Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

「聞く力」を高める質問案とは?質問される側になって考えてみた

のぞみーる

こんにちは、外部メディアコンテンツ制作チームのエディターののぞみーるです。

前回Webコンテンツ制作における「撮影案」についての記事を書いたので、今回は「質問案」の作り方、考え方について書こうと思います。

これまでもコンテンツ制作する過程をご説明してきました。その中でもコンテンツの方向性を決めるために作成するのが構成案であり、その構成案の核となるのが「質問案」です。

この「質問案」をもとに、当日のインタビューが行われるので、質問案によってコンテンツの良し悪しが変わると言っても過言ではありません。

質問案の作り方

まずは、一般的な質問案の作り方の流れを説明します。

①取材対象者についてとにかく調べる

取材先が決まったらまずは対象者の過去のインタビュー・SNSアカウントを徹底的に読み込みます。とくに今回の取材に関するネタに触れている発言は質問案のネタになるので、チェックします。

またタレントさんの場合、最近はSNSでいろんなお写真を撮っている方も多いので、撮影で使う小道具がSNSでご本人が使われていたものと被らないように用意する、というようにSNSのチェックは欠かせないです。

②コンテンツのテーマ・ゴールを設定する

企画の段階で決めたテーマで伝えたいこと、ゴールとするところを決めます。たとえば、わたしが担当しているBIC SIMコラム「ハッシュタグ検索」についての調査コンテンツを作成した場合を例にすると、下記のようになります。

テーマ:世代別の検索する際のツール、方法の違いを検証
ゴール:30代〜以上はGoogle、10〜20代はInstagram中心と想定。それぞれの使い分け方や強み、検索方法の良さがわかるような結論に。

③質問のカテゴリを決める

まず質問を書き出す前に、ざっくりとした質問のカテゴリを書き出します。そうすることにより、文章の構成を整理することも。

・普段のスマホの使い方について
・検索方法について

・学生時代のスマホの使い方

・現在のタレント活動におけるスマホの使い方について

・スマホ代やデータ通信量について

④質問の優先順位を決める

その後、カテゴリにあった細かい質問を作成していきます。そして、その中で絶対聞いて欲しいものを◉、その次に聞いて欲しいものを◯など、インタビュアーに伝わるように優先順位を決めます。優先順位の付け方は、コンテンツのゴールに近しい回答を得られると想定されるものを優先します。

インタビュー時間が決められているので、時間切れで肝心なことが聞けなかった……という失敗を防ぐためです。

◉最近検索したことはなんですか?
・定期的に検索していたり、よく検索する言葉はなんですか?
◉ブラウザで検索するときと、Instagramなどで検索するときはどのように使い分けていますか?

◯今まで「検索で助かった!」という経験はありますか?
・検索するよりもLINEなど人に聞いちゃった方が早い! と思ったことはありますか?それはどのようなことですか?
◉スマホで調べたことの情報源の信ぴょう性についてどういう判断基準で接していますか?

⑤事前に取材先へ質問案を共有する

当日いきなり質問されると考え込んでしまって答えられない……というタイプの方もいらっしゃるので、事前に考えておいてもらうためにも、一週間前を目安に取材先に質問案を共有します。

そうして、出来上がったのがこの記事です。
あなたはググる?それともタグる?検索対決してみて分かった「検索」方法の最適解は・・・?

脳内インタビューから考えるOKインタビュー? NGインタビュー?

しかし、ずっとエディターというコンテンツを制作する側にいると、取材対象者の気持ちをついつい忘れがちになることも……。

今回はあらためてインタビューする側(インタビュアー)とインタビューされる側(インタビュイー)それぞれの気持ちになって、良いインタビューするための質問案について考えてみたいと思います。

相手の気持ちを知るには、相手の立場になってみるのが大事ってばっちゃんが言ってました。

ということで……

icoインタビュアーののぞみーる(A)です!
icoインタビュイーののぞみーる(F)です!

はい! 分裂できました!

ここからは、わたしののぞみーる(A)とのぞみーる(F)の脳内インタビューの例でお届けします。

アイスブレイクは大事

icoのぞみーる(F)さんはオウンドメディアのエディターさんということで、普段はインタビューする側の人。今日は逆ですね。取材される側になってみて、心境はいかがですか?
ico恐縮しちゃいます、だってわたしの話なんて誰が興味あるんだって思っちゃうじゃないですか。
icoわかります。わたしもいつもブログ書いてても思ってます(笑)。
ico OKインタビュー取材の時間が短い場合、質問案を読み上げるだけで精一杯ということもありますが、短い時間でインタビュイーから本音を聞き出すためにも、アイスブレイクで気持ちの距離を縮めておくことが大切です。

他コンテンツとの差別化する質問を入れる

ico早速お仕事の話を聞いていきたいんですが、普段はどのような取材をしているんですか?
icoオウンドメディアに掲載するコンテンツを作るのが主な仕事です。取材先は会社の経営者さん、広報さん、ほかに特集コンテンツだとタレントさんなどもありますね。
icoこの人に取材しようとなるまでは、どういう流れでどのように決まるんですか?
ico読者に対して、クライアントが伝えたいことやトレンドなどを交えて、いくつか企画を提案して、そこから選んでいただくかたちになりますね。
icoでも、世の中にいっぱいコンテンツってあるじゃないですか。ほかのコンテンツとの差別化はどうしているんでするんですか?
icoそれなんですよね……。それが難しいところで、同じジャンルのメディアでやっていないかどうかはチェックしつつ、たとえ取材先が被っていても、質問によって新しい一面や最新情報が引き出せるようにがんばっています。たとえば、他のメディアでは聞かれないような質問をあえて探して入れたりとか。
icoメディアの色をそこで出すわけですね。
ico質問で差別化するもしくは、切り口で差別化します。この記事も普通に「質問案の作り方」の記事と差別化するために、こうして脳内インタビューというトンチキ(!)切り口で書いているわけですね……。
ico OKインタビューコンテンツのテーマに沿った質問ばかりだと、他のコンテンツと同じものになってしまうことがあるので、わたしの質問案作成のテクニックとして、1〜3つは他のメディアでは聞かれない変わった質問を入れるようにしています。

