1000本突破
1000本突破

マネージャーの私が初アポで実践している6つのアイスブレイク

齊藤ジョニー

こんにちは、デジタルマーケティング部マネージャーのジョニーです。

最近インプラントを入れたんですがあれってめちゃくちゃ高いんですね。1本入れるのに33万円かかったんですがこれって僕ボラれてないですよね、大丈夫ですよね。一瞬で貯金なくなったので給料を上げてもらわなくちゃ困ります。経営陣のみなさまよろしくお願いします。

 

さて、話は変わりますますが皆さんアイスブレイクしてますか。

アイスブレイクとは
緊張をほぐすためのきっかけ。本題に入る前の雑談や、研修会の前に皆で行う簡単なゲームなど。
引用元:コトバンク

とのことで、要約するとですね「ええ感じの空気にする」ちゅうことですわ。

僕自身はアイスブレイクをして喋りやすい雰囲気の状態で営業したいので結構よくやるんですが、最近はZoomなどのオンラインで営業や打ち合わせする機会が多く、やりづらくなってきている……というのも正直なところです。

そこで今回はビジネスシーンの対面、オンラインで使えるアイスブレイク方法をいろいろと紹介します! もちろんアイスブレイクは必ずやったほうがいい、ということは決してなく、相手の雰囲気や状況に応じてするしないは判断しましょう。

■対面Ver

①とにかくオフィスを褒めちぎる

まずはこちら。相手のオフィスを褒めちぎりましょう。なんだっていいんです。とにかく目に入ったところ、感じたことすべてを使って褒めポイントを探しましょう。

  • 「いやー新宿にオフィスあるってめちゃくちゃ羨ましいです。うちなんて新御徒町なんで本当になんもなくて。コンビニがギリギリあるぐらいなんで憧れます、新宿への通勤……」
  • 「ドリンク飲み放題なんですね……うちお客さんにペットボトルの水出すのも自費なんで、最高に羨ましいです」
  • 「オフィス(会議室、エントランス、机、椅子、オフィスグリコなんでも)めちゃくちゃおしゃれですね……うちめっちゃ築年数ある物件を役員自らDIYして作ったようなオフィスなんで、差が激しすぎて動悸が止まらないです……」

などなどありとあらゆることを褒めちぎりましょう。大事なのは褒めるだけじゃなく、オチをつけることです。相手を褒めるという振りをして、自社のダメなところをいうオチをつける。振りオチを意識するとぐっと柔かな空気になるはずです。

②事前にWebからから得られる担当者情報をネタにする

飛び込みでもない限り、商談する際は事前に電話やメールなどでアポイントをとりますよね。そうするとですね、メールの署名欄にですね、担当者の方のお名前だったりが記載されております。

そうです、ひたすらその名前、社名でググりまくります。採用サイトだったり、他サイトにインタビューされていたりと、意外とその担当者さんの情報がWebに残っておるわけです。そうです、その情報をネタにするのです。

自分が載っている、インタビューされている記事について、興味をもって話されて嫌な気持ちになる人はそういないので、担当者も普段の3割ぐらいは饒舌に商談にのってくれることでしょう。

③名刺から得られる情報をネタにする

ビジネスの定番通過儀礼、そう名刺交換。この名刺にもネタにできる情報は満載です。

紙質、形状をネタにする

名刺は会社によって様々でして、小さいサイズのもの、透明なもの、分厚いものなどあります。

「こんなの…初めて…(///)」

というような恍惚な表情でその名刺について話をふっていきましょう。やはり名刺は何かしら会社としての想いがあって作られているので、その特徴について伺うことは相手も饒舌に語ってくれるはずです。

ちなみにLIGの名刺は全然普通なんですが、社員ごとに出身地とLIKE(自分の好きなもの)が記載されていまして、これも結構ネタにしたり、相手が触れてくれたりします。

名前に触れる

名刺に記載されている名前も重要です。珍しい苗字や名前の方もいらっしゃるのでその由来などを聞いたりします。僕は「齊藤」という名字なんですがこの「さいとう」という漢字、実はめちゃくちゃ種類があってですね、同じ漢字の人と会うとテンション上がるものです。

ちなみにLIGだとビジネスネームで名刺にそのまま反映されているメンバーもいるので、そういった部分にも触れてくれるのはありがたいです。

■オンラインVer

①リモートワークについて触れる

もうこれは鉄板中の鉄板ですね。完全出社なのか、フルリモートなのか伺います。別にどちらだっていいんです、ただ何か話のきっかけにしたいだけなのであまり深く考えずに聞きましょう。

ちなみにLIGはフルリモートで出社したい人は出社していいよ、ぐらいな感じなんですが、このフルリモートを機に新潟に一軒家を借りて社員数名で暮らしていたり、奈良に移住したりと好き勝手やっております。そんな話もするとやんややんやな感じになります。けど完全出社になったら地方にいるメンバーはどうなるんだろう。あまり深く考えずにいきましょう。

②デスク環境について触れる

リモートになってからオンライン環境を整える方が増えてきているので、すかさず触れていきましょう。見るからに高性能そうなヘッドフォンをつけている人、オールナイトニッポンのパーソナリティかってぐらいマイクや椅子が整っている人などさまざまです。一回本当にラジオっぽい環境の方がいたので「一瞬オールナイトニッポン0が始まったのかと思いましたよ(笑)」と言ったら失笑されました。

③背景に触れる

これも鉄板中の鉄板ですね。このオンラインでの商談になって唯一の手軽に変更できる場所、そう、背景。いじってくれ! と言わんばかりの背景を使っている人もいるので絶対触れていきましょう。押すなよ、絶対押すなよ、のダチョウ倶楽部ばりに押してほしいに決まっています。


めちゃくちゃ素敵な家からお届けしてますねーー

 


ドンキホーテ好きなんですねーー

 


ラジオ好きなんですねーーー

 


ご自分のこと好きなんですねー

 


お好きですねーーー

さいごに

以上、商談の時にやっているアイスブレイクについて書いてみましたが全然もっとやりようありますね。こんなアイスブレイクの方法やってるぜ! というみなさんのアイスブレイク方法があればぜひ参考にしたいので教えていただきたい!

それでは楽しい商談になるように引き続き精進して参ります。