副業の単価が4倍に!スクールを活用し収入UPに繋げた方法とは?

副業の単価が4倍に!スクールを活用し収入UPに繋げた方法とは?

Mio Kato

Mio Kato

こんにちは! デジLIG担当のみおです。

デジLIG(デジタルハリウッドSTUDIO by LIG)とは
株式会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をしてはじめたクリエイター養成スクールのこと。Webデザイナーや動画クリエイターを目指す方向けのカリキュラムを展開している。現在、上野・池袋・大宮・北千住・川崎にて受講生を募集していて、無料説明会は毎日開催中!

今回は、スクールに入学してデザインの勉強したことで収入UPに繋がった櫻井さんにインタビューをしました。櫻井さんは本業と副業を両立しながらWebデザインの案件を取得しているとのことで、案件獲得の極意や収入UPに繋がった学習内容など、気になることをたくさん伺いました!

本記事はこんな方におすすめです!

  • 副業で収入を得たい方
  • 独学で勉強しているけど上手くいっていない方
  • デザイン力を身につけたい方

それでは、櫻井さんがどのようにして副業の収入UPを実現したのかをインタビューしたいと思います。

ico 人物紹介:櫻井さん2021年12月にデジLIGへ入学。もともと独学でWebデザインの勉強をスタートし、約半年後にデジLIGへ入学。デジLIGでは、「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」と「Wordpress講座」を受講。

独学からのスタート

――櫻井さんはスクール入学前から、独学でWebデザインの学習をスタートしていたかと思います。そもそも、Webデザインを学ぼうと思ったきっかけは何でしたか?

櫻井さん:きっかけは、ちょっとしたお小遣い稼ぎがしたかったからです。本業と別で収入源を得たいと思っていました。Webデザインで稼げるという内容のYouTubeを見て、最初は怪しいな(笑) と感じていたんですが、調べていくうちにHTMLやCSSを書けるだけでも違うのかなと思い、独学で勉強を始めました。また、昔から「何かを作り、人に届けること」が好きだったので、Webデザインに興味を持ちました。

――独学ではどうやって勉強したんですか?

櫻井さん:Web上の無料サービスで基礎概念だけインプットし、その後はYouTubeを見ながら模写コーディングをして勉強していました。思い通りにならないことばかりで、ググる→やってみるの繰り返しで泥臭く頑張っていました。

――コーディングを中心ということですが、デザインの学習はされていましたか?

櫻井さん:実はもともとデザインには苦手意識がありました。絵やイラストが描けるわけでもありません。IllustratorやPhotoshopは勉強しましたが、コーディングのほうに注力していました。

――独学で勉強し、副業のお仕事はいかがでしたか?

櫻井さん:実際に案件は獲得できていました。自作のポートフォリオを作成したあと、クラウドソーシングに登録して、10件以上営業をかけて、ようやく1件いただけたという感じです。

――すごい! 一番最初の案件獲得をしたときは絶対嬉しいですよね! どのような案件だったんですか?

櫻井さん:本当に取れるんだ! とびっくりしましたし、とても嬉しかったです。その案件は、LPの制作の案件でした。もともと大枠のデザインやコーディングの下地があって、それをもとに画像の編集や加工、コーディングを更新していく案件でした。

スクールでの学習を決断した理由

――個人で案件も獲得されていると、スクールで勉強しなくてもいいのでは? と正直思ってしまうのですが……(笑) なぜスクールで勉強しようと思ったのですか?

櫻井さん:そうですね、クラウドソーシングでは、デザインのスキルを求める募集が多いとかなり感じていました。デザインは苦手意識がありましたが、デザインができるとできないとでは、仕事の幅がぜんぜん違うと思い、スクールでの学習を決断しました。

――他のスクールと比較して、デジLIGを選んでいただいたのはどうしてですか?

