【検証】自分の手を汚さずにパンツを見る方法を表参道で実践してみた

おこめ


【検証】自分の手を汚さずにパンツを見る方法を表参道で実践してみた

どうも、ロボット女子のおこめです。

私はオシャレな若者が集う場所、表参道に来ています。
右手に持っているこのドローンは「Jumping Race(ジャンピングレース)」です。

「Jumping Race(ジャンピングレース)」の簡単なスペック
・最大時速13kmで走る
・最大80cmのジャンプをする
・スマートフォンで操作をする

最大80cmのジャンプをする……。
ということは、

DSC_7356

パ ン ツ が 見 え る か も し れ な い ! !
※17歳日本女性の平均股下70.9cm(1994年度)

 

はぁ? 急に「パンツが見える」なんて何言ってるんだてめぇ。と思われた方のために、私の完全無敵な検証の過程を説明しましょう。

1. 「ドローンを使ってちょっとだけパンツを見たいんだ!! ちょっとだけ! ね? いいでしょ? ね!?」と、表参道にいるスカートを履いている可愛い女の子に必死に懇願する。
okome1枠無し

 
2. 「ドローンを使ってくれるなら……///」と言う女の子の足下に「Jumping Race(ジャンピングレース)」を置く。
okome2枠無し

 
3. 「Jumping Race(ジャンピングレース)」が力の限り飛び跳ねる。
okome3枠無し

 
4. 可愛い女の子のパンツが見える。
okome4枠無し

私も読者のみなさんも幸せになる完璧な企画ですね。
ちなみに個人的な趣味として、清楚な白色のパンツが見たいです。

さっそくこの検証をおこなうため、可愛い女の子に声をかけてみることにしました。

 
DSC_7360

おこめ:「すいません! ドローンを使ってスカートをめくらせてもらえませんか?」
女の子:「……え?」

 
DSC_7364

女の子:「え、ちょっ、えぇっ///」

口に手をあてて動揺している姿が可愛すぎて萌え死ぬかとおもいました。
結局やんわり断られたのですが、なぜかちょっと満足しちゃいましたね。

 

 

???「ちょっ、待てよ。パンツを見るまでがお前の仕事だろ?」

S__61849602

名前:ゴンタカシ(以下タカシ)
大学生。パンツを見たいがために朝6時起きで埼玉県からはるばるやってきた。パンツと本田翼をこよなく愛す。童貞。

タカシ:「俺が交渉してきてやるよ」

 
DSC_7383

タカシ:「すんません! 1回! たった1回だけでいいんで、パンツ見せてもらっていいっすか?」
女の子:「はぁ?」

 
DSC_7388

タカシ:「この通り!! ね? ね! いいでしょ? パンツ見せてくださいよ〜! ほら、ドローンもパンツ見たいってお願いしてるじゃないですか。だから、ね! お願いしますよ〜」
ドローン:「ボク、パンツミタイ。オネガイシマス」
女の子:「童貞がっ! キショいんだけどっ!!」

 
DSC_7389

タカシ:「ぴぇぇぇえええええっ! なんで童貞だってわかったんすか? こわいよぅ……。必殺! 『ドローンガード!』」
女の子:「カッチーン」

 
DSC_7394-1310x873

バシーンッ!

タカシ:「な、殴ったね…! 親父にも殴られたことないのにっ!!」
女の子:「殴って何故悪いか」
タカシ:「いえ、僕が全て悪かったです! よろしければ、もっと殴ってくださいっ!!」

 
DSC_7397

おこめ:「……」(コイツ全く使えねぇ……)

DSC_7344

タカシ:「おいっ! なんなんだよこの格好!?」
おこめ:「見ればわかるでしょ。制服」
タカシ:「あ、はい」

 
DSC_7412

タカシ:「おいっ! 急になにするんだよ!?」
おこめ:「わかるでしょ。パンツを見たいんだよ」(うわぁ、股下が長すぎてスカートがめくれない……!)
タカシ:「あ、はい」
おこめ:「……ちょっとそこ座って。」

 
DSC_7349

タカシ:「戦いは、果てしなく続くように思えた!! しかし、僕がこれまで見守ってきた戦いもそうであったように、実際には、ほんの一瞬の出来事なのだろう!! それではお聞きください、『最後の反抗』」
おこめ:「はやく」
タカシ:「え、あ、はい」

 
DSC_7420

タカシ:「ウッ……」

 
DSC_7419-1310x873

チラッ。

タカシ:「キョーーーーッ」

 
DSC_719-1310x873

とうとう見えたっ!! やった〜!!

 
結果:ドローンを使ってパンツを見ることはできる
自分の手を直接汚さずともパンツを見ることは可能です! いやぁ〜これは今世紀最大の発見ですね。アルキメデスもびっくりです。

 

DSC_7368

タカシ:「ちっくしょぉおおおおおおおお!! パンツ見にきたのに! なんで俺がパンツ見せなきゃいけないんだよぉおおおおお!!!」

 
DSC_7437

タカシ:「俺は俺のために戦う!」

 
DSC_7439

タカシ:「戦わなければ俺のパンツは守れない。ならば戦うしかない!!!!」

 
DSC_7445

おこめ:(やばい……! コントローラーを取られる!?)

 
DSC_7453
左下の学生バックを持っているのがゴンタカシ

タカシ:「ウィイイーーーーーーーーン」
おこめ:「ちょっと待って! やばいやばい! 最大時速13kmのドローンに追いかけられてる! どうする? このまま逃げるか? いや、逃げたらドローンに負ける! 頑張って!! やっぱり、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ! 逃げちゃダメだっ!!!」

 
DSC_7456

おこめ:「……やっぱ逃げます〜っ!!」

 
DSC_7461

おこめ:「え?」

 
名称未定 1

おこめ:「えええええええええええええええ!!」

バタンッ


DSC_74747

 

結果:やっぱりドローンを使ってパンツは見える。

 

18ffe47ae091488567f5b7bacfbe9db736 あとがき
最後まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。ちなみに私が履いてるのは保温性バツグンの毛糸のパンツです。あしからず。

では、また〜(。・ω・。)ノシ

おこめ
この記事を書いた人
おこめ

エディター

関連記事