Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード
LIG PR

DX推進で評判の「AIさくらさん」って実際どうなの?AIと働くことに不安を抱くアイドルが担当者を問い詰めた結果

滝口ひかり

 

みなさんこんにちは、アイドルの滝口ひかりです。

ico 人物紹介:滝口ひかり
週刊プレイボーイの読者投票でグランプリを獲得、「2000年に1人の美少女」として大注目を浴びている日本のアイドル。2018年1月14日、木乃伊みさと、妹の滝口きららと新ユニット『ゑんら』を結成。

今回、LIGさんから「とあるサービスについて取材してきてほしい」という依頼をいただいたのですが、その「とあるサービス」というのがこちら。

 

AIさくらさん
AIの力で社内外のあらゆる業務を自動化・リモート化し、企業のDX推進をサポートする人工知能(AI)接客システム。

AIさくらさん。

AIが社内対応や求職者の面接、企業の受付などの業務を人に代わってやってくれるそうなのですが……

AI? それほんとに信用できるの?

AIに仕事を任せるって言っても、結局何をどこまでできるのかよくわからないし、いざ導入してみたらAIが暴走して予期せぬトラブルが起こってしまうのも不安じゃないですか。しかも、AIに仕事をさせるってことは、今会社で一生懸命働いている方たちの仕事を奪うってことですよね。

この可愛らしいビジュアルで世間のおじさんたちは騙せても、アイドルとして芸能界の酸いも甘いも知り尽くしている私の嗅覚は絶対に騙されません!!!!

 

そんなわけで、今回はその実態を暴くべくAIさくらさんを開発する「株式会社ティファナ・ドットコム」のオフィスへきました。

エントランスまで行くと、でかいパネルの中でさっそくAIさくらさんがお出迎え。思ったよりスムーズに動いていて、表情や動きに人間味がありますね。

早速担当者を問い詰めてみましょう。

もうAIさくらさんのことが
気になる方はこちら!

株式会社ティファナ・ドットコムに突撃してみた

今回言い訳で対応してくれたのは萩原さんと安丸さん。記事の最後は、お二人の謝罪で締めくくりとなることでしょう。今から楽しみです。

ico 人物紹介:萩原さん
2017年入社。AI戦略室で、営業窓口やプロジェクトマネージャーとして活躍中。好きなものはSFで、新しい星が見つかったニュースにテンションが上がる。
ico 人物紹介:安丸さん
AI戦略室に所属。趣味は散歩で休日には15,000歩(10km前後)ほど歩く健脚の持ち主。

「AIさくらさん」って結局何なの?

滝口さんAIを同僚にするなんて正気ですか? あれだけ生命力ありそうなのに無機物なんですよ!
先輩生命力を感じてくれて、ありがとうございます(笑)。 もっと人間らしくするために、今も試行錯誤中です。
滝口さんそもそも、AIさくらさんって本当に何なんですか?
AIさくらさんは、駅や商業施設での案内や会社の受付対応、社内のヘルプデスク、従業員のメンタルヘルスチェックなど、さまざまなシーンで業務を自動化してくれるAIソリューションです。
DX推進に必要な機能がすべて備わっているので、駅や市役所、商業施設から大企業まで、さまざまな業種業態の方々に導入いただいています。
DX推進したいなら、「AIさくらさん」はマストで入れてほしいですね。

滝口さんDX? 小難しい略語でごまかそうとして……そんな言葉、本当はないですよね!
いえ、あります。DX、つまり「デジタルトランスフォーメーション」はデジタルの力を暮らしに浸透させることでより良い生活に変革させることです。
今はデジタルツールをちょっと入れちゃえばDX完成! みたいな風潮になってるんですけど、そうじゃないと思うんですよね。デジタルの力を導入するだけじゃなくて、ちゃんと利益を上げないといけないじゃないですか。
AIさくらさんを導入すれば、受付や面接、従業員のメンタルヘルスケアや研修まで全部をデジタル化して、生産性を上げることができます。それが本質的な意味でのDXだと私たちは思ってるんです。