櫻井さん:何校か説明会に参加しましたが、デジLIGの説明会の印象がとてもよく、良い意味で入学に対してガツガツされていなくて安心感がありました。

また、やはりデザイン力に課題を感じていて、そこを強化したかったので、デザインをピンポイントで対策ができる「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」を受講できるということも大きかったです。

――説明会での安心感や自分に必要なカリキュラムがあったという点が決め手だったのですね。教えていただきありがとうございます!

講座を受けてみて……

――デザイン集中講座について、実際に学習されてみていかがでしたか?

櫻井さん:デザイン集中講座は目から鱗でした。デザインの視点や考え方が非常に勉強になりました。たとえばサムネイルひとつでも、デザインの技や見せ方を何も知らなかったので、こだわりを持つだけで見えてくるものがあるんだと感じました。

頭の中にあるイメージを上手くデザインに落とし込めなかったものが、徐々にできるようになる。これを体験できたことが楽しかったです。実際に今受けているサムネイル作成の案件にも活かすことができています。

――そうおっしゃっていただき嬉しいです! デザイン集中講座はクラス制の講座ですが、クラス内はどんな雰囲気でしたか?

櫻井さん:他の受講生さんと一緒にオンラインで授業を受ける形式なので、講師のもりぐさん(注:LIGデザイナー)から他の受講生の作品のフィードバックも聞くことができます。クラス制ならではの一体感のある空気でした。そして、講師のもりぐさんが本当に真剣に教えてくださるんです。その熱量が、全体の熱意を引き上げているのではないかと思います。

――学んでいるときにもっとも大変だったことはなんですか?

櫻井さん:特別に大変なことはありませんでしたが、本業とフリーで受けている仕事、家庭とのバランスを取るのが大変でした。勉強は毎日やるように意識していて、日によって学習時間が少なくならないよう1日のタイムスケジュールを組んだうえで学習していました。私は朝派なので、平日は朝5時起きて家事を終わらせて3~4時間勉強。土日は予定がある日以外は1日7~8時間勉強していました。

――本業やご家庭がある中でかなりの勉強量ですね……!

リピートと紹介が10割!継続した案件獲得のコツ

――スクールで学習し、今も継続して副業をしていると思いますが、現在はどのような案件を受けているんですか?

櫻井さん:一番多いのは、LPやWebサイトのデザインと実装、その他YouTubeの動画編集とサムネイル制作、ブログのバナー制作などです。

――案件はどのようにして獲得していますか?

櫻井さん:最初はクラウドソーシングがメインでした。もともとリピートが2割、新規営業での獲得が8割という感じで。スクールで勉強してからは、新規営業は一切しておらず、10割既存のクライアントさんからのリピートと紹介のみです。

――継続的にリピートいただけるのはすごいですね! デジLIGで受講をして、案件の幅も広がりましたか?

櫻井さん:間違いなく広がりました。スクールではWordpress講座も受講しましたが、クライアントさんへWordpressでの制作を提供できるようになりましたし、新規LPの制作案件では、デザインの企画や構想から考えてクライアントさんに提案するようになっています。

櫻井さん:既存のクライアントさんから、「こういうことできる?」と聞かれたときに、心の中で「あ、良かった……今はできるようになっている!」と思うことが多々あります。デザインの案件では、既存のクライアントさんからは依頼のされ方も変わりました。これまではデザインの指示を受けることが多かったですが、今は素材だけいただき「櫻井さんの好きなようにやっていいよ」と言われることもあります。

――なるほど。櫻井さんのスキルが伸びたからこそ、提供できる幅や品質が変わり、クライアントさんも信頼して櫻井さんへ依頼されているのだと思います。案件の単価への変化はありましたか?

櫻井さん:単価もかなり上がっています。既存のLPのコーディングのみで数万円だったのが、今では同じクライアント様でデザインと実装で4倍にまで上がりました。

――当初の4倍……!

