Google Analytics APIでPVを集計しよう【準備編】

しょごたん


Google Analytics APIでPVを集計しよう【準備編】

こんにちは、エンジニアのしょごです。

11/28(土)に開催されるMTDDC TOKYO 2015で登壇することになりました。。
MT界隈で名のある方々によるセッションは勉強になると思いますので、ぜひ足をお運びいただければと思います。

閑話休題、メディアサイトにはよくランキング機能が搭載されますよね。
CMSによってはランキングを作ってくれるプラグインもあり、詳細ページにアクセスした際にSQLを発行して、閲覧したカウントを保持するものが多いかと思います。

ただそのような形だと、アクセスが急増した場合などに負荷をあげるボトルネックになりかねないので、個人的には好きじゃないです(というかプラグインはあまり使いたくないタイプなので。。)

そこで、大抵のサイトが導入しているであろうGoogle Analyticsを使ってPVを集計する方法を公開します。
AnalyticsでPV管理をおこなっているので、CMSやDB自体にはそれほど負荷を与えずにPVを取得できてオススメです。

Google Analytics APIでPVを集計しよう

APIを利用するための手順をご紹介します。

1. アカウントを準備

Googleアカウントを用意しましょう。(Google Appsで連動させたメールアドレスでもOK。)

2. APIを有効化

APIを利用する準備をおこないます。
まず、Google