▲AIさくらさんで実現されているDX

先輩だから本当は「AIさくらさんと一緒に働けば、あなたの給料は上がりますよ」って言いたいんです。

滝口さん私の給料、上がるんですか……!?
はい。というか、AIさくらさんを導入することで本当はやりたくなかった作業をやらなくて済むので、もっとクリエイティブな仕事に専念できるんです。今まで時間をかけていた作業が不要になることで仕事が効率化できるので、会社の売り上げに貢献できるはずです。
新入社員だって会議の日程調整をしたりしますけど、本当はそんな仕事はやりたくないですよね(笑)。でもAIさくらさんならそうした日程調整も一任できるので、もっと自分のやりたい仕事に時間を割けますよ。
滝口さんなんだ、仕事はしなきゃいけないのか……仕事をせずに給料が上がる時代はまだ来てないのか

(すごい給料に反応してたな……)

 
DXならAIさくらさん!

「AIさくらさん」で何ができるの?

滝口さんなんか便利そうなこと言ってますけど、具体的にどんな使い方があるんですか?
例えば、社内向けのサポートデスク的な役割でいうと、規模が大きい会社だと縦割り組織であるがゆえに情報が共有されてなかったり、従業員が「この情報は誰に聞けばいいんだろう」と迷ったりすることが課題になりがちなんです。そこにAIさくらさんが加わると、いろんな情報を一元管理して「その手続きだったらここで学ぶことができますよ」「その書類はここに格納されてますよ」と瞬時に回答することができますよ。

滝口さんでも所詮はチャットボットですよね? 定型文の返事が来る、みたいな。とにかくまともな会話ができるイメージはないんですけど。
いえいえ、AIさくらさんはチャットボットと違って「自己学習機能」を搭載しているので、運用負担を軽減できますね。
滝口さんふーん、それはすごいかも……。でも他は他社と一緒でしょ?
他には業務フローをカスタマイズできるのが強みです。各企業で業務フローって異なると思うんですが、それに合わせて柔軟にカスタマイズできるところは非常にお客様からの評価が得られてますね。

▲カスタマイズの一例

他社さんのツールだとパッケージとしてフローが決まっていて、そこに企業側が合わせてくださいって話になることもあるので、オーダーメイドで対応できるのはAIさくらさんならではですね。

滝口さんほぅ……。
他にもリモートワークが定着してからは従業員のメンタルヘルスチェックも需要が高いですね。
精神科医が監修した問診によって「睡眠の障害があるのでは?」「アルコールの依存の可能性が高いのでは?」などなど、心の不調を察知をしています。

▲AIさくらさんによるメンタルヘルスチェック「メンタルヘルスさくらさん

滝口さんたしかに外出自粛中は結構メンタルが弱っちゃってたかも……。
リモートワークだと誰に相談すればいいか、わからないですからね。新入社員の方が4月からいきなりフルリモートで、途中から連絡が取りづらくなったりするケースもたまに聞きます。
滝口さん聞きにくいこともAIさくらさんなら話せると。確かにどうしたら給料が上がるのか、AIさくらさんになら聞きやすいけど……。
(また給料の話……)

 
AIさくらさんの商品はこちら!

どうして私じゃダメなんですか?

滝口さんそもそも何が気に食わないって……
AIさくらさんより私のほうが可愛くないですか!?
え、ええ……。
(急にどうした)
滝口さん「AIひかりさん」として売り出して、今後、末代まで使用料を払い続けてください!

(すっごいお金の話するなこの人……)
AIさくらさんのキャラクターデザインは小さい子どもからお年寄りまで親しんでいただくために、どのデザインが一番いろんな方々に受け入れてもらいやすいのかを考えて選んだんですよ。
滝口さんだったらますます「2000年に1人の美少女」と言われた私が適任ですよね?
そうですね、万人に親しまれやすい中間を狙っていきました。
(スルーした……)

そもそもAIさくらさんの開発に至ったのは、弊社の代表が通っていた蕎麦屋の女将さんがきっかけなんです。
滝口さんえ、女将さんが「さくら」だったんですか?
違います。
先輩女将さんが独立して渋谷に自分のお店を作られたんですが、なかなか集客ができず、結局そのお店はなくなってしまい……。ITの力を使えばもっとできることがあったはずなので、そういうITに詳しい娘さんみたいな人がいたらいいんじゃないかと思ったのが始まりなんです。

