Webマーケター必見!マーケティングで活用すべきクラウドソーシングサービス9選

和田広大


Webマーケター必見!マーケティングで活用すべきクラウドソーシングサービス9選

はじめまして、ネット広告運用のクラウドソーシング「Draft」を運営している、テクロコのワダと申します。縁あって今回はじめて寄稿させてもらうことになりました。どうぞよろしくお願いします!

今回はマーケターとして有効に活用したいクラウドソーシングサービスをまとめてみました。それではどうぞ!

【再確認】クラウドソーシングとは

ご存知の方も多いかと思いますが、今一度クラウドソーシングの簡単な説明をします。クラウドソーシングとは、インターネット上のサービスなどを介して特定の仕事を依頼したい企業と、仕事を引き受けてくれる個人や法人とを結び付ける仕組みのことで、一般に既存のアウトソーシングよりも安価にさまざまな仕事を発注できるということで注目を集めています。

今やさまざまな領域でクラウドソーシングのサービスが生まれていて、「どれだけあるんだろ?」と率直に気になりましたので、実際に調べてみました。結果、なんと162個もありました! せっかくなのでマッピングしてみると、以下のようになります。

国内クラウドソーシング一覧表

いかがでしょうか? 皆さんがよく聞くクラウドワークスやランサーズをはじめ、多くのクラウドソーシングサービスがあるのがお分かりいただけたと思います。

Webマーケティングに活用できるクラウドソーシングサービス9選

ここからはマッピングした中から、特にWebマーケティング領域で活用できそうなものを選んでみました。Webマーケターの方々は、ご自身の業務に活用できるか考えながらご覧いただければと思います。

1. チラシ、バナー広告の微修正なら「100 -HYAKU-」

スクリーンショット 2015-12-07 20.27.01
http://100.imejin.biz

株式会社イメジンさんの提供するデザイン特化マイクロタスク型のサービスです。

「デザイナーに頼むほどでないのだけれど、自分では修正できない細かい修正をしてほしい」というよくある悩みを解決してくれます。

こちらのサービスの最大の特徴は何と言っても価格の安さにあります。例えば、画像の文字変更やフォント変更ならわずか100円から依頼することが可能なのです。

さらにすごいのは、変更したい画像のpsdファイル、aiファイルが手元になくても画像修正ができるという点です。

過去に作ったバナーやチラシの微修正にはもってこい、かゆいところに手の届くサービスですね。

2. ユーザーの声を集めてWebサイトを改善する「ONI Tsukkomi」

スクリーンショット 2015-12-07 20.28.28
https://www.oni-tsukkomi.jp

株式会社リンクライブさんの提供する、WebサイトやUI/UXの改善をするためのサービスです。データ解析などの定量分析では分からなかったユーザーの声や不満を「ツッコミ」という形で集めることができます。

「ツッコミ」の集め方は2パターンあり、1つは利用企業が関係者から自ら意見を回収する方法で、もう1つは全国100万人以上のサンプルユーザーからターゲット層を絞り込んで意見を回収してくれる方法です。

また、これ以外にもオプションとしてプロのWebマーケターたちがサイトの課題指摘をしてくれる「プロツッコミ」や、ツッコミの分析や具体的なサイト改善案を提示してくれる「コンサルティングサービス」などがあり、充実のラインナップとなっています。

多くの人からのアドバイスはユーザー視点を養うのにもとっても効果的なので、そうした意味でもおススメのサービスです。

3. 継続的なA/BテストでWebサイトを改善する「Kaizen Platform」

スクリーンショット 2015-12-07 20.29.16
https://kaizenplatform.com/ja/

ご存知の方も多いかもしれませんね。Kaizen Platform, Inc.さんの提供するWebサイトのUI改善を簡単に実現するサービスです。A/BテストをSaaS形式で提供し、Webサイト上での商品購買などの成約率を改善・最適化してくれます。

また、Kaizen Platformは自社にWebデザイナーがいなくても利用できるという点で非常に優れています。というのも、全国900人以上の「グロースハッカー」が社内担当者に代わって改善案を考えてくれるため、高品質なA/Bテストが可能となります。

利用にあたっては、専任のサポートチームがついてくれるので、いろいろ難しそうだと思ってもまずは問い合わせてみてもよいかも。最新テクノロジーとプロフェッショナルの知見を組み合わせて、継続的な成果改善を狙える革新的なサービスだといえます。

4. 自社のストーリーを公開してファンを増やす「PR Table」

スクリーンショット 2015-12-07 20.30.11

https://www.pr-table.com

株式会社PR Tableさんの提供する、企業・団体のPR活動に欠かせない「ストーリー」を<作成→保存→活用>できるサービスです。また、PR会社や事業会社のPRを経験した編集者と、 “伝えるプロ” であるライターによるストーリー作成代行サービスも用意しています。

プロダクトへの思いや社長の経歴、ユニークな社内制度などを良質なストーリーとして公開することで自社製品の顧客やユーザーのみならず、様々なステークホルダーとの関係構築に良い影響を与えることになるでしょう。

ストーリーを作成するフレームはシンプルな4コマ構成になっており、写真や動画も手軽にアップロードできますし、いずれは作成したストーリーを自社サイトに埋め込めるようになるとのことですので、幅広く活用できそうですね。

