Web制作無料相談会(純喫茶LIG)
Web制作無料相談会(純喫茶LIG)
2019.02.02

英語学習はひとりでもできる?カナダ留学した私の13の英語学習法【おすすめ英語コンテンツ付き!】

バージニア

ライティング

LINEで英語のフレーズをストックする

「Phrase Stock」という自分だけのグループLINEを作成し、調べた英語を溜めていくようにしていました。これは日本とカナダを拠点に活動しているデザイナー・新井リオさんの英語学習方法を真似したのですが、すごく良かったです(と言いながら更新は止まっていますが……)。

YouTube・洋画・洋楽などで見つけたフレーズや英単語をストックしていくと、自分だけのオリジナル単語帳が作れちゃいますね!(「軍隊の司令官」は絶対に日常で使わないだろ)

カレンダーは英語で記入

英語で日記を書くのもいいですが「ちょっと面倒くさそうで続かないなあ」という方におすすめなのが英語でスケジュール帳を埋めること。「友達と遊ぶ」予定が入っているなら「Hang out with 〇〇」と書いてみるのもいいですね。

少しでもいいので、毎日英語に触れる環境をつくっていきましょう!

Twitterで英語用アカウントを作る

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは、インプットした英語をアウトプットするのにすごく良い場所だと思います。

私は英語専用のアカウントを作成して、「The Try Guys」など好きな海外YouTuberをフォローしたり、自分の近況を英語でツイートしてみたりしています。日本語を極力使わない場所をひとつ作るといいかもしれませんね!

スピーキング

英語を使って考え事・独り言

留学中、考え事や独り言は英語で言うようにしていました。たとえばお腹が空いたときには「I’m so hungry. What should I eat for lunch?(お腹が空いたな。ランチはなにを食べようかな)」と頭の中で唱えたりします。

ただ留学当初は「なにを食べようかな」という英文すらわからなかったので、検索して出てきた英文を覚えることを繰り返していました。DMM英会話の「なんてuKnow?」は、いまでも重宝しています。みなさんも「これ、英語でなんて言えばいいのかな?」と思ったら、逐一調べてみてください。いろいろな言い回しがあって面白いですよ!

英語で独り言を言ってみましょう!
「満員電車、まじでキツいわ」
「お家でゴロゴロした〜い」
「今日は友達と飲みにいこうかな」

カラオケで洋楽を歌う

留学帰りの大学生が「アイツ、カブれたね」と言われる最たる原因、「カラオケで洋楽を歌う」。留学するまで英語にまったく興味がなかったのですが、帰ってきてから洋楽や洋画など、さまざまなコンテンツを楽しめるようになりました!

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、英語を好きになるきっかけとして洋楽はとても良いと思います。「Sing King Karaoke」というYouTubeチャンネルがあるのですが、いつもそこで好きな曲を練習して、本番(ひとりカラオケ)に臨んでいます(誰も聴いてないのに)。

YouTubeに英語を話している動画をアップする

カナダ留学10ヶ月目あたり、雪で学校が休校になったこともあり、暇すぎて動画を撮っていました(恥ずかしさの極みだけれど公開しちゃう〜!)。 いまでも思うのが、記録として1ヶ月目からずっと動画を撮影しておけばよかったなあということです。

自分の英語力がどれくらい伸びたか客観的に把握するためだけでなく、日々英語を使うモチベーションを保つためにも、動画を撮っておくのは良いなと思いました(そのうちコンテンツにもなりますしね……)。

バージン・イングリッシュで英語の表現を学ぶ

初歩的な英語を学びたい人は、冒頭でもお伝えしましたが「【大人の基礎英語】バージン・イングリッシュ」がおすすめ。久しぶりに会った友達に近況報告をするときや、入国審査のときなど、さまざまなシチュエーションで使える英語をご紹介しています。何事も学びです。

まとめ

最近「英語ってどうやって勉強しているの?」と聞かれることがあったので、(本当に恐れ多いのですが)まとめてみました。みなさんのおすすめの英語学習法があったら、ぜひこの記事のリンクとともシェアしてくださいね! バージニアが見つけにいきます♡

そして最後に、LIGでは英会話教室「START-UP ENGLISH上野校 by LIG(SUE上野校)」を運営しています。「ひとりで英語勉強するのって難しいそう……」「先生と一緒に勉強するほうが向いてるかも!」という方は、無料で体験レッスンも受講できるので、下記からお気軽にお申し込みください♡ 英会話無料体験レッスンに申し込む

  • 1
  • 2