セブではたらく(インターン)
セブではたらく(インターン)
2019.09.15

個人的に好きな椎名林檎の神曲ベスト10

なお

こんにちは。LIG2年生のなおです。

あれ、見覚えのあるタイトル……と思った方。LIG通ですね。

メディアディレクター のころものMr.Children神曲記事

を見て、良いなぁ。わたしも書きたいなぁと思いました。

今回は椎名林檎(たまに東京事変)の曲を勝手にランキング形式でご紹介します。

小・中学生のときはただ聴いたりカラオケで歌うだけだったのですが、高校生になってコピーバンドをやるようになりました。バンドでピアノ担当だったわたしは、難しくて半べそかきながら練習しておりました……。今回の記事を書くにあたりいろいろな曲を聴き直したのですが、スタジオにこもって一人で練習していた当時を思い出しました。青春!

さぁそれでは、今もなお進化し続ける林檎さまの魅力もお伝えしながら、曲もご紹介します!

10位:「茎(STEM) ~大名遊ビ編~」

2003年にリリースのこの曲。実は椎名林檎さま、ショートフィルムを出しているのですが、そのときの主題歌ですね。PVには作中の映像が多く使われています。

俳優の大森南朋さんや小雪さん、小林賢太郎さんが出演している豪華な作品なのですが、正直何度みても、作品の意図はわかりませんでした……悔しい……。ただ大正ロマン感あふれる映像美でして、それが凝縮されているこのPVは一度見ていただければなぁと思います。

PVは英語ですが、日本語版含め4バージョン存在するこの曲。どのアレンジも素敵なので、よければ探してみてください。

余談ですが出演されている小林賢太郎さんが、後日この映像の前日談になる物語を舞台化されております。こちらもとても魅力的です。

9位:「正しい街」

99年発売のアルバム『無罪モラトリアム』に収録された1曲。「丸の内サディスティック」をはじめ、名曲揃いのアルバムです。この曲は10代の林檎さんが故郷の福岡や恋人のことを想って歌っていたのかなと妄想しています。

なんて大それたことを夢見てしまったんだろう
あんな傲慢な類の愛を押し付けたり
都会では冬の匂いも正しくない
百道浜も君も室見川もない

歌手になる夢を叶えるために東京に出てきたこと、後悔するくらいこの恋人のことが好きだったのかなぁとか。わたしは出身が東京なので、上京する人の気持ちはわからなかったのですが、この曲を聞くとすごい大きな決断なんだなって思わされます。

8位:「流行」

RHYMESTERのMummy-Dさんが客演で参加している楽曲。そしてこの曲のおかげでRHYMESTERを聴くようになりました。今まで聴くことのなかったHIPHOPを好きにさせてくれたきっかけの曲でもあります。

女性は流行に流されたり、好きな男性の好みに合わせてしまったりすると、個性がなくなってしまう……と歌っているんだと思います。

もう忘れてしまったんでしょ
剥いだ裸の素材 君が造った女
今じゃ会ったってハヤらない
感傷が誘なうより早い私の気分を喰らい
代用を仕立て上げて さようなら名プロデューサー

好きな男性にとっての理想の女性でいたいのは女性共通ですよね(ですよね……?)。でもそれだけになると流行と同じく自分の個性はなくなってしまうし、難しい…。

この歌詞の女性のように、自分の好みの女性に仕立てたいなら他の人にして、って言える女性になりたい。名プロデューサーは相手(男性)のことなのかしら。

7位:「17」

ぜんぶ英語歌詞のこの曲。わたしは学生時代に救われました。林檎さん自身も17歳のときに書いたからか、英語もシンプルでかわかりやすくって、心にストンとおりてくる。

i see the same faces in school & they say that i am different
i think it’s an honour
i say it’s an honour to B diffrent
i can’t go their way
学校には似たようなやつしかいない
みんな私がおかしいと言うんだけれど
それは勲章だと思ってる
みんなと違うのは、誇らしいんだって
あいつらみたいには生きれないよ

思春期になって周りと違う、溶け込めない人にとても勇気を与える曲なんじゃないでしょうか。わたしは”とっても変わり者”という部類ではなかったけど、やっぱり学校で過ごすと辛い時期もあって。そんなときはこの曲を聴いて勇気づけられていました。

6位:「スーパースター」(東京事変)

聴くと毎度泣きそうになるこの曲。

野球のイチロー選手を思って創られた1曲。イチロー選手、スーパースターといわれることは好きではなく、むしろ嫌いだったようです。でも私のスーパースターという、林檎さんにとってのスーパースターという表現は嬉しかったようです。

明日はあなたを燃やす炎に
向き合うこゝろが欲しいよ
もしも逢えたときは誇れる様に
テレビのなかのあなた
私のスーパースター

わたしにとってのスーパースターである椎名林檎さんには、LIVEでない限り会えることはきっとないでしょう。でももし会えることがあれば、胸を張って「ファンです!」といえるような人間になっていたいです。

