【ディレクターもプログラミングを学ぼう】AtomでPython環境を構築する

Jack


【ディレクターもプログラミングを学ぼう】AtomでPython環境を構築する

こんにちは、プロデューサーの Jack です。
本日は Atom で Python 環境を構築する方法を書きたいと思います。

▼目次

  • Atomとは?
  • パッケージ管理システムを使う
    • インストールされているパッケージの一覧を取得する
    • パッケージをインストールする
  • おすすめのパッケージと導入方法
    • インストール状況を確認してみる
  • おわりに

 

Atomとは?

言わずもがな、有名なエディタです。

ダウンロードはこちらからできます。

プログラミングをするときはこのエディタを愛用しており、これがなくては何も始まりません。

 

パッケージ管理システムを使う

Atom はデフォルトの状態でも十分に使いやすいエディタなのですが、パッケージをインストールすることにより、更に自分好みにカスタマイズできるのです。

Atom をインストールした時点で、apm と呼ばれるパッケージ管理システムもインストールされるので、その apm を利用してパッケージをインストールしていきます。

apm コマンドの使い方を書いていきたいと思います。

 

インストールされているパッケージの一覧を取得する

「 apm list 」とコマンドを入力すると、現在インストールされているパッケージを確認することができます。

$ apm list
Built-in Atom Packages (91)
├── atom-dark-syntax@0.28.0
├── atom-dark-ui@0.53.0
├── atom-light-syntax@0.29.0
├── atom-light-ui@0.46.0
├── base16-tomorrow-dark-theme@1.5.0
├── base16-tomorrow-light-theme@1.5.0
├── one-dark-ui@1.10.5
├── one-light-ui@1.10.5
├── one-dark-syntax@1.7.1
├── one-light-syntax@1.7.1
├── solarized-dark-syntax@1.1.2
├── solarized-light-syntax@1.1.2
├── about@1.7.6
├── archive-view@0.63.3
├── autocomplete-atom-api@0.10.1
├── autocomplete-css@0.16.2
├── autocomplete-html@0.8.0
├── autocomplete-plus@2.35.5
├── autocomplete-snippets@1.11.0
├── autoflow@0.29.0
├── autosave@0.24.3

 

パッケージをインストールする

パッケージをインストールするには「 apm install 」を利用します。
例えば「 minimap 」と呼ばれるパッケージのインストール手順を下記に示します。

% apm install minimap
Installing minimap to /Users/xxxxx/.atom/packages ✓

カンタンにインストールすることができましたね。

 

おすすめのパッケージと導入方法

さて Python でコーディングする際に、私が普段利用しているパッケージをインストールしていきたいと思います。
今回インストールするパッケージは、下記の通りです。

  • Hydrogen
  • autocomplete-python
  • atom-beautify

Hydrogen は Atom 上で jupyter kernel を動かせる便利なツールです。
また、autocomplete-python は、メソッドを補完してくれる機能を提供してくれます。
atom-beautify は言わずもがなですね。
コードの整形を良い感じにしてくれる便利なパッケージです。

さっそく、インストール作業をしてみましょう。
インストールは、下記コマンドを実行します。

% apm install Hydrogen autocomplete-python atom-beautify
Installing Hydrogen to /Users/xxxxx/.atom/packages ✓
Installing autocomplete-python to /Users/xxxxx/.atom/packages ✓
Installing atom-beautify to /Users/xxxxx/.atom/packages ✓

 

インストール状況を確認してみる

インストール状況を確認するには、atom list コマンドを利用します。

% apm list
Built-in Atom Packages (91)
├── atom-dark-syntax@0.28.0
├── atom-dark-ui@0.53.0
├── atom-light-syntax@0.29.0
・
・
・
├── language-xml@0.35.1
└── language-yaml@0.30.0

Community Packages (6) /Users/yamashita_kazuhiko/.atom/packages
├── Hydrogen@1.20.0
├── atom-beautify@0.30.5
├── autocomplete-paths@2.8.0
├── autocomplete-python@1.10.2
├── file-icons@2.1.11
└── minimap@4.29.6

Community Packages にインストールしたパッケージが表示されていれば、インストールが完了です。

 

おわりに

今回は、私が普段利用している Atom の Python のパッケージのインストール方法をご紹介しました。
次は、本格的に Python のスクリプトを書いてみたいと思います。

それでは!

 

Jack
この記事を書いた人
Jack

デューサー

おすすめ記事

Recommended by