セブではたらく(インターン)
セブではたらく(インターン)
2019.11.15
LIG PR

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

LIGブログ編集部

こんにちは! LIGブログ編集部です。

業界やメディアを問わず、数々の成功事例からなにかと話題の動画マーケティング。
挑戦したい思いはあるものの、何から手をつければ良いかわからない……そんなお悩みはありませんか?

動画コンテンツが身近になったいまだからこそ、自社でも動画を用いたマーケティングを始めてみたい。そう考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、目的や効果をきちんと把握したうえで適切な方法を取らなければ、動画マーケティングを成功に導くのは難しいものです。こちらでは、動画マーケティングの効果と、成功のカギである動画制作の方法などを解説していきます。

【関連記事】

【動画作成ツール】
AIによる自動動画編集機能搭載!最短3分での動画作成ツール「VIDEO BRAIN




(※この記事は株式会社オープンエイトの提供でお届けします)

動画マーケティングとは

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例
動画マーケティングとは、映像を用いたコンテンツによって、商品やサービスに対する顧客の関心を高めることを目的としたマーケティング手法です。

動画は、テキストよりも情報が伝わりやすく、拡散されやすいのが特徴です。そのため、マーケティングに動画を用いることで、より幅広い層に向けて自社商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられます。

現在はWi-Fiの利用範囲拡大など通信環境が整備されたことによって、データ通信量を気にすることなく動画を楽しめるようになっています。また、YouTubeやInstagramといった、動画コンテンツを拡散しやすいSNSの普及も進んでいます。これらの要因が後押しし、動画マーケティングは効果的な手法のひとつとして、注目度を増しているのです。

動画マーケティングの目的

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

動画マーケティグはいまや多くの企業で取り入れられています。その理由は、実施によって目的を遂行できているからに他ありません。動画マーケティングを行う主な目的には、以下の3つが挙げられます。

  • 周知・認知度をUPさせる
  • 商品やサービスの魅力を伝える
  • 商品購入・売り上げUPにつなげる

それぞれの目的について、詳しく解説していきます。

目的1.周知・認知度をUPさせる

動画マーケティグを行う目的の一つ目は、認知度をアップさせる周知です。
どんなに優れた商品やサービスを提供していても、それを顧客に見つけてもらえなければ意味がありません。ひと目で商品の特徴がわかるような動画をマーケティングに用いることで会社や商品、サービスの認知度を飛躍的に高められます。

また、動画は拡散されやすい特性も備えているため、インターネットやSNSを通じて見つけてもらえる確率が上がることからも、周知を進められるのです。

目的2.商品やサービスの魅力を伝えイメージUP

動画マーケティグを行う目的の二つ目は、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられることです。
動画には、テキストで伝えるのが難しいイメージや雰囲気などを伝える力があります。商品を使って問題を解決している様子や、サービスを利用して恩恵を受けているシーンを動画にすることで、魅力を的確に伝えられます。

さらに、商品やサービスの使用方法を動画で解説することは、視聴者の理解度を高めることにもつながります。理解度を高めることで、より商品やサービスに魅力を感じられるようになるのです。

目的3.商品購入・売り上げUPにつなげる

動画マーケティングを行う三つ目の目的は、商品購入や売り上げアップにつながることです。
動画で商品やサービスの魅力を伝え、使用方法を解説して、顧客自身が使用しているところをイメージさせることで、購入意欲が促進されます。

実際に、商品紹介動画を視聴したグループと視聴していないグループの比較調査を行ったところ、動画を見たグループは見ていないグループに比べて約10倍も購入意欲が高かったという結果もあるほどです。動画マーケティングは、商品の購入や売り上げアップを促進するのに適した方法であると考えられます。

動画マーケティングの効果

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

多くの企業が動画マーケティングを取り入れる目的は、商品やサービスの認知度を高めて魅力を伝え、購入を促進することです。では具体的に、どのような効果が期待されるのでしょうか?
動画マーケティングの効果としては、以下の3つが代表的なものとして考えられます。

