制作会社必見!「マーケの相談されてもうちじゃ解決できないよ」とお悩みなら『DeePartner』に参画だ

制作会社必見!「マーケの相談されてもうちじゃ解決できないよ」とお悩みなら『DeePartner』に参画だ

Mako Saito

Mako Saito

みなさんこんにちは、LIGのマーケターのまこりーぬ(@makosaito214)です。

場所ですか? 神奈川県の海の公園です。紫外線は大敵ですね。
持っているものですか? 熊手です。潮干狩りするやつですね。

さっそくですが本日は、全国の制作会社様におすすめなサービス「DeePartner(ディーパートナー)」を真面目にPRしていこうと思います。

「DeePartner」とは

「DeePartner」とは、マーケティング支援会社・ディーテラーへお客様を紹介すると、販売代行手数料(売上総利益の25%)を“継続的に”得られるパートナー契約です。


 

ご請求含めお客様窓口はすべてディーテラー社が行うため、成約後、パートナーは工数ゼロでストック型の収益を得ることができます。

どんな業種であっても、はたまた個人事業主であってもパートナーになれますが、実際にご契約が多いのは“制作会社”とのこと。

たしかに我々LIGもWebサイト制作のご依頼をいただく際、広告運用やSEO記事制作など、集客施策もセットでご相談いただくことが多々あります。弊社であればまるっとご支援可能ですが、制作専業の企業様であれば、

「うちは集客までご支援できません」
「マーケティングに強いパートナー会社をご紹介しますね」

となること必須ですよね。きっとみなさんいままでは、泣く泣くお断りするか、無料あるいは単発の仲介料でパートナー会社をご紹介されてきたことでしょう。これが「DeePartner」に参画してディーテラー社を紹介すれば、継続的に販売代行手数料が入ってくるようになる、と……。ふむ、悪い話ではありません。

さっそくパートナー契約を結びたい!
 

しかしながら、お客様へご紹介するには責任が伴います。はたしてディーテラー社は安心してマーケティング支援をお任せできる会社なのでしょうか? 代表の広瀬さんに直接お話をうかがってみましょう!
 

広瀬信輔(ひろせしんすけ)|ディーテラー

ico ディーテラー株式会社 代表取締役社長 広瀬 信輔 さん2008年に株式会社マクロミルに入社し、現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。また、自身が運営するマーケティング情報メディア「Digital Marketing Lab」にて、フリーのマーケティングコンサルタントとしても活動。2017年、ディーテラー株式会社を創立。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。2021年、公正取引委員会 デジタルスペシャルアドバイザーを受嘱。著書『アドテクノロジーの教科書』

オーダースーツから社長たる威厳が感じられますね。潮干狩りを楽しむ子どもたちの注目もかっさらっていました。

ディーテラーって信頼できる会社なの?

まこりーぬ:さっそくですが広瀬さん、「マーケティングの戦略設計から実行まで支援します」って、本当にどんなご相談でも引き受けてくださるのでしょうか?

広瀬:はい。マーケティングのことならどんなご相談もお任せください。弊社ディーテラーの最大の強みは「支援範囲の広さと深さ」です。

広告代理店に依頼すると、Web広告は運用してもらえるが商品開発の相談ができない。一方でコンサルティングファームに依頼すると、戦略は立ててくれるが実行はまた別の会社にお願いしなければならない……というケースがほとんどだと思います。

弊社の場合、僕自身がリサーチ会社のマクロミルでマーケティングや新規事業を担ってきた長年の現場経験を活かし、戦略設計からご相談を承ります。また、社員には広告運用やSEO、UI/UX改善から記事のライティングまで、あらゆる知見を兼ね備えたマーケターがそろっています。

エンドクライアント様には、このカバー力の高さをメリットに感じていただくことが多いですね。


▲ディーテラー社のコンサルティングプラン

まこりーぬ:なるほど。「マーケティング全般まるっとご相談したい」ときに特に相性がよさそうですね。なかでも一番の得意領域はどこなんでしょうか?

広瀬:コンサルティングとセットで広告運用を承ることは比較的多いですね。

GoogleやFacebookなどの媒体社と連携して常にトレンドを押さえながら、新しいメニューなどが出たら自社で有用性を検証したうえでお客様にご提供しています。また、レポート自動化ツールを活用するなど効率化に注力し、担当者が運用改善に集中できる環境を整えています。

あとは独自の広告運用ロジックも持っています。たとえば広告クリエイティブのA/Bテストを実施する場合、クリック率やコンバージョン率で良し悪しを判断する企業様が多いでしょう。一方で弊社は統計的有意差を考慮すべく、マクロミルと共同で制作した「χ2検定ABテスター」を活用してクリエイティブを検証しています。
 

まこりーぬ:差別化が難しい広告運用においても、他の代理店にはないユニークな強みをお持ちなんですね。具体的にはどういった企業様の支援実績があるのでしょうか?

