせください。

澁谷:非常に満足しています。とくに感動したのは、サービスの繋がりをうまく表現してくれたこと。サービスの繋がりを表現してほしいと言ったのは私たちですが、どう表現すればいいのかはぜんぜんわからなくて。そんな中で、LIGさんから提出していただいたものを見て「これが正解だ」と思いました。

また、細かいデザインにもとてもこだわっていて、いつもデザインを見るのが楽しみでした。困ったことがあるとすれば、提出していただいたデザインがすべて可愛くて、一つに絞れなかったことです(笑)。

――ありがとうございます。私もサービスの繋がりをどう表現すればいいか、本当に頭を悩ませました。一つひとつのサービスページを見ながら研究してデザインしたので、喜んでいただけて本当に嬉しいです。

大塚:雲を使ってサービスの繋がりを表現するアイデアには感動しましたね。最初「雲を使ってみてはどうでしょう」と聞いたときは、まったくイメージが湧かなかったのですが、でき上がったものを見たらしっくり来て。

主要なサービスが一つの図にキレイにまとめられていて、私たちが求めているものそのものでした。

▲誰向けのサービスなのかが一目でわかるように俯瞰のイラストで表現。すべてのお客様を対象としたサービスについては「雲」を使って表現した。

――いろいろと試してみたのですが、雲を使うのが一番しっくりきて。最終的に納得してもらえるデザインができて、本当によかったです。

石渡:ほかにも、事業部のキャラクターをデザインに入れていただいたのが非常に嬉しかったですね。「エコジカ」というキャラクターがいるのですが、少しプロジェクトが進んでから「エコジカもデザインに入れてほしい」とわがままを言わせてもらったんです。

自分からお願いしたものの、すでにでき上がっているデザインとテイストが異なるキャラクターだったので、本当に入れてもらえるか不安で。デザインに馴染むようにうまく入れてもらって非常に嬉しかったです。

一見探しにくい形で入れていただいたので「実はここにエコジカがいるんです」と話のネタにもしています。

▲表紙に隠し要素的なイメージでキャラクターを入れ込んだ。

「営業がしやすい」現場からも喜びの声

――今回のプロジェクトの感想はいかがですか?

大塚:端的に言えば、非常に使い勝手のいいパンフレットを作っていただいて本当に感謝しています。私自身も、展示会でパンフレットを使って説明しているのですが、私たちが伝えたいことが一冊にまとまっている上に、ストーリーができ上がっているので提案しやすくて。

また、今回のプロジェクトを現場で動かしてくれた澁谷と石渡にとっても、いい経験になったと思っています。二人はチームに配属されてまだ日が浅いのですが、最後までこだわり抜いてパンフレットを作ってくれました。

現場にも喜んでもらえるものを作れて、彼女たちにも成功体験になったのではないでしょうか。

――実際にパンフレットを使っている営業の方からの反応があればぜひお聞かせください。

澁谷:パンフレットを変えてから「話しやすくなった」という声を多くいただいています。今回作ったものは、片側は飲食店向け、もう片側から観ると卸業者向けの資料になっていて、相手によって使い分けられるようになっています。以前のように相手の業種を見てチラシを取りにいく手間が省けて非常に感謝されていますね。

▲左側からページをめくると卸業者向けのサービス紹介、右側は飲食店向けの内容になっている。

澁谷:また、今回のパンフレットではすべてのサービスを紹介しきれなくて。掲載できなかったサービスを扱っている方からは「うちのサービスでも同じようなパンフレットを作ってほしい」とも言われています。それだけ使いやすいパンフレットにできたと思えるので、非常に嬉しいですね。

――そう言っていただけてとても嬉しいです! 今回はパンフレットのデザインをさせていただきましたが、今後別のシーンでの利用も考えていらっしゃいますか?

石渡:チラシやFAXなど、さまざまなシーンで使わせてもらおうと思っています。私たちのサービスは独特な表現が必要なため、Webで探してもフリー素材などはなかなか見つかりません。そのため、今回LIGさんにいただいたデザインは非常に重宝しております。

――イラストはすべてオーダーメイドで描かせていただいたので、たくさんご活用いただけて嬉しいです。

ステークホルダーの意見を取り入れる。スムーズなプロジェクトの進め方

――澁谷さんと石渡さんは、今のチームで日が浅いとのことでしたが、私たちのような制作会社との付き合い方で意識していたことがあれば教えてください。

石渡:社内のステークホルダーにこまめに現状報告するのは意識していました。大塚さんとはいつも一緒にいただいたデザインを見ていたのですが「どのタイミングで上司にチェックしてもらうか」はよく相談していました。相談せずに進めてしまって、後から上司からNGが出てしまうとLIGさんの時間も無駄にしてしまうので。

また、実際にパンフレットを使ってもらう営業の方にも定期的に見ていただいて意見をもらっていました。プロジェクトの途中でステークホルダーの意見をいただく重要性を強く感じましたね。

――たしかにプロジェクトの終盤になって、上司の方のNGをもらってプロジェクトがひっくり返ってしまうことはあります。お客様側でマメにコミュニケーションを取っていただくことは、プロジェクト成功のコツと言えそうですね……! ありがとうございます!

さいごに

パンフレット制作の事例をご紹介させていただきました。印刷物の場合、Webとは色味の出方が違うので、繰り返し印刷屋さんで試し刷りをしながら色味の調整をおこなうなど、ならではの工夫が必要でした。イラストも喜んでいただけて本当によかったです。

今回ご満足いただけるパンフレットが制作できたのは、こちらが提案したアイデアを一緒にブラッシュアップしていけるような関係性を築くことができたからだと思います。社内連携も密におこなっていただき、制作側としても動きやすかったです。あらためてご依頼いただきありがとうございました!

LIGではWebサイトだけではなく、パンフレットやロゴの制作も行っています。興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

LIGに相談してみる

この記事のシェア数

大学院修了後、ゲーム制作会社に新卒入社し、IPものを扱ったゲームや新規開発チームでゼロベースからのUI設計・デザインを経験。LIGにジョイン後はLIGブログや外部メディアのアイキャッチ・記事内画像の作成を担当。現在は企業やサービスだけでなく、地方創生に関わるロゴ制作やサイト制作を積極的に行う。

このメンバーの記事をもっと読む