  • SNSを経由して幅広い層へ波及する広告効果
  • SEOの評価が上がりやすい
  • コンバージョン率UPにつながる

ここからは、動画マーケティングによって得られる効果を確認していきましょう。

効果1.SNSを経由して幅広い層へ波及する広告効果

一つ目の効果は、SNSでの拡散による露出拡大です。

スマートフォンやタブレットが広く普及し、さらにWi-Fiをはじめとする通信インフラの整備が進んだことにより、ユーザーが動画広告を目にする機会は大きく増加しました。また、動画を気軽に見られるYouTubeやInstagramといったSNSが普及したことで、動画コンテンツが再生されやすくなったのです。

SNSユーザーの年齢層は幅広く、魅力的な動画広告を投稿すると、視聴者の手によって拡散されて多種多様な層の目に留まります。場合によっては、自社でも予想していなかったほどの広がりを見せ、高い広告効果をもたらすこともあります。

効果2.SEOの評価が上がりやすい

動画を自社のWebサイトやランディングページに設置することで、SEOの評価が上がる効果も期待できます。これはGoogleの検索エンジンが、動画にはコンテンツとしての価値があると認めているからです。

しかし、Googleは動画の中身をチェックして評価をしているのではありません。Googleがチェックしているのは、動画に付随するテキスト情報です。そのため、動画のタイトルや説明文、タグといったテキスト情報に気を配る必要があります。ユーザーが検索しているキーワードをテキスト情報に含め、求めている情報と内容が一致する動画をWebサイトやランディングページに設置することで、検索エンジンでの評価が上がりやすくなります。

効果3.コンバージョン率UPにつながる

動画マーケティグには、コンバージョン率をアップさせる効果もあります。
コンバージョン率とは、Webサイトに発生したアクセスのうち、どれほどの割合で成果(=コンバージョン)につながったかを示す数値のこと。つまりランディングページでは、最終的な成果である商品の購入やサービスの申し込みにつながった割合がコンバージョン率です。コンバージョン率がアップしたということは、それだけ購入や申し込みの数が増え、売り上げアップにつながったことを意味します。

ランディングページに動画を設置することで、商品やサービスの魅力がテキスト情報よりも早く、わかりやすく伝わります。その結果、ユーザーの購買意欲を高められ、購入や申し込みにつながるのです。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

動画ならではの拡散力や情報伝達力を利用することで、あらゆるマーケティング効果が期待できるとわかりました。続いて確認しておきたいのが、動画マーケティグのメリットです。動画を用いることのメリットについてはこれまでも少しずつ触れてきましたが、ここで改めて動画マーケティングのメリットを詳しく見ていきましょう。

文字で伝えるより短時間で多くの情報が伝わる

動画は、テキストや静止画に比べて圧倒的に多くの情報量を短時間で伝えられます。動画は静止画の5000倍もの情報量が伝わる、1分の動画で180万字の情報を伝えられるといわれているほどです。

例えば、文字で書かれたレシピを読むだけではなかなか手順を理解できなかったとしても、実際に料理をしている動画を一度見れば、大まかな手順が把握できるでしょう。このように、ただ文字を読むだけのときに比べると、一度動画を見たときの方が短時間で情報を明確につかめるのです。

視覚に訴えかけられるため魅力が伝わりやすい

動画は視覚に訴えることで、魅力を適切に伝えられます。

会社や商品、サービスなどの魅力をすべて言葉で的確に表現するのは、とても難しいものです。しかし、ときには言葉で伝えることが難しいイメージや雰囲気、ニュアンスの違いなどを伝えたいこともあるでしょう。

一方、動画は文字だけでなく、アニメーションや実写映像などを用いることで、抽象的なイメージであっても伝わりやすいという特徴があります。一度動画を見ただけでも強く印象に残せるため、視聴者が商品やサービスのことを思い出すきっかけを増やし、継続的に魅力を伝えることにつながるのです。

SNSでの拡散で期待以上の広告効果の可能性も

動画は、拡散によって予想していた以上の広告効果を生み出す可能性を秘めています。動画は再生されやすく、また拡散もされやすいコンテンツです。視聴者が面白い、魅力的だと感じた動画は、SNSで拡散されることで多くの人の目に留まります。