滝口さんそれは切ない(ちょっとグッときちゃった)。
私たちの企業理念は「WebとAIの力で世の中を笑顔にしたい」なんです。でもこれって一朝一夕でできることではないので、今でももちろん「AIさくらさんの案内で助かりました」というお声をいただくことはあるんですが、どうやったらもっと改善できるのか、毎日、試行錯誤しています。
滝口さんでも、じゃあなんで「AIひかりさん」じゃなくて「AIさくらさん」なんですか?
日本だけじゃなくて世界中の人たちにも「AIさくらさん」を覚えていただきたいので、日本の象徴となるものを考えたら「やっぱり桜だよね」となりました。以前はインバウンドのお客様にもよくご利用いただいていて、子どもからお年寄りまで覚えてもらいやすい名前になったかなと思います。
滝口さん日本の国花と比べられちゃうと、ちょっと部が悪いですね。

 
AIさくらさんの詳細はこちら!

導入のリスクはどうなの?

滝口さんで、でも、導入する前や後が大変で、結局仕事が増えるんじゃないですか!? 仕事を効率化するために導入してもコレは本末転倒ですよね?
必要なのは……インターネットの回線だけです。
滝口さん……え? それだけ?
それだけです。
AIさくらさんの導入までの流れはほとんどお任せいただいてOKです。私たちが主体でまずヒアリングをさせていただいて、必要な学習データをピックアップして、そこからAIさくらさんが働き始めます。

▲導入後のフロー

滝口さんう、でもそのための事前準備はめちゃめちゃ大変なんですよね?

強いていうなら、私たちがヒアリングする時間を確保いただくのと、AIさくらさんが実際に働く前にちょっとチェックしてくださいねってことぐらいですね。機材も私たちから提供するので自分たちで機器を準備したり、学習データを用意する必要はありません。
滝口さんなるほど……。
滝口さんいや、もっと何か問題があるはず……そうだ、情報漏洩のリスクがあるんじゃないですか? AIさくらさんにいろんな機密情報を教え込むわけですよね。
先輩そこについても心配ありません。ISOや国際基準に則った堅牢なサービス運営をしていますし、定期的に監査をしています。特に自治体さんや大きな企業さんも最初はそうしたリスクを気にされますが、実際に今でも問題なく利用いただいているので、実績としてもご安心いただけるかと。
滝口さんあと、AIさくらさんから収集したデータってどうすればいいんですか? これらを分析する人が社内に必要ってことですよね?
ご安心ください。そこを私たちのほうでデータ分析して「次にこういった打ち手があるんで、データを元に改善していきましょう」「従業員がこんなことで困ってるから、こういうサポートをしてみませんか?」というレポーティングを出すこともあります。
先輩レポーティングはそういったサマリーを月に1回ほど出しています。皆さんお忙しいですから、データを通して何か大きな変化があれば、私たちのほうでキャッチアップしていますね。

滝口さん(えっ……サポートもすごいじゃん)

 
AIさくらさんについてもっと知る!

AIさくらさんの給料高すぎない?

滝口さんいや、でもコストをみると初期費用90万円、38万円/月〜じゃないですか。ぶっちゃけこれって高いですよね?

▲AIさくらさんの料金プラン

確かに1人の人件費と同じぐらいの金額をAIに出すのはちょっと厳しいって考える方もいるかもしれないですね。でも、AIさくらさんは1人分以上の働きをするので。24時間働きっぱなしですし、どんなタスクも並列で処理してくれますよ!

先輩例えば38万円なら、24時間稼働で考えると時給500円ほどなんですよ。55万円以上のプランだったとしても時給1,000円ちょっとで、ようやくアルバイトの時給と同じようになってくるんです。
24時間265日フル稼働で人を雇うのは、時給500円だと絶対に無理だし、そもそも法律で許されていません。でもAIならこれが可能になるんですよね。

滝口さんじゃあ「最低利用契約期間が12か月」ってやつは? これは長期契約させてお金をむしり取ろうしていますよね? 白状してください!
犯罪みたいに言わないでください。最低12か月というのは明確な理由があって、これはAIさくらさんが導入企業に合わせたデータを取得して最適化・利益最大化するための必要な期間です。
滝口さん……で、でもちょっとだけ触りたいってお客さんもいますよね? 1か月とか短期のお試しプランもあってもいい気がしてるんですけど。
確かにそのようなお声をいただくこともあるのですが、AIさくらさんも人間と同じく「学習」を通して仕事を覚えていくので短期間のお試しでは意味がありません。最低12か月間利用してもらってそのメリットを体験してもらいたいんです!


