デザイナーなら知っておきたい!定量リサーチと定性リサーチのメリットと特徴

デザイナーなら知っておきたい!定量リサーチと定性リサーチのメリットと特徴

たっつん

たっつん

こんにちは! デザインコンサルタントのたっつんです。

皆さんは「定量リサーチ」「定性リサーチ」という言葉を聞いたことはありますか?

どちらも顧客理解のために行う調査方法ですが、それぞれの特徴やメリットデメリットなどを理解し状況に合わせて使い分けることで、より効果的なデータの収集や機会発見につながり、課題解決に活かすことができます。

ということで今回は定量リサーチと定性リサーチの違いや特徴、種類をまとめましたのでご紹介したいと思います。

定量リサーチと定性リサーチの特徴

定量リサーチの特徴

「定量リサーチ」とは、商品やサービス、企業の認知度や、購買量、購買金額、購入率、リピート率、顧客満足度のような明確に数値や量で表せるデータを集計、分析する方法です。

仮説検証での活用機会が多く、定性調査などで発見した機会やアイデアに対して、合理性を検証する場合にも用いられます。

定性リサーチの特徴

「定性リサーチ」は、人々の発言や行動などの情報から、商品やサービスの購買に至るまでのプロセスや人々の意識や感情、動機、因果関係などの数値化できない情報を探索・抽出し、意識構造を明確にするための方法です。

仮説や機会の発見での活用機会が多く、問題点や課題解決の糸口を探ったり、アイデアのヒントを得たりするために実施します。

 

メリットとデメリット

定量リサーチのメリットとデメリット

定量リサーチのメリットは、結果が数値化でき、合理的で説得力のあるデータが取得できることです。また、手間やコストも低く、Webアンケートであれば、費用や時間を抑えての調査が可能です。

定量調査のデメリットとしては、想定した以上の回答や意見を得にくいという点があります。また、数字として抽象化された状態での情報なので、実態がわからないこともデメリットです。

定性リサーチのメリットとデメリット

定性リサーチのメリットは、言葉や行動などの情報を共感を持って解釈することで意識や感情をあらわにし、本質的な欲求や課題を探ることができるということです。

デジタル化によって様々なデータが収集できるようになったものの、個人独自の考え方や感情などの質的情報を収集できる唯一の方法が、定性調査です。

定性リサーチのデメリットは、合理的な根拠がない偏りのある情報になってしまう可能性があることです。

個人を深く理解するための定性リサーチはサンプル数をそこまで増やせないため、得られる情報が網羅的ではない可能性があります。

 

リサーチの種類

定量リサーチ

 デスクリサーチ

ネットリサーチとは、生活者の意見を広く聞くためにインターネット上で行う定量調査のことです。

会場調査

用意した調査会場に対象者を集め、製品・サービスを試して使用感や、製品の味、パッケージの評価について、その場でアンケートに回答してもらい、定量的にデータを分析する手法です。CLT(Central Location Test)とも呼ばれます。

ホームユーステスト

調査対象者の自宅に製品を郵送し、一定期間利用してもらい、評価してもらう調査手法です。一定期間試してもらう必要がある化粧品・食品や、自宅で試してもらう必要がある日用品などの調査に適しています。

定性リサーチ

デプスインタビュー

インタビュー対象者とモデレーターが1対1で行うインタビューです。各個人が普段何を考え行動しているのか、何を見て聞いているのかなどを具体的に聞いていきます。

質問はあらかじめ構造化して用意しておきますが、各質問に対する回答内容を深堀ることで対象独自の発言や詳細なストーリーを引き出していくことを重要視します。

テキスト、音声、映像など複数のデータで記録します。

 グループインタビュー

一定の条件を満たす人を5~6人集め、モデレーターのもと、グループ単位で行うインタビュー形式の手法です。

グループの参加者は、属性や嗜好性などが近いため、互いの発言に刺激されて活発な議論に発展したり、発想・視点が広がるといった「グループダイナミクス」が期待できます。

行動観察

対象が生活や仕事をしている現場、製品サービスを利用している現場に赴き、関与することなく実際に行われていることや行動発言などを観察する方法です。

対象は観察されていることを意識しないので、バイアスのかかっていないリアルな実態や無意識の行動のデータを集めることができます。

映像や音声、テキストや写真などで記録します。

まとめ

定量定性それぞれに目的や活用できるシーンが異なりますが、どちらが良い悪いではなく、それぞれの特性を理解したうえで使い分け、もしくは組み合わせての調査ができることが理想です。

皆さんもぜひ取り組んでみてください。

この記事のシェア数

12

たっつん
たっつん デザイナー / 鈴木 龍也

名古屋からやってきました。 お酒と音楽とゲームと漫画が好きです。 紙をやぶく真似が一番得意です。その次にデザインです。 よろしくお願いします。