インターネット上の口コミにより爆発的に話題が拡散されることは、「バズる」と表現されます。動画は拡散されやすいのでバズりやすく、大きな広告効果につながることがあるのです。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

このように動画マーケティングにはさまざまなメリットがあるため、すぐにでも取り入れたくなるものです。しかし、場合によっては動画マーケティングがデメリットとして作用してしまうこともあります。メリットだけでなくデメリットも確認したうえで、動画マーケティングの導入プランを練りましょう。

自社に動画制作できる人材がいない

自社に動画制作できる人材がいないことは、動画マーケティングの大きなデメリットになり得ます。一般的に新しいことを始めるときは、経験者がいないとなかなか始めの1歩を踏み出せないものです。それは、動画マーケティングも例外ではありません。

社内に動画制作の知識やノウハウを持った人材がいなければ、動画マーケティングをプランニングするにも何から始めれば良いかわからなくなりがちです。また、これは自社で動画制作をするときだけに起こる問題ではありません。制作会社へ外注する際にも的確な指示を出せないため、満足できる動画ができず、マーケティング効果が得られないこともあります。

企画・撮影・編集など完成までに時間がかかる

動画制作は複数の工程を踏む必要があり、完成までに時間がかかります。なるべく早くマーケティング効果を得たい場合には、時間がかかることがデメリットとなってしまうこともあるでしょう。

一般的に動画制作は、おおまかに以下のような流れで行われます。

  • 動画制作の方向性を決める
  • 企画・構成作成
  • 撮影
  • 編集

これらすべてが完了して納品されるまでにかかる日数は、作る動画によって大きく異なります。基本的には数週間〜数カ月かかるものと考えるのが良いでしょう。

制作会社に依頼するとコストが高くなる

自社で動画を作るのではなく制作会社に依頼をすると、コストが高くなる傾向にあります。動画制作には、以下のような費用がかかります。

  • 人件費
  • 企画構成費
  • 撮映費
  • 編集費
  • 納品費

動画撮影にどれほどの人数を必要とするか、撮影場所にかかる費用がどれくらいかなど、条件によって制作費は大きく変動します。また、制作会社が何を重視しているかによって、見積もりに大きな幅が出るのも動画制作の特徴です。相場でいうと、安くても数十万円かかると考える必要があります。十分な予算を確保しなければならないことは、動画マーケティングのデメリットになり得るのです。

動画マーケティングの手法

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

ただ動画を作りさえすれば動画マーケティグは成功するのかというと、そうではありません。動画マーケティングにはいくつも考えなければならないポイントがあり、成功させるためには適切な手法を講ずる必要があります。ここからは、動画マーケティングの手法を詳しく確認していきましょう。

①動画の企画をする

まずは、制作する動画の目的を企画段階できちんと決める必要があります。集客のための動画なのか、企業のPRに使用する動画なのか。目的が変われば、作るべき動画がどのようなものか見えてきます。

動画の目的が決まったら、内容の企画を練ります。その目的を達成するために適切なのは、イラストやキャラクターを用いたアニメーション動画なのか、それとも人物や風景の撮影を行う実写動画なのか。また、動画に起用する人物は社員なのか、インフルエンサーなのかなど、決めるべきことはいくつもあるのです。

これらはすべて、目的から逆算して考えるものです。目的が決まってからそれに合わせた内容の動画を作ることになるので、目指すべきゴールは最初から明確にしておきましょう。

②目的に合わせた内容の動画を制作

動画を作る目的を決めたら、どんな種類の動画を作るかを決めましょう。主な動画の種類には、以下のようなものがあります。

  • 集客動画
  • ブランディング動画
  • コンバージョン獲得動画

集客動画は、自社のWebサイトやランディングページに見込み顧客を集め、必要な情報を届けることで自社に興味を持ってもらうことを目的とした動画です。ちょっとした知識を伝えるハウツー動画などが適しています。