広瀬:NTTドコモ様や日本電気(NEC)様といった大手企業をはじめ、内閣府や法務省といった国の行政機関とのお取り引きもあります。ありがたいことに、2016年に出版した拙書『アドテクノロジーの教科書』をきっかけにお問い合わせいただくケースが多いですね。

まこりーぬ:おおお、それは一撃必殺で信頼に値するすばらしい実績の数々じゃないですか!!!

広瀬:まこりーぬさん、今日は僕があれこれ語るよりエンドクライアント様の声を直接聞いていただくほうがより信頼いただけるかと思いまして、NTTドコモ様とNEC様もこの場にお呼びしておきました。

まこりーぬ:え?

エンドクライアントの生の声を聞いてみよう

ico 株式会社NTTドコモ イノベーション統括部 河村 祐輝 さん新卒入社以来、デジタルマーケティング領域の新規事業創出プロジェクトに携わってきた。One to Oneマーケティングプロダクト開発の経験から、2018,2019年には各マーケティング協会やイベントにて講演を行う。現在はデジタルとリアルの垣根を超えた新規事業立ち上げに勤しむ。
ico 日本電気株式会社 クロスインダストリー事業開発統括部 山崎 隆 さん1990年、日本電気入社。入社以来、一貫して新規事業に携わりソフトウエア開発からサービス事業開発を経て新規事業プロデューサーとして今日に至る。現在は一般消費者向けLINEアプリケーションサービスの事業開発を統括。

略歴:海外テレコム通信向け中央監視ソフト開発、海外滞在型短期集中開発 多数、
サービス事業開発・運用20年以上、大型アウトソーシングPJ PM多数、“ビジネス創造キャンプ” 創設、新規事業立ち上げ

 

日本を代表する大手企業のエラい方々とは思えないカジュアルなご登場です。

さすがに干潟へお呼び出しするのはアレなので、すぐ隣のキャンプ場でアサリの酒蒸しを振る舞いながらお話をうかがうことにしました。

NTTドコモ・河村様の声

まこりーぬ:NTTドコモさんはディーテラーさんにどんな支援をお願いしているのでしょうか?

河村:Web接客ツール「ecコンシェル」をはじめ、僕が担当している新規事業のコンサルティングと広告運用をお願いしています。広瀬さんが個人事業主だった時代から、もう7年のお付き合いになりますね。

コンサルティングは、管理画面の仕様設計などプロダクト開発に対してご提案いただくのがメインです。広告運用はさまざまな媒体を独自のロジックで運用してもらっているほか、クリエイティブの改善だけでなく、LP内のコンバージョン導線まで最適化してもらっています。

まこりーぬ:NTTドコモさんともあればパートナー会社候補がたくさんあったのではないかと思いますが、なかでもディーテラーさんに依頼したのはなぜですか?

河村:他の広告代理店さんもいろいろ見ましたが、もっとも柔軟に対応してくれると感じたのが広瀬さんのところだったんですよ。新規事業ということもあり、ただ広告を運用するだけではなく、プロダクト開発に活きるフィードバックをもらいたかったんですよね。

あとはものすごい速さで進化するプロダクトの変化をマーケティング施策へ逐一反映させるため、レスポンスのスピードも重視しました。実際のところ、ディーテラーさんへSlackで連絡すると、ちょっとした疑問であってもいつも即レスで返ってきます。しかも僕がついでに気になるであろうことを先回りして付け加えてくれる。こうやって親身に寄り添ってくれるところがすごくいいなと感じています。

広瀬:我々が強みとしているカバー範囲の広さや、ふだんから意識しているレスポンスの速さに価値を感じてくださっていて、とても嬉しいですね。

まこりーぬ:ディーテラーさんに支援してもらったことで、どのような成果が得られましたか?

河村:おかげさまで「ecコンシェル」は3年間でのべ7,000社の導入社数を突破しています。事業成長そのものが一番の成果ですね。

まこりーぬ:すばらしい伸びですね! 河村さん、貴重なクチコミをありがとうございます!

NEC・山崎様の声

まこりーぬ:続いて、NECさんはディーテラーさんにどんな支援をお願いしているのでしょうか?