5位:「殺し屋危機一髪」

SOIL & “PIMP”SESSIONSとコラボした曲。ジャズ好きじゃなくても、ハート撃ち抜かれたのではないでしょうか。

彼らの楽曲というだけでセクシーになること必至なのに、歌詞が……もう……格好良い。

噂通りの甘い罠 まるで生き殺し
懐こくされるのは ー致命傷ー

はーっ。ダメンズに惹かれやすい女性、心当たりがあるんじゃないでしょうか。

女はいつだって間はないわ
愛さないのならば殺すまで

全然間あっちゃうんですけど、これくらい強くなりたい。

ライブも素敵……。

4位:「某都民」(東京事変)

ギターの浮雲さん、キーボードの伊澤一葉さんと三人でリードボーカルを回していくこの曲。アダルティックな歌詞が目立つので、学生時代は少し照れながら聞いていました。大人になったらこういうふうに東京を楽しむのかな、ふふっ……て思っていたのですが、なかなかないものですね。

三人の色気ダダ漏れかつ、亀田師匠のベースソロで合法的に飛べるって感じがします。

ライブ版はさらにお色気むんむんです。よければDVDもどうぞ。

3位:「長く短い祭」

最近の林檎姉さん、いろんな男性歌手とコラボしていますが、元東京事変のギターリストである浮雲さんをチョイスするのって……ファン歓喜でした。

命を夏の短さにたとえたこの曲ですが、楽しいのに儚くって、盛り上がるようで切ない……そんな雰囲気が大好きです。

人生なんて飽く気ないね
まして若さはあつちう間
今宵全員が魁、一枚目よ

わたしもわたしという人生の中では主役なことを思い出しました。とくに

一寸女盛りを如何しやう
この侭ぢや行き場がない
花盛り色盛り真盛りまだ

いま20代半ばで、いわば女盛りな年齢にさしかかっていると思うのですが、なーんかいろいろモヤモヤして行き場がないなって思います。でも人生は短いんだもんね、楽しもうっと。

一緒に歌っている浮雲さんこと長岡さんは、ペトロールズというバンドでもカッケくギター弾いたり歌ったりしているので、このPVでメロメロになった人はぜひ。

2位:「丸の内サディスティック」

はーい。もう大人気の曲! 最近じゃ英語verが演奏されることが多いですが、どのアレンジでも艶やかでjazzyで色気だだもれなんですよね。90年代の曲を時代に合わせて、自分に合わせて昇華するの、すごい素敵。

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

音楽が好きな人からすると有名ですが、ベンジー=浅井健一さんという林檎さんが敬愛されているギターリストの方で、その方が使っているギターがグレッチなんですよね。尊敬しているものを歌詞に紛れ込ませるの、本当セクシー。

ちなみに一時期、「この曲を聴きながら丸ノ内線に乗ると、駅名が出てきたときにその駅にちょうど停車する」というデマがながれていました。3分で東京→御茶ノ水→銀座→後楽園→池袋なんて回れるわけないのに、信じていましたね。笑

neetskills REMIXというYouTubeで人気だったアレンジをご本人が先日テレビで採用されていたのですが、まだこれからも先違うアレンジが生まれることもあるんだろうなあと思うと、ワクワクします。

1位:「人生は夢だらけ」

大人気・丸の内サディスティクを抑えて個人的1位なこの曲。CMで高畑充希さんが歌うために提供された曲のセルフカバーになりますね。

このPV、本当に素敵なんです。

林檎さんが着用されている緑のジャケットはお母様からもらったもの、首に下げているネックレスは娘さんからのプレゼントのようです。はぁ…なんか尊い。

大人になってまで胸を焦がして

時めいたり傷付いたり慌ててばっかり

目をキラキラと輝かせて好きなことに夢中になったりしている人は魅力的だし、そういう人になりたい。目標としている自分に遠すぎて、慌ててたり傷ついているのはわたしだけかと凹む夜もありましたが、「自分だけじゃないんだな」って一安心。

それは人生 私の人生 誰の物でもない
奪われるものか 私は自由
この人生は夢だらけ

とくに最後は林檎さんが力強く歌われるんですが、いつ聞いても涙が出そうになるくらいグッと胸に響きます。

おわり

さいごまでお付き合いいただき、ありがとうございました。記事を書くにあたってCDを聞き直したり、毎晩夕飯食べながらDVD見直したり……ここ数日もはや椎名林檎の気分でした。

みなさんの知っている曲や好きな曲はありましたか?

ファンの人からしたら知ってる曲ばかりで浅いって思われそうな選曲になり、ちょびっとビビってます。でも好きなものは好きだから……仕方ないよね。初期の曲ももちろん好きなのですが、いまの私がこうなりたい、格好よくて励まされるという曲は林檎さんが30前後以降の年齢で作られた曲が多くなってしまいました。

第一印象はヤバめのお姉さん、でしたが、いまやすっかりわたしの元気の源です。音楽ってすごい。