ブランディング動画は、企業の信頼性を高めて商品やサービスのイメージアップにつなげたり、採用に活かしたりする動画です。商品の開発秘話や社風を伝えるストーリー動画などが該当します。

コンバージョン獲得動画は、商品の購入やサービスの申し込みなどにつなげるための動画です。主にランディングページに設置し、顧客の行動を促します。商品の使い方やサービスの申し込み手順を解説する説明系動画が代表例です。

③動画を公開する場所の選定・公開

制作した動画をどこで公開するのか、場所を決めることも重要です。

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 自社公式Webサイト

SNSで動画を公開するときは、多くの場合広告として出します。画面いっぱいに表示されるInstagramのストーリー広告、音声不要で再生されるFacebook広告など、使用するSNSによって広告の形は異なります。SNSには高い拡散力があるので、ブランディング動画など多くの人の目に触れさせたい動画はSNSを使用するのが良いでしょう。

一方、SEO対策で閲覧ユーザーを増やしたい場合や、企業に興味を持った方にさらに自社のことを詳しく知ってもらいたい場合には、自社のWebサイトで動画を公開するのがおすすめです。

動画マーケティングの活用事例

ひとくちに動画マーケティングといっても、その種類はさまざまです。目的に合った種類の動画を制作し、適した場所で公開することが求められます。実際に動画マーケティングを活用している事例を参考にしながら、どんな目的でどのような動画を作っているのかチェックしてみるのがおすすめです。

ここでは、以下の3つの会社の例を参考にしてみましょう。

  • SK-Ⅱ―P&Gプレステージ合同会社(集客)
  • 新大手町サイト―株式会社ブロードバンドタワー(ブランディング)
  • 人事労務freee―freee株式会社(コンバージョン獲得)

活用事例①SK-Ⅱ―P&Gプレステージ合同会社

一つ目の活用事例は、ハイブランドのスキンケア製品で有名なSK-Ⅱの広告動画です。「SK-Ⅱフェイシャルトリートメントオイル」の商品紹介と、実際に使い方を伝えるハウツーの要素が詰まった動画をYouTubeに投稿したものです。

モデルには、チャンネル登録者数90万人以上(2019年10月時点)の人気YouTuberである佐々木あさひさんを起用。メイクアイテムの紹介動画やメイクの仕方を説明するハウツー動画を配信しているYouTuberを起用することで、ファンが違和感なく広告動画を見られるよう工夫しています。人気YouTuberを起用し名前での検索流入を図ることで、商品の周知度をアップさせているのもポイントです。

SNSに動画広告を出す場合は、こちらのように広告感が薄い自然な動画にすることで、視聴数アップにつながります。また、商品を見るだけではわからない使い方や使用感を紹介すると、視聴者自身がその商品を使うイメージを持ちやすく、購入されやすくなります。

活用事例②新大手町サイト―株式会社ブロードバンドタワー

二つ目の活用事例は、株式会社ブロードバンドタワーによる新世代データセンター「新大手町サイト」の紹介動画です。データセンター内の受付モニターで流すための動画として作られ、来訪者が会社の特徴や雰囲気をつかめる内容になっています。

通信業界の歴史を辿ったうえで自社の強みを主張することで、ブランディングにつなげているのが特徴です。通信業界の発展に自社がどれほど貢献してきたか、そして今後どのような強みを活かしてどう貢献していくのかを伝えることにより、信頼性を高める効果が発揮されています。

動画は不特定多数に拡散されやすいことがメリットですが、この動画のように自社に興味を持って来訪した方に対象者を絞ることで、よりニーズに合った動画を制作することが可能です。

活用事例③人事労務freee―freee株式会社

三つ目の事例は、freee株式会社のサービスである「人事労務freee」の紹介動画です。まず給与事務担当者にありがちな悩みを紹介して視聴者の共感を得て、その後その悩みを解決できるサービスを紹介することで、購買意欲を高める効果が期待されます。

実際に「人事労務freee」を導入することで、「誰に」「どんな」利益があるのかをアニメーションでわかりやすく伝えているのが特徴です。1分半という短い動画にしたことで、対象者である忙しい給与事務担当者もサッと見られるというメリットもあります。