企業・団体のとっておきのエピソードを広めてくれる素敵なサービスです。

5. Webサイトに掲載する記事作成なら「Shinobiライティング」

スクリーンショット 2015-12-07 20.31.09

https://crowd.biz-samurai.com/corporate

株式会社サムライファクトリーさんの提供する記事作成代行サービスです。時間の節約・SEO強化が可能となり、サイト運営がとても楽になるそうです。

ライティング系のクラウドソーシングは他にも多く存在しますが、こちらの強みは圧倒的な記事の納品量。なんと、月間150,000以上もの記事がこのサービス上でやり取りされているそうです。

競合が多い中でこれだけの量の記事が流通している大きな理由として、品質担保の仕組みが確立されていることがあげられます。記事の企画を担う専任のチームがあったり、コピペをチェックする仕組みがあったりと、依頼者が気にするポイントをきちんとカバーしてくれているんです。

コンテンツマーケティングに取り組まれている方には、とても重宝するサービスだと思います。

6. 音声データの文字起こしなら「The Voice」

スクリーンショット 2015-12-07 20.33.24

Hmcomm株式会社さんの提供する音声の文字化サービスです。
クラウドワーカーが独自の音声情報検索技術を活用することで、低価格・短納期・高品質な文字起こしを実現します。

独自の、と前述しましたが、正式には国立研究開発法人 産業技術総合研究所が開発した「PodCastle」というものです。機械的な学習機能がついており、多くのユーザーに使われることで音声検索性能と音声認識性能を共に向上させることができる優れモノです。

コンテンツマーケティングとしてインタビューを行われる企業も増えているかと思いますが、ネックになるのは手間のかかる文字起こしの段階ではないでしょうか。僕も過去に経験があるのでよくわかります。

そうした困りごとを安価に解決できる手段ですので、ぜひご活用ください。

7. ハイクオリティなアニメーション動画の作成なら「Crevo」

スクリーンショット 2015-12-07 20.49.52

https://crevo.jp

Crevo株式会社さんの提供するアニメーション動画制作サービスです。世界中のトップクリエイターが登録しており、視聴者に対して魅力的な表現で強くアピールする動画を作成してくれます。

既存の制作会社に依頼すると100万円以上かかって当たり前だった動画ですが、80秒以内のものなら29万円(税別)で作れてしまうというのが驚きです。

さらに、自社で持っている素材とCrevoが用意するテンプレート(100種類!)を組み合わせて10万円で動画を作れるLiteプランや、約2,000人の登録クリエイターの中から厳選したハイスキル人材に最高品質の動画制作を依頼できる「Crevo Studio」など、サービスラインナップも豊富な模様。

僕が友人から動画を作りたいと相談を受けたら、まずCrevoに相談してごらん、と切り返すことにします。これからは。

8. デザイナーによる営業資料の作成代行なら「SKET」

スクリーンショット 2015-12-07 20.51.23

http://sket.asia

スマートキャンプ株式会社さんの提供する、クラウド資料作成代行サービスです。

企業で必要になる営業資料、媒体資料、セミナー資料、報告資料などの作成を代行、改善してくれます。グラフやアイコンを効果的に使って伝えたいことが一目でわかるようになれば、情報の受け手からの反響も大きく変わりそうですね。

なお、上記以外にも、近年Web上でよく目にするようになった「インフォグラフィックス」の制作についても相談できるとのこと。

また、同社が提供するもう一つのサービスである法人向けクラウドサービス紹介サイト「Boxil」に作成した資料を掲載することによって、興味を持った企業から問合せを受けることも可能になります。(資料掲載は無料とのこと)

見栄えよく分かりやすい資料が増えていけば、提案をする側もされる側もきっと有意義な時間を過ごせるに違いありませんね。

9. ネット広告を少額運用から専門家に依頼できる「Draft」

スクリーンショット 2015-12-07 20.53.41

https://www.draft.partners/

手前味噌で恐縮ですが、弊社が提供する「Draft(ドラフト)」をご紹介いたします。ドラフトは、ウェブサイトへの集客や販促にネット広告を活用したい事業者と広告運用のスペシャリストをマッチングするサービスです。

企業がネット広告を実施する場合には、広告代理店に依頼するか、自社人材が運用するか、どちらかを選択することになります。

予算が少ないと広告代理店に断られてしまう、最低契約期間や初期費用がネックで依頼ができない。かといって自社運用はハードルが高い。そんな悩みを解決するのがこのサービスです。

登録する広告運用者は、いずれもGoogleやYahoo!などの認定資格を持つ方々ばかりなので安心です。さらに、お仕事を発注しなくてもWebマーケティングに関することなら何でも質問できるQ&Aコミュニティ「コーチ」を無料で利用いただくことが可能です。

ネット広告のはじめの一歩を踏み出すにあたって多くの企業が抱える課題を解決するサービスになります。

まとめ

いかがでしたか。クラウドソーシングは外部の優秀なスキルを安価に調達できる手段として大変便利ですので、人手不足に日々悩まれるWebマーケターの皆様にはどんどんご活用いただきたいと思います。

本日紹介できなかった他のサービスもいずれどこかの機会で紹介できればと思いますので、楽しみにしていてください。それではまた!

和田広大
この記事を書いた人
和田広大

株式会社テクロコ

この記事を読んだ人におすすめ