Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

ビジネスでもプライベートでも使える!トーク力UPにつながるコンテンツ4選

齊藤ジョニー

こんにちは。LIGのデジタルマーケティング部のマネージャー、ジョニーです。

みなさん、ビジネスシーンでのトーク力上げるために何か訓練をしていますか。僕は営業職ということもあり、様々なシーンでいろいろな方と話をしなくてはいけないです。

喋るのは元々苦手なほうではないのですが、日々もっと喋りが上手くなりたい、営業トーク力を上げたい、女の人を口説き、ばしっとオトせる会話力を身につけたいと日々思っております。そして身に着けるために、いろいろなコンテンツで勉強しています。

そこで今回はビジネスシーン・プライベートシーンでのトーク力UPのヒントとなる良きコンテンツを、超絶個人的に紹介したいと思います。あくまで僕の参考にしているコンテンツのため、一概にすべての人が良いと思うかは別なのでご参考までに見ていただけると嬉しいです。

①お笑いラジオ

声だけのコンテンツラジオ。中でもお笑い系のラジオは非常に勉強になります。一人喋りでどうやって話を膨らますのか、どう落ちにもっていくのか。

お笑い芸人のコンビのラジオではボケとツッコミがありながらどう話を昇華させていくのかなど非常に勉強になります。トークはやはり間が大事なのでそういった部分含めて勉強になります。

  • 佐久間宣行のオールナイトニッポン
  • 元テレビ東京のプロデューサーが一人でしゃべりまくるラジオ。テレビ制作の人なのでコンテンツやエンタメの作り方や最新情報まで満載なので流行りについても知ることができます。

そのほか、下記の番組もおすすめです。

②書籍


本です。これはもうどんな本でもいいです。いわゆるちょっと知的に思える言い回しを覚えて使うだけでもそれっぽく見えるので、読んでおいて損はないです。とくに例え話やたとえ表現は頭が良く見えます。

昔上司が、おそらく最近何かで知ったであろう言葉を使いたかったのか
「挫傷に乗り上げるのは嫌じゃないですか」

と口にしていたのですが、「暗礁に乗り上げるだろ」と大体の人は思い、指摘することなくスルーしました。なので言葉は正しく覚え発言しましょう。

③営業メール


これ、結構面白い言葉選びや表現しているものがあるのです。

大体営業メールってどこもフォーマットが一緒でスルーされがちなんですが、タイトルや本文が目を引くものもありちょっと見ちゃう、そしてマネしたくなるものあるんですよね。なので僕は自分の事業部じゃない部署の営業メールでも全部見ちゃうんですよね。

元同僚の営業マンが自分のことを「そうです、私がLIGの伝説の営業マン○○です」と言っているのを聞いて、そんなやり方もあるんだなと思いました。使わないけど。

④うまい人の営業に同行する

正直これ一択ですね。とにかくできる人のトークをそのままパクる、が一番です。僕は同行させてもらった営業はその場で会話をすべてメモします。言葉の通りずーーーっと横でタイピングして一言一句逃さないようメモします。

録音じゃだめです。録音は後から聞き返すことはほとんどしないと思うので。相手の言葉も含めて、もうその場でひたすら集中してメモしまくる。そして終わった後読み返す、そしてマネする。これです。まずはできる人のトークをひたすら真似する。マネすればうまくなります。

以上です。日々学ぶことが多いです。ですがまず何事も真似してみるということが大切なのでどんどんパクっていきましょう。

コンテンツばんざーい。