LIGのメルマガ、はじめました!
LIGのメルマガ、はじめました!
2020.10.05

本物の権威は擦り寄ってこない。田中ラオウが考える「イラストをタダで描いて」と言われたらどうすべきか問題。

田中ラオウ

うぬらこんにちは!画家の田中ラオウです。

今日はイラストやデザインを制作する人なら誰もが一度や二度は経験があると思われる、タダで(または極端に安く)描いてほしいと言われたらどうすべきか問題について、僕なりの考えをお伝えしたいと思います。

結論

断っていい。
無料や極端に安く描いてほしがる人はよく「次の仕事に繋がるから」、「宣伝になるから」というようなことを言ってくれるんですが、ほとんどの場合、期待するような結果には繋がらないです。

だって今まさにイラストやデザインに金をかけるもんじゃないって思ってる人が今後いい仕事を振ってくれるわけなくないですか?

よく誤解されていることがあるんですが、いくら人目につく場所に自分の絵が展示されたとしてもそれだけで仕事に繋がることはほぼないです。

例えばたまたま立ち寄った施設の壁に素敵な絵が描いてあったとします。その絵も含めて「良い雰囲気の空間だなぁ」と思うことはあっても「この絵は素晴らしい!自分のところにも描いて欲しい!作者はどなたですか?」となる確率はとても低いです。

訪れたレストランに座り心地が良い椅子があったとしても「自分の家に同じものを置きたいので製造メーカーを調べる」までやる人がほとんどいないのと同じです。

ポートフォリオに入れる実績として、自分がやりたいと思えるならやると良いと思います。ただ、声をかけてくれた人に絵を渡すだけで他の仕事が舞い込んでくる未来を期待するのは間違いです。

仕事に繋がるような本物の権威


僕は絵で食えるようになりたかったのでカリカチュアの世界チャンピオンになろうと思いました。

世界大会の運営会社が「大会で絵を描いてくれませんか?賞金は出ないんですけど優勝したら名声を得られて仕事にも繋がりますよ」なんてわざわざ言ってこないです。

世の中本当に権威があるものは向こうからは絶対に擦り寄ってこないです。

どうするべきか


大切なのは「自分から応募する」ということです。僕はタダで描く絵はコンテストのようなものだと思ってます。

結果が出たら自分の理想の絵描きに一歩近づけるようなものこそトライする価値があります。その依頼に応えることで自分の絵描きとしての格が上がったり、やりたい仕事に近づけるかどうかを考えると良いかと思います。

仕事がないと焦るし、少しでも顔を売るために藁にもすがるような気持ちになるのはよくわかります。でも漠然と絵の仕事がほしい、この依頼をやっといたら絵の仕事が増えるかも、という受け身の姿勢では本当の評価は得られないんじゃないかな、と僕は思うんです。

理想に近付くためには自分からしかるべきところにお願いして描かせてもらうくらいの積極性を持った人だけが理想に近付いていけます。

タダで絵を描くべきじゃない、と言ってるわけではありません。

タダで絵を描く相手は自分から選ぶべきだ、と言っているのです。

仕事につながる応募の例

こちらの記事で紹介したデザイナーさんの仕事の取り方は、まさに「自分から応募する」というやり方です。


憧れの人に自分の作品を見せることに対して、自分なんかがおこがましい、と遠慮することはありません。誰でも有名になるまでは無名だからです。

無視されても落ち込む必要はありません。プライドが傷つかない環境に成長はないからです。

技術のプロになるということは自分の全力が全く通用しない、という経験の繰り返しです。めげずに自分を応募し続けて道を切り拓いた人がいずれ求められる人になるんだと思ってます。

僕は漫然と誰かが気づいてくれないかな、という待ちの姿勢で成功した人を見たことがありません。何をどのくらいの熱量でやりたい人なのかが周りに伝わらないからです。

SNSである日突然作品がバズった人も、注目されない間もずっと作品を制作して投稿し続けていたはずです。

自分のやりたい方法で自分を応募し続けた人が理想に近づいていきます。自分を応募することをやめた瞬間から、衰退が始まります。

オリンピックを目指しているスポーツ選手だって、練習場でひたすらクオリティを高めるだけではオリンピックには行けません。しかるべき大会に自分からエントリーして結果を出していかないと、どれだけ能力が高くても辿りつきません。

エントリーしたのに通用しなかった、という経験をしてない成功者はいません。認めてもらえなくても応募し続けた人が結果を出しています。

遠慮がちなせいで技術を利用されて、摩耗していく若い絵描きが少しでも減るといいな、と思いこの記事を書かせていただきました。

アートでオフィスや店舗を華やかにしませんか?

いいオフィス上野の壁画

LIGアート事業部では壁画制作のご依頼、絵画の販売を承っております。在籍画家による絵画作品はこちらからチェックできます!

こんなことを叶えます!
  • オフィスで・・・会社のシンボルをつくりたい、雰囲気を明るくしたい、集中できる環境づくりをしたい
  • 飲食店やショップで・・・道行く人の目を引きたい、お店を華やかにしたい
  • プライベートでも・・・自宅で毎日アートに触れていたい、アートで癒やされたい

賃貸でも制作可能な場合もございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

アート事業部へのお問い合わせ