ギルド開発
ギルド開発
2016.04.02
第2話
DJ兄弟 レンツ&ゴー

【DJ兄弟 レンツ&ゴー】とりあえず機材を買って、DJを名乗れ。

レンツ

みなさん、こんにちは。シェアオフィス「いいオフィス」管理人のレンツです。

rents 人物紹介:レンツ(師匠)
いいオフィスの管理人をしながらDJをしている。心の底からテクノを愛している。

前回の「ある日、社長がDJになりたいといいはじめた」をきっかけに、普段聞かないヒップホップを聞いてみたり、作曲の勉強をしたりしています。

第2回目である今回は、社長の吉原ゴウにDJ機材をゲットしてもらい、とりあえずDJのスタートラインに立ってもらおうと思います!

DJ-GO_0 人物紹介:吉原ゴウ(弟子)
株式会社LIGの社長。心の底から勢いだけでDJになれると思っている。あながち間違っていない。

代表的なDJ機材3種類を知っておこう!

機材を手にいれるべく今回伺ったのはこちら! 池部楽器店 パワーDJ’s池袋店です。

DJBrother-2

DJ機材ならばアナログからデジタルまでなんでも揃っています。さらに作曲用のソフトや、シンセサイザーに代表される電子楽器も豊富! もちろん触って試すことができますし、スタッフさんに相談もしやすいですよ。

目的に合わせて色々な機材があるので、しっかり選びましょう。まずは代表的なDJ機材を3種類ほど、ざっと紹介します!

1. レコードを使った「アナログDJ」

DJBrother-3

カラフルなレコードがのっているのが「ターンテーブル」。レコードの楽曲情報を針で拾って音に変え再生させます。

二つのターンテーブルに挟まれているのが「ミキサー」という最も重要な機材です。高中低音を部分的に大きくしたり小さくしたり、あっちの曲とこっちの曲を繋ぐDJの心臓です。

このスタイルを「アナログDJ」と呼んだりします。最もDJっぽい機材ですね。

DJBrother-4

おやおやゴウさん、さっそく触ってますね。回してますね。

ゴウ:やべ〜めっちゃアガる!

楽しそうで何よりです。ゴウさんにはその気持ちを忘れないでほしいです。レコードは入手も管理も不便ですが、アナログ独特の温かい音とプツプツとした音感はたまりません。フィルムで映画を見るような心地よいノイズ!

2. CDやUSBを使った「CDJ」

DJBrother-5

次にこちらが、現在最も普及している「CDJ」です。ターンテーブル状のCDプレーヤーとミキサーから構成されます。

CDまたはUSBフラッシュメモリの中にある楽曲を取り込み、ミキサーに送ります。レコードと違って省スペースなので、大量の楽曲を持ち運べます。よって現場の雰囲気に応じて選曲できる強みがあります。

アナログDJと同じく機材は大きく高いことが多く、最新の機材をそろえると簡単に50万円とかいっちゃいます。ですが、トップDJたちはCDJでプレイすることが多いのです。

3. PC内のDJソフトを操る「PCDJ」

DJBrother-6

最後に、PC内のDJソフトを使った「PCDJ」。すごくパワフルです。コンピューターの力で、CDJを超えた操作も可能にします。

先に紹介した機材のもつ機能は基本的にすべて兼ね揃えている上に、リアルタイムに楽曲を構成しなおすようなことも可能です。機能ごとにコントローラーを交換したり、自分の好きなセットを作ったりするのも楽しいです。さらにソフトウェアとコントローラーは比較的安く、PCとコントローラーを携帯すればどこでも同じ環境でプレイできるので、スタートの敷居は一番低いです。

DJBrother-7

レンツ:さてゴウさん、それぞれの良いとこ悪いとこ、わかりました?
ゴウ:うん……。
レンツ:(分かってくれたのかな……?)

DJBrother-8

ゴウ:え、これって作曲もできるの?
レンツ:え?
DJBrother-9

レンツ:ゴウさん、作曲ならシンセで音作りながらできますよ!
DJBrother-10

ゴウ:え、何これすげえ! どうやんの?
レンツ:これがこうであれがああでですね……
DJBrother-11

うっかり興奮してしまいましたが、ゴウさんにぴったりの機材を決めましょう!

機材を選ぶときの4つの観点

機材を決めるには、以下のようなことを総合的に考える必要があります。

1. プレイしたいジャンルは?

例えばバリバリのヒップホップをやりたいなら、ターンテーブルのある機材を買うことがマスト。逆にテクノをプレイするときは、そんなにターンテーブルを多用する必要がなかったりします。ジャズのような生音で作られた楽曲をかければアナログの方が音質がマッチするだろうし、流行のEDMであればデジタル音源しか存在しないこともしばしば。

自分の好きなジャンルのDJさんの使用機材を調べて、傾向を真似しましょう! クラブに足を運ぶのもよし、YouTubeで検索もよし! 店員さんに聞くもよいです。

2. プレイスタイルは?

