1000本突破
1000本突破

新サウナ飯「ルーロー飯」ができるまで!こだわりポイントも紹介

ゆーちゃん

こんにちは、LAMPのキッチンで働くゆうちゃんです。

一昨年の年末にLAMPで働くために信濃町に移住してきて約一年半。五感や身体ぜんぶで四季の移ろいを感じられる、自然が美しいこの町が大好きです。

 

昨年10月頃に妙高山に登頂したときのものです。美しい……!

元々趣味として好きだった登山も、この町からだと登山口まで30分ほど。昨年のシーズン中は「北信五岳」といわれている、この辺りの独立峰5つを早速登りました!

さて、前置きが長くなりましたが、今回は山の話ではなくこんな大自然の中にあるサウナのあとに食べたら美味しいご飯を開発する話です。

サウナの後に食べる食べ物は何がいいかを考える

レストランでは現在、信濃町の季節の野菜を使った一品料理や生地から手作りしているアツアツのピザ、どどん! とボリューミーなお肉料理やラム肉を使った料理などがありますが、サウナのお客様に大人気なのはダントツ「ラム麻婆ご飯」


LAMP大人気メニューである究極のサウナ飯「ラム麻婆ご飯」1,200円(税込)

サウナ後の身体に羊の脂の甘さ、ピリッとしたスパイス感、濃いめの味付けのラム麻婆のルーが染み渡ります……。

こちらももちろんいいけれど、ラム麻婆の一人勝ちなのはどうなんだろう、と思う日々。ラム麻婆以外にもLAMPらしさがあって長野感もあって、食べながらサウナを思い出しちゃうような一品をわたしもつくりたい!

そんな想いから新メニュー開発はスタートしました。

調査開始

なにかヒントがないかなあと調査しに休憩中、サウナまで遊びに行ってみました。

あっ、小野ちゃんだ。

 

彼はサラマンダー小野、 通称おのちゃん。The saunaの火入れ職人です

聞いてみよう!

ゆうちゃんおのちゃん、天気いいね。最近のサウナはどうでしょう。

小野ちゃん:最近は季節も気持ちよくなってきて、外気浴が最高なんだけど、スターアニスを使ったロウリュが好評なんですよ。

ゆうちゃん:お! スターアニスロウリュ?


The saunaでは不定期ですがスターアニスロウリュをサービス中! 運が良ければ出会えるかも!?

小野ちゃん:そう。スターアニス、つまりスパイスの八角のアロマを使ったロウリュを不定期だけどしてて、結構お客さんからこの香りをかぐと中華料理や台湾料理食べたい〜なんて声もあがります。

これじゃん!

というわけで、スターアニスを使った台湾料理で自分が大好きな「魯肉飯(ルーローハン)」を作ることにしました。

魯肉飯とは
簡単に説明すると、台湾の屋台料理の定番で、肉そぼろや角煮などの甘辛く味付けし、八角などの香辛料で煮込んだお肉を煮汁ごとご飯にかけ、ザザっと漬物や煮卵などをトッピングした台北ローカルグルメです。

色んな国の食文化に元々興味があったので 家で作ったことは何度かありましたが、ここで自分的に3つのこだわりを持った、超本気レシピで挑もう思います。

超本気レシピのこだわり

こだわり①おいしいお肉使う

長野県はおいしい食材が豊富ですが、移住して特に美味しいと感じているのが長野県産の豚肉

甘みがあって、くどくなく、移住して以来スーパーでも長野県産の豚肉しか買わなくなりました(お値段もこっちだと手頃に感じます)。

今回は、長野県産の豚バラ肉を分厚めにスライスし、スプーンでもかきこめるように短冊切りにしたものを使うことにしました。

レストランでは原価などを考える際、国産をつかうか輸入を使うかというのはかなりシビアなポイントなのですが、今回はそういうの考えるのやめます。美味しいの作ろう。そうしよう。

こだわり②スターアニスをいっぱいいれる

キーワードでもあるスターアニス(八角)。ご存知の方もそうでもない方といるかと思いますが、写真のような形をしたスパイスで独特な香りがします。

いわゆる、台湾料理によくある甘くてちょっとエキゾチックな香りがします。強い芳香なのでなかには苦手な方もいますが、ヨーロッパや地中海沿岸では「アブサン」や「パスティス」などアニスを使ったお酒が嗜まれていたりするなど、世界的に馴染みのあるスパイスです。


スターアニスはこんな形のスパイス。別名八角。可愛いですよね!

食わず嫌いな方も多いかもしれませんが スターアニスは実はLAMPの人気デザート「本気プリン」にも使っていて、甘い香りを引き立たせて頑張ってくれてます。嫌いな人も気づかないうちに食べてるかもしれません! そんなスパイスです。

今回はこちらもふんだんに使うことにします。

こだわり③長野といえば野沢菜

自分が今まで食べてきた魯肉飯は、トッピングに茹でたチンゲン菜が乗っていたり、たくあんが乗っていたり、白髪ネギが乗っていたりなど、いろいろと見てきました。

しかし、今回は長野県らしく野沢菜漬けを乗せちゃおうと思います。程よい酸味と少しのツンが絶妙なバランスです。野沢菜が漬け乗ってる魯肉飯なんて初めて食べますよね?

トッピングの煮卵もつけダレにアニスを効かせておきます。

そんなこんなで頭をフル回転して手を動かし試作してたら……。

できた……!

おお、我ながらめちゃくちゃうまそうだ。

完成

小野ちゃんに試食してもらおう。

ゆうちゃん:おのちゃん、できたよ! 食べてみてほしい。

 

小野ちゃん:おーーー! いいじゃん。食べていいの? いただきます。

(小野ちゃんはいつもとても礼儀正しい)

 

小野ちゃん:どれどれ……。

 

小野ちゃん:・・・うまい!味が濃いめなのサウナ後もいいね。野沢菜も乗ってて嬉しい。

 

ゆうちゃん:煮卵もアニスに漬け込んだから食べてみて〜。

小野ちゃん:たまごもね。どれどれ

 

小野ちゃん:うわ、うまいこれ。アニスの香りが思い出して、整いそう……!

ゆうちゃん:(ホッ……よかったよかった)

狙い通りの言葉が出たところで、ゆうちゃん渾身の魯肉飯はLAMPのレストランでデビューし、ディナータイムにて食べられます!


ルーロー飯:台湾料理豚バラ煮込みご飯、煮卵 野沢菜付き 1,400円(税込)

ぜひ、The saunaで最高のサウナ体験をして、ルーロー飯を食べて、至福のひとときを過ごしていただきたいです。

ゆうちゃんはキッチンにいつもいるので、感想をいただけたら嬉しいです!