Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2018.11.24

レンタル電動バイクで、壱岐の漁師町・勝本を回ってみよう! LAMP壱岐の支配人・勢古口が勝本を観光してみました。

勢古口

こんにちは。ゲストハウス「LAMP壱岐」支配人の勢古口です。

長崎県の壱岐島には、美しい海や自然、美味しい食材、パワースポット、釣りなど、見どころがたくさんあります。「壱岐ってどんな場所なんだろう……?」と思われた方はこちらの動画をご覧ください。

ただ壱岐島を存分に満喫するには、レンタカーやバス、タクシーが必要になってきます。壱岐に来られる観光客の方の多くは、レンタカーを借りられているようです。

そこでゲストハウスLAMP壱岐では、レンタカーではなく、レンタル電動バイクを始めました! お越しいただいたみなさんに、より壱岐を楽しんでもらえればと思っております。

 

LAMP壱岐のレンタル電動バイクの写真

充電満タンで約100キロ走れるレンタル電動バイクがこちら!

 

スマートフォンをUSBポートに繋いで、充電しながらナビを起動させた写真。

携帯の充電が可能なUSBポートもあり、充電しながらナビを起動させて運転もできます。

 

電動バイクとLAMP壱岐の支配人・せこの写真。

気持ちいい風を感じながら島を満喫しましょう。本日はLAMP壱岐のある勝本を中心に、バイクで回ってみます。それではさっそくLAMP壱岐からスタート!

 

電動バイクで走り出すLAMP壱岐の支配人・せこ。

レンタル電動バイクで回る、おすすめの場所

勝本朝市

勝本朝市とLAMP壱岐の電動バイクに乗るLAMP壱岐の支配人せこの写真。

勝本朝市は毎日勝本に住む近所の人々が自家製の農産物や干物、海産物を朝の8時から12時くらいまで店に出して売っています。

 

勝本朝市で売られている、イカウニ・うにめしの素・アジの開きなどの海産物。

おすすめはアオサや干物、そしてイカウニです。地元勝本の台所でもあるため、安く新鮮な食材が並んでいるのでお土産にもおすすめですよ。

 

勝本朝市にてアジの開きを買うLAMP壱岐の支配人せこ。

今回はアジの開きを買いました。帰って食べましたが、焼くと脂がのっていて、ふっくら白ごはんにピッタリでした。

土肥家の阿房屏

電動バイクで土肥家の阿房屏の前までやってきたLAMP壱岐の支配人のせこの写真。

LAMP壱岐から3分ほどのところには、明和4年(1767年)土肥家4代市兵衛(八右衛門)が新築した別邸、御茶屋屋敷の塀が残っています。

土肥家は捕鯨業を経営して巨万の利を得て、多数の金品を国主に納めました。日本の鴻ノ池、三井と並ぶ大富豪に数えられたほどの大金持ちだそうです。当時、この屋敷には各大名の使者や藩主が来遊し、その来客のために京都や大阪から多くの遊女を呼び寄せて、毎晩のように接待をしていたとのことです。

「浜の真砂はつきても、土肥の金はつきない」とまで言われた土肥家。すごすぎますね。京都から呼び寄せた遊女が多く住んでいた名残もあり、いまでも勝本では「おおきに」というあいさつが残っています。

辰の島

辰の島に向かうフェリー乗り場の前にいるLAMP壱岐の支配人せこの写真。

LAMP壱岐からバイクで2分ほどで壱岐の無人島である辰の島の遊覧船乗り場に到着します。乗り場からフェリーで7分ほどで、エメラルドグリーンの辰の島海水浴場に到着です。

 

辰の島の青い海

 

辰の島の青い海

この時期は海水浴はできないため、遊覧船に乗って島の周りをぐるりと回る、リアルジャングルクルーズがおすすめです。

イルカパーク

海沿いの道を電動バイクで走るせこの写真。

イルカパークへ向かう海沿いの道も、バイクで走ればめちゃくちゃ気持ちいいですよ。

 

イルカパークの前にいるLAMP壱岐の支配人せこの写真。

LAMP壱岐からバイクで5分ほどのところにあるイルカパーク。串山海岸に行く途中にあります。イルカたちと遊ぶのにも、入場料わずか200円と激安。勝本に来たら、辰の島とイルカパーク。これは絶対に行ってほしいコースですね!