硬くなりがちな業務のツールを紹介するときは、この動画のように軽快な音楽やアニメーションを用いる方法が効果的です。テンポよく紹介することで硬さを感じさせず、サービスのメリットを短時間で効率的に伝えられます。

動画制作の方法

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

自社でも動画マーケティグを取り入れようと思ったら、まずはどのように動画を作るか決めなくてはなりません。動画マーケティングに用いる動画は、主に以下の3つの方法で制作できます。

  • 動画制作会社に依頼する
  • 自社で制作する
  • 動画編集サービスを活用する

それぞれの特徴を確認したうえで、自社に合う方法を選択しましょう。

動画制作会社に依頼する

動画広告によって高いマーケティング効果を得たいのであれば、動画制作会社に依頼するのが手っ取り早い方法です。自社に動画制作ノウハウを持った人材がいなくても、プロに依頼すればクオリティの高い動画を作れます。ただし、撮影費や人件費といったコストがかかるため、自社で動画を制作するよりも高い費用が必要とされます。

動画制作会社を選ぶときのポイントは、以下のとおりです。

  • 適切な予算を設定しているか
  • 十分な実績があるか
  • 自社の目的を汲み取った提案をしてくれる
  • スムーズな進行をしてくれるか

安価な見積価格を提示してきた制作会社を考えなしに選ぶと、マーケティング効果が思うように得られないことがあります。また、広告動画制作実績が多い会社は、自社の目的を汲んだ提案経験も豊富なので、実績も会社選びの選択肢といえるでしょう。

自社で制作する

自社で動画を制作すれば、制作会社に依頼するよりも費用を安く抑えられます。最低限の撮影機材やソフトウェアなどをそろえれば、自社で動画を制作することも不可能ではありません。

しかし、やはり自社に動画制作ノウハウがなければ、納得のいくクオリティの動画を作るのは難しいでしょう。さらに、動画制作には制作工数がかかるので、慣れているプロに依頼した方が結果的に時間がかからなかったというケースも考えられます。

動画編集サービスを活用する

VIDEO BRAINページのスクリーンショット

動画制作のノウハウがなくても、自社で手軽に動画編集を行えるサービスがあります。そのような便利なサービスを活用するのも、ひとつの方法です。「VIDEO BRAIN」をその一例としてご紹介します。専門知識が必要とされず、手軽&簡単、スピーディーな動画編集が叶えられます。

「VIDEO BRAIN」は、1万本の動画制作と数億回の再生実績をもとに独自開発された、クラウド型AI動画編集ツール。写真やテキストなどの素材を入稿し、動画の秒数やサイズを選んで作成開始のボタンをクリックするだけで、AIが一連のシーンを構成してくれます。AIサポートの他にももちろん自身で編集する機能もベースとしてあります。

様々なエフェクトやフォーマットを組み合わせると3万通りのデザインを実現できるので、こだわりの画像編集も可能。操作方法が簡単なので、専門知識がなくても手軽にクオリティの高い動画を制作できます。高い予算を支払って制作会社に依頼することを避けたい場合にも適しており、自社で動画を制作できるメリットがあります。同時に、たくさんの工数を踏まなければならず手間がかかるという自社制作のデメリットも解消してくれます。

こうした動画編集サービスの活用により、ノウハウのない企業でも自社制作が可能となります。手間をかけずにマーケティング効果の高い動画を制作したいと考えているのであれば、ぜひ検討してみてください。

VIDEO BRAINの詳細を見てみる

まとめ

動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

動画マーケティングは、多くの情報を素早く伝えて関心を高め、自社のブランディング向上や商品の購入率アップにつなげられる手法です。動画によってどんな目的を達成したいのかを考え、動画の種類や公開場所などを適切に選ぶことで、高いマーケティング効果が期待できます。

いまでは便利なサービスを活用することで、自社制作でもクオリティの高い動画を作れます。目的に合わせた動画を作り、動画マーケティングを始めてみましょう!