ナイルさまイベント
ナイルさまイベント

BizMakeのココが良い!同時編集機能編

しもん

こんにちは! BiTT事業部でブリッジSEをしている、しもんです。

前回に引き続き、Web上でアイデアを整理できるサービス「BizMake」のおすすめポイントをご紹介していきます。

▼第一弾、「BizMakeのここが良い!ホワイトボード機能編」はこちらから。

BizMakeはLIGが開発を支援したサービスでもあります。LIGの開発支援については下記の記事をご覧ください。

今回のテーマは、BizMakeの一機能である「同時編集機能」です。複数人での同時編集ができれば、オンラインのMTG中などにリアルタイムで参加者全員のアイデアをまとめることができます。いまのご時世には必須といってもいいほどの便利な機能です。また開発目線の話になりますが、実は「同時編集機能」の開発は難易度が高いんです(笑)。個人的な思い入れも強いので、ご紹介させてください。

 

BizMakeとは
BizMakeサービスサイトへ
BizMakeは、約20種類あるフレームワークを活用して、Web上でビジネスにおけるアイデアや考え・戦略などを整理できるサービスです。

同時編集機能とは


同時編集とは、複数人のユーザーが一つのファイル(対象物)に同時にアクセスして、作業を行えるというもの。Googleのスプレッドシートやドキュメントなどが想像しやすいかと思います。

この同時編集機能が、BizMake内にある約20種類のキャンバス(フレームワーク)と、以前紹介させていただいたホワイトボードでも使用することができます。

使用手順

キャンバス編

同時編集したい際は、ヘッダー下の緑色のバー内の右に位置している「キャンバス共有ボタン」から編集可能なリンクを取得可能です。一緒に編集したいユーザーへリンクの共有をすれば、同時編集が可能になります。

ホワイトボード編

ホワイトボードも同様で、「ホワイトボード共有」ボタンを押すと共有リンクが生成されます。このリンクをチームメンバーなどに共有すると、同時編集が可能となります。

参照・編集可能

共有の権限も設定でき、参照のみ編集可能を選択可能です。

参照のみ 共有リンクを受け取ったユーザーは閲覧のみ可能となり、編集はできません。
編集可能 共有リンクを受け取ったユーザーは閲覧はもちろん、編集も可能となります。

利用シーン

同時編集機能により、リアルタイムで多人数と編集・操作ができるようになったことで、よりオンラインでの話し合いや決めごとがしやすくなります。

  • チームで新しいアイデアや構想を練ったり考えたりするとき
  • オンラインMTGでの議事の記録に
  • オンラインワークショップを開くとき
  • etc…

その他にもたくさんの利用シーンが考えられると思います。自分なりの使い方を探究し、ビジネスに生かせたらよりベターな使い方ができるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、第二弾として「同時編集機能」について書かせていただきました。ぜひ使って、試してみてほしいなと思います!

無料で試してみる