 

イルカを楽しそうに見ているLAMP壱岐の支配人せこの写真

イルカたちがおもちゃで遊んでいましたよ。ここは本当に癒やされますね。

 

おもちゃで遊んでいるイルカの写真

湯ノ本温泉

坂道の道路を電動バイクで下っていくLAMP壱岐の支配人のせこ

今度は勝本の温泉地である湯ノ本温泉へ行きましょう。LAMP壱岐からバイクで約15分で到着です。

 

湯ノ本温泉の看板の前で写真を撮るLAMP壱岐の支配人のせこ

ここは壱岐随一の温泉地で、美しい夕日を見れるスポットとしても人気の場所です。鉄分を含んだ赤褐色の汐湯が特徴で、温泉から上がったあとでも体がポカポカして、旅の疲れを癒やしてくれます。

城山公園

電動バイクで城山公園に来たLAMP壱岐の支配人のせこ。

勝本港や対馬などの絶景が見られる城山公園に来ました。1591年、この場所に豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し勝本城を急造しました。現在はわずかに残った大手門の石垣を見ることができます。

 

辰の島の方向を指差すLAMP壱岐の支配人のせこ

そして、オレンジ色の屋根の小学校の先に見えるのが、先ほどもご紹介した辰の島です。

 

イカ釣り漁船が並ぶ勝本湾

また、イカ釣り漁船が並ぶ勝本湾も眺められます。勝本の美しさを高台から眺めてみるのもいいですよ。

聖母宮

奈良時代に創建された1200年の歴史がある聖母宮の写真

奈良時代に創建された1200年の歴史がある聖母宮です。

聖母宮の本殿は、先ほども阿房屏でご紹介した鯨組の土肥市兵衛が寄進し、壱岐にはない高級品の木材である、ケヤキがふんだんに使われております。

 

加藤清正公が朝鮮出兵に行く兵士たちにつくらせた石垣

この石垣は、加藤清正公が朝鮮出兵に行く兵士たちにつくらせた石垣です。

長崎は「ハウステンボス」など、オランダの印象が強いと思いますが、壱岐の歴史はまったく違います。歴史を感じながらぐるりと壱岐を散策してみてくださいね。

LAMP壱岐にご宿泊の方にレンタル電動バイクを貸し出しています

LAMP壱岐のレンタル電動バイクの写真
レンタル電動バイクは全部で4台あります。宿泊のご予約の際にご連絡いただければスムーズです。またこちらは原付免許が必要ですので、ご了承ください。

年齢制限 21歳以上限定
料金 4h:1,500円
12h:3,000円
超過料金:1時間 1,000円
保険内容 対人賠償:無制限
対物賠償:500万円
対物免責金額:5万円
登場者障害:300万円
安心パック 500円
万一の事故・故障・当て逃げ等で、車両の修理などが必要となった場合でも、お客様の対物免責金額(5万円)が「免除される制度」です。
料金 4h:1,500円
12h:3,000円
超過料金:1時間 1,000円
乗車場所・返却場所 LAMP壱岐。
※返還場所を変更した際は、返還場所の変更によって必要となる回送のため、1,000円の費用がかかります。
※承諾を受けることなく所定の返還場所以外の場所にレンタルバイク等を返還した際は、回送費用の倍額2,000円の違約料が発生します。

運転前に、使い方のレクチャーをいたします。そのほかご不明点等ございましたらお気軽にご連絡くださいませ。それでは壱岐にて、みなさまをお待ちしております!

ご予約・詳細はこちらから