なんかすっごいいいサービスじゃん……

 
AIさくらさんについて
詳しく聞いてみる!

AIさくらさんのこれからについて

滝口さんそもそもなんでDX推進しなきゃいけないんですか? もうこのままでいいじゃないですか。
今後、日本の人口が減っていく中で、特に働く世代の人口が突然減るわけじゃないですか。高齢者ばっかりになって子どもも少ないとなると、その間にいる人たちがこの日本を回さないといけないわけですよね。そうなると支えないといけないものがものすごく増えちゃうので、働く世代が不幸になると思うんです。
滝口さんハッ! つまり、ちょうど私たち世代ってこと?
そう考えたときに、やっぱりAIやロボットといったデジタルの力を頼らざるを得ないっていうのが、一つの考え方だと思うんですよね。
そのためには企業そのものの体制も旧態依然としたものではなくて、新しいものにどんどん切り替えていく必要があるんです。その企業が生産性を上げるためにやらなければいけない仕事に重点的にリソースをあてて、それ以外はデジタルに任せていかないと、企業は衰退するし淘汰されていきますよね
滝口さん衰退したくないし、淘汰されたくない……!

滝口さんでも実際、「DX推進のために業務をもっとデジタル化していこう!」って今から積極的に動き出している企業って少なそうですね……。
正直なところ、日本ではまだまだです。特に40代ぐらいのミドルマネジメント層の中には、業務をデジタル化することでネガティブな影響があるのでないかと懸念を抱いている方も多く、前向きに取り入れていこうと思わないのが現状です。
だからこそ私たちが、AIさくらさんを御社に導入するとこういうメリットがありますよ、と一つひとつ丁寧に伝えていくことが大事だと思っています。AIさくらさんを導入する際も、いきなり全ての業務を任せるのではなく、まずは一部分の業務からお任せいただいて、効果を感じていただきながら様々な業務領域に拡大していく方法をおすすめしていますね。
最初にお伝えした「効率化したら給料が上がりますよ」ってこともその一つですね。あとは、AIさくらさんを導入したお客様の中では、不要な作業をAIさくらさんに任せた結果、社員の満足度が向上して「離職率が下がった」という嬉しいご連絡もいただいたので、このようなこともぜひ伝えていきたいです。
滝口さんすごい……!
ここではまだ発表できないんですが、AIさくらさんは今後もどんどんバージョンアップしていく予定です。SDGsの観点でも貢献を考えていますし、さまざまなチャレンジを検討しているので、注目していただけたら嬉しいです。AIさくらさんはこれからの企業を成長させる同僚としてきっと活躍してくれるはずです!

滝口さんなんか安心しました!

AIって何だか不安に思ってたんですけど、むしろ頼もしい同僚だったんですね!

DX推進を進めるなら「AIさくらさん」

AIさくらさんは問い合わせ対応、受付業務、サイネージ接客、オンライン学習、採用面接などなど、1人で何役もこなすスーパーAIクラウドサービス。できる業務が多岐にわたるため、各企業の課題に応じて使い方を相談できます。

AIさくらさんでできること
  • 案内からサポートデスクまで、接客のすべてをAIで自動化
  • 企業のあらゆる業務を自動化・効率化してDXを推進
  • 採用業務を担当して業務のひっ迫を未然に防ぐ
  • オンライン学習をサポートし、本人認証でセキュリティー面も安心
  • 科学的なデータを基に、従業員の心の不調を早期発見
  • オフィスや展示会などのあらゆる案内・受付をAIにより無人化
  • お客様とのアポ調整や会議室の空き状況確認など、日程調整をお任せ

AIさくらさんなら専属のサポートデスクが付くため、導入後の効果測定や運用も安心です。蓄積されたビッグデータを解析し、新しいインサイトを引き出してレポートを作ってくれるので、人力では見逃していた気づきを得ることもできます。

今やDX推進は必須な時代。何から始めたらいいのかわからない人は、まずお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。
 

AIさくらさんの問い合わせはこちら!