山崎:2020年の7月から、私がプロデュースしている新規事業のコンサルティングをお願いしています。

まだ世に出していませんが、消費者の行動データをオンライン・オフライン間で融合し、改善につながるデータをアウトプットするようなBtoBtoCサービスを現在開発中です。ディーテラーさんには、開発の仕様書を作ってもらったり必要なエンジニアやUIデザイナーを紹介してもらったりと、さまざまにご支援いただいています。

まこりーぬ:NECさんもきっとパートナー会社候補がたくさんあったのではないかと思いますが、ディーテラーさんに依頼したのはなぜですか?

山崎:社内にtoB向けの営業・マーケティングノウハウなら豊富にあるものの、toC向けのマーケティングとなると知見をもったメンバーがほぼいない状況でした。そんな折に広瀬さんの著書を読み、「この方はマーケティングのノウハウや経験を十分にお持ちだ」と感じて、直接お問い合わせしたんですよ。

そこから何度か小さな取り引きを重ね、ディーテラーさんだったら信頼できると判断したので現在も契約を継続しています。

まこりーぬ:どのようなところが “信頼できる” と感じたのでしょうか?

山崎:いままでにお付き合いしてきたパートナー会社様の多くは、「こういうことやりたいんだけど」と相談し続けていると、「それはうちでは対応できなくて……」と引き出しがどんどん開かなくなっていくんですよ。一方でディーテラーさんは、「こういうやり方はどうですか?」と応え続けてくれています。

広瀬:そういっていただけて大変嬉しいです。山崎さんはめちゃめちゃ “知りたい欲” が強い方なので、パートナー会社側は本当に幅広い知識が求められるなと感じます(笑)。

まこりーぬ:ディーテラーさんに支援してもらったことで、どのような成果が得られましたか?

山崎:販売実績はまだありませんが、構想していたサービスがステークホルダーに見せられる段階まで仕上がってきています。このステージに立てているのは、ディーテラーさんのおかげですよ。

まこりーぬ:これからリリースするのが楽しみですね! ……最後にお二人に質問なんですが、ディーテラー社はどういう企業様におすすめですか?

河村:「広告運用だけ支援してもらう、ではちょっと物足りないんだよな」と感じている企業様ですかね。逆に「コンサルティングだけじゃダメだよね」と感じている企業様にとっても、施策実行まで支援できるディーテラーさんは相性がいいのではないかと思います。

山崎:イノベーティブなことを実現したい企業様には最適ではないでしょうか。「こういうことができないか」と相談するとあらゆるリソースを引っ張ってきてくださるので、どんどん前に進められると思いますよ。

まこりーぬ:冒頭に広瀬さんがおっしゃっていたディーテラー社の最大の強み「支援範囲の広さと深さ」が、お二人のおかげでよく理解できました。河村さん、山崎さん、本日はこんな場所までお越しいただき本当にありがとうございました!

まとめ:大手企業からも圧倒的な信頼を得ているディーテラー社へお客様を紹介しませんか?

広瀬信輔(ひろせしんすけ)|ディーテラー

マーケティング支援会社・ディーテラーへお客様を紹介すると、販売代行手数料(売上総利益の25%)を “継続的に” 得られるパートナー契約、「DeePartner」

エンドクライアントであるNTTドコモ様・NEC様のお話を聞き、ディーテラーはマーケティングの戦略設計から施策実行まで、幅広く伴走できる企業であることがわかりました。

「マーケティングの相談をされてもうちでは解決できないんだよなぁ」とお困りだったみなさん、ぜひこれを機に「DeePartner」へ参画してみてはいかがでしょうか? もちろん参画無料です!

「DeePartner」に申し込む!
 

【おまけ】GA4レポート『DeeBoard』もおすすめ!
ディーテラー社は、買い切りたった3万円のGA4(Googleアナリティクス4)レポートも提供しています! ※2022年7月リリース予定

「コンサルティングや広告運用に集中するために、分析やレポート作成業務は徹底的に自動化しよう」という思いで生まれたサービスとのこと。GA4単体では出せない、コンバージョン率(CVR)や検索キーワードを一瞬で把握できるお得なレポートツール、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

詳細はこちらから

次回、実際にパートナーとして参画している企業様のリアルな声もご紹介します。はたして場所はいかに? こうご期待ください!

この記事のシェア数

732

Mako Saito
Mako Saito Digital Marketing / Manager / Marketer / 齊藤 麻子

1992年生まれ。2014年九州大学芸術工学部卒業後に採用コンサルティング会社へ新卒入社。法人営業から新規事業推進、マーケティング業務に従事したのち、2018年にLIGへ。顧客のマーケティング支援、自社のマーケティング、オウンドメディア運営に広く携わる。2021年にLIGブログ編集長代理、デジタルマーケティング事業部マネージャーに就任。副業ではライターとして活動中。

自己紹介をもっと見る