櫻井さん:そうですね、制作会社さんからいただくコーディングの案件の単価も2万円ほど上がっています。ありがたいことに仕事の内容を評価いただけると、この人に依頼すれば他の人を探さなくていいから、そのぶん単価を上げられる、という部分もあるかもしれないです。

 
――案件を獲得するために工夫していることはありますか?

櫻井さん:今は新規の営業をしていないですが、クラウドサービスに登録していたときは、コミュニケーションの取り方に気をつけていました。たとえば、言葉選びでいうと、細かいことですが「即レスします」という表現は絶対使わないです。どんなクライアント様に対してもビジネスとして適切な表現を意識しています。

――なるほど。ちなみに「即レス」を使わない代わりにどんな言葉を使用していますか?

櫻井さん:いつも記載しているのは、「いただいたご連絡に関しては迅速に対応させていただきます。※どんなに遅くてもご連絡をいただいた当日中にはご一報を差し上げます」という表現にしています。

――たしかに、そういう言い方ですと丁寧ですし、依頼主がどんな方でも受け入れやすい表現ですよね。継続して案件をもらうためには、櫻井さんのように、仕事の成果物だけでなくコミュニケーションの中での細かな気遣いが大事だと感じました。

Webデザインの副業を始めたい方へ

――これからWebデザインの副業を始めたい方に向けてアドバイスはありますか?

櫻井さん:そうですね、2つあります!

会社に雇われてお給料をもらっていると、個人で稼ぐことの大変さを実感した部分があるので、まずは覚悟をもって始めることが大事かと思います。ただ、継続していれば、絶対案件はもらえると思うので、諦めずにやり続けて欲しいです。

また営業するときには、仕事をいただきたいから提案するというマインドだとそれがお客様にも伝わるので、「お客様の役に立ちたい」という視点で営業活動をすると案件獲得につながると思います。

――仕事をいただく際は矢印が自分の方向ではなく相手に向いていると、コミュニケーションの仕方が変わりますよね。櫻井さんの今後のキャリアプランがあれば教えてください!

櫻井さん:本業では主にマネジメントなど管理や組織を育てて大きくすることをメインに活動してきたため、将来は「Web✕マネジメント」で仕事をしたいと考えています。そのためにはまずはデザインとコーディング両方経験できるWeb制作会社への転職を検討中です。

――スクールの転職サポートもぜひご活用ください! 最後に、これからWebデザインを学ぶ人へアドバイスはありますか?

櫻井さん:私の場合は今やっている仕事が心から好きだから進み続けられているのだと思います。好きであれば、どんなに疲れていても勉強が大変でも苦にならないはずです。好きだとわかったら「自分なら絶対できる、成し遂げられる」と自身を鼓舞して、立ち止まらないことが大事だと思います!

まとめ

今回はスクールに通いながら案件を獲得している櫻井さんにインタビューしました。

最初はお小遣い稼ぎをしたいという思いからスタートした副業でしたが、現在は趣味の1つのようにとても楽しんでいらっしゃる印象でした。がむしゃらなクラウドソーシングでの案件獲得からはじまり、コミュニケーションの丁寧さや熱意、そしてスクールで成果物の品質を上げていったことで、今の櫻井さんがあるのだと感じます!

デジLIGでは、Webクリエイター・動画クリエイターを目指す方を応援しております! スクールでの学習を検討されている方は、ぜひお気軽に無料個別説明会へお越しください!

無料説明会予約へ資料請求へ

この記事のシェア数

26

Mio Kato
Mio Kato Digital Education / School Adviser / 加藤 美欧

青山学院大学を卒業後、会計のコンサルティング会社にて複数の上場企業の経理実務から業務改善の提案のプロジェクトを経験。2019年2月にLIGへジョインし、英会話スクールの事業やWebクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の営業・企画・運営、スクール生のキャリアサポートに携わる。

自己紹介をもっと見る
デジLIG卒業生インタビュー | 26 articles