キュッキュとスクラッチングをするのであれば、これまたターンテーブルは必須! オリジナルの曲をかけるだけじゃ退屈ならば、変化をたくさん与えられるPCDJの方がいいでしょう。逆にオリジナルを生かしたければ極力、余分な機能は削るべきです。

プレイスタイルに関してはプレイしていくうちに表現したいことが変化したり、向き不向きが見えてきたりするはず。まずはピンと来たスタイルをやり続けましょう

3. 予算は?

余裕があるのであれば、ジャンルとプレイスタイルから適切なものをバシッと買ってしまいましょう! 買ってしまえばやるしかないので。

余裕がない、または適切な機材がわからないけどまず始めたい!という方なら、気軽に始められるPCDJと安めのコントローラーが間違いないです!

4. カスタマイズは?

愛着がわけば、機材と付き合う時間も増えるというもの。付き合う時間が長くなれば、当然上達も早いです。形、カラー、ボタンの配置、サイズ感、なんでも構わないので、こだわれる範囲でこだわりましょう!

特にケーブルやヘッドフォンは選択肢がかなりあります。とにかく気に入ったものを購入しましょう。
DJBrother-12

レンツ:さてゴウさん! どの機材にしましょうか!?
ゴウ:え、レンツ決めてよ。www

というわけで僕の見立てで購入にこぎつけました。
DJBrother-14

ゴウ:これでDJなれましたかね?www
店員さん:はい、ばっちりです!
レンツ:いい店員さんだなぁ。
DJBrother-16

好きな色に着せ替えるパーツはものすごく真剣に選んでいました。
まるでDJのような表情ですね。やったねゴウさん!

今回購入した商品はこちら!

DJBrother-17

さっそく開封して、音出しをしてみましょう!

TRAKTOR KONTROL S2

スクリーンショット 2016-02-22 2.16.02https://www.native-instruments.com/en/products/traktor/dj-controllers/traktor-kontrol-s2/

DJゴウの操るメインマシーン! ドイツのDJ&楽曲制作ソフトとハードを提供する「NATIVE INSTUMENTS」のDJコントローラー。持ち運びできるサイズながら、DJに必要な全てを備えたモデル。同社のDJソフト「TRAKTOR」を完璧に操作でき、iOS版のソフト「TRAKTOR DJ」も操作可能! 音質にも定評があります。

TRAKTOR KONTROL F1

スクリーンショット 2016-02-22 2.16.46http://www.native-instruments.com/jp/products/traktor/dj-controllers/traktor-kontrol-f1/

DJゴウの操るサブマシーン! 同じく「NATIVE INSTUMENTS」の「TRAKTOR」をコントロールするマシーン。リアルタイムに楽曲を編集するリミックスデッキを操作し、さらにレベルの高いプレイに誘います。マスターするには高い技術が必要です。

今回ゴウさんの作曲したい願望を叶えるための秘密兵器になるのでしょうか!?

d+ RCA class B

スクリーンショット 2016-02-22 2.18.43http://www.neo-w.com/products/d_rca.html

PCDJにおいて高品質な音のためにはケーブル一本に至るまでのこだわりが必要。

秋葉原が生み、世界のトップミュージシャンに愛されるoyaideブランドに任せれば問題なし! ポップなデザインも人気の秘密。

PM0.1パーソナル・アクティブスピーカー・システム

スクリーンショット 2016-02-22 2.22.52http://www.fostex.jp/products/pm01/

コンパクトながらも高い音質で練習をサポートしてくれます。スタイリッシュなデザインと、オプションのカラーパネルも音をさらに楽しませてくれるんです。
DJBrother-18

見てください。さっそく開封してなんとなく接続しただけで満足したゴウさんの表情を。とても幸せそうです。

思い出します。1年半前、勢いで始めた日を。そして勢いでイベントを開いて、仲間のおかげで成功したんだっけか。DJブースの上から見るフロアの盛り上がりは格別です、神にでもなったかのような興奮を覚えます。

再びかたく誓いました。ゴウさんをいいDJにするぞ! そしてこの笑顔をブースから振りまいてもらおうじゃありませんか!
DJBrother-19

レンツ:さあゴウさん練習しましょうか!
ゴウ:ごめん会議行ってくるわ! 師匠、片付けよろしく!

かくして初練習は終わりました。

というわけで吉原ゴウ、DJになりました。

またもや以上のようなやりとりが実際にあり、とりあえず機材を揃えることで吉原ゴウをDJにしました。一応。もちろんこれでは終わりません!

ちゃんと課題を一つずつクリアしてもらいながらイベントでメイン張ってもらいます!

次回、DJ兄弟 レンツ&ゴー 初めてのミックス!? それでは次回をお楽しみに!
see you NEXT PLAY!!

 

今回協力していただいた店舗:池部楽器店 パワーDJ’s池袋
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-36-7
アルテール池袋B1F
■TEL/ 03-5956-6588
■営業時間/11:00~20:00
■最寄駅
池袋駅(JR線、西武池袋線、東武東上線)東口