インタビュイー(取材対象者)のことは念入りに調べる

icoでは、質問案を作るときに大変なことは何ですか?
icoコンテンツのテーマに関する情報を集めたり、過去のインタビューを読み返したり。知識を詰めていくときですね。だってインタビュイーの方は何かしらのスペシャリストじゃないですか。だから、なるべくその人の話を正確に聞き出すためにも、事前の情報集めは重要なんです。
icoたしかに「わからないので教えてください!」というスタンスだけだと浅いお話しか聞けないということになって、聞く側も聞かれる側も、そして読む側も消化不良になってしまいますね。
icoメディアのファンでいてくださる詳しい読者の方もいれば、検索で来てくださる詳しくない読者の方もいます。そのどちらにも楽しんでいただけるコンテンツにしなければと思っているので、そのバランスは意識しなければと気を付けています。
ico OKインタビュー企画時に、どのようなコンテンツにするのか議論や調査をするので、「取材対象者を知らない」ということはほとんどありません。企画とのミスマッチを防ぐためにも、事前に調査することは重要です。

インタビュイーのマイナスになる質問は聞かないように注意

icoぶっちゃけ、取材しにくい人とかっています?
icoえっと……それは……(いやそれはちょっと公の場では言えんやろ)
ico……この話題やめましょうか、すみません。
ico NGインタビュージャーナリスト的なインタビューの場合、ズバリと切り込むことで情報を聞き出すことがよしとされることもありますが、わたしが普段作っているコンテンツは、あくまで「出演していただいている」ということを忘れてはいけません。答えづらいであろう質問は避けましょう。

深掘りして広げられるように大枠の質問を作る

icoでは、のぞみーる(F)さんが思うインタビューが上手な人はどのような人ですか?
ico自然と喋りたくなってしまう人なんですかね。質問案を読み上げるだけじゃなくて、おしゃべりの延長のように話が聞ける人。
ico話術というか、聞く力みたいなものでしょうか。
icoそうですね。インタビュイーがここ聞いて欲しいんだろうなっていうことや、その場で察して、たとえ質問案とは違ってもおもしろい部分を深掘りできる咄嗟の判断力とかもあるといいですね。
ico質問案を読み上げるだけだと、テストみたいになっちゃいますよね。QがあってAを答えるだけみたいな。
ico極端な話、書いてある質問案全部を聞かなくても、いいんです。お話聞いている最中から頭の中で文章を組み立てて、必要なことをバシッと聞ける人はすごいな〜と思います。だから、質問案は細かく作りすぎず、まずはカテゴリから作って大きな道はブレずに、かつ寄り道できるくらいの余地を残せるざっくりめの質問を入れるようにしています。
ico OKインタビュー質問案はいつも多めに作っていて、その中からどこか深掘りができたらいいなと思っています。実際、インタビューで聞いたお話はすべて原稿にできるわけではなく、5〜6割程度原稿にできればいい、という割合です。

答えを誘導してしまうのはダメ

ico最後に、インタビューで注意していることはありますか?
ico企画案・構成案、とクライアントにチェックをその都度いただいているので、事前にコンテンツ内容は確定していくんですが、実際インタビューしてみたら、想定通りにいかないなんてことはしょっちゅうあります……。でも、だからと言って無理やりインタビュアーが「言わせる」ことはしないようには気を付けています。
icoたまにインタビュー中に言っていないことが原稿に書いてあって、あれ? と思ったら、インタビュアーさんが言っていたことだったんですよ。それに相槌打っていたのが、わたしがしゃべっていたことになっていて。書きたいことが決まっていて、そこに落とし込もうとしてやってしまうんですかね〜? 気持ちはわかるけど、やっちゃダメってことですね?
ico……あ、はい、そうですね(言いたいこと全て言われてしまった……)。
ico NGインタビュー企画案・質問案の段階で、どのようなコンテンツにするのかはある程度想定しているので、それにあったインタビューをするのですが、思い通りにいかないこともままあります。だからと言って、インタビュアーが「誘導して言わせる」ことはNGです。

で、「聞く力」を高める良い質問案とは?

無事にインタビューを終え、のぞみーる(A)ものぞみーる(F)も無事に和解してのぞみーるへと戻っていきました……(茶番へのお付き合いありがとうございました!)

さて、あらためてわたしが質問案を作成するときに心掛けていることをお伝えします。

  • 気になったことを細かく深掘りできる余地があるように、大筋のカテゴリから質問を作る
  • コンテンツにオリジナリティを出すため、ほかのコンテンツにはない変わった質問を入れる
  • インタビュー時間内に必要なことをが聞けるように、質問に優先順位をつける

皆さんもぜひ良いインタビューライフを!

おまけ:ライター募集中

私の所属する外部メディアコンテンツ制作チームでは、外部のライターさんと一緒にクライアントのオウンドメディアの記事制作にあたっています。LIGではライターを常時募集しているので、下記のいずれかに当てはまるライター歴のある方は、ぜひ一度ご連絡ください。

  • スマホ・ガジェットの知見がある
  • IT分野に知見がある
  • 金融分野(証券・暗号資産など)に知見がある
  • 企業取材が得意
  • おもしろ企画の立案・執筆が得意

ライター募集のお問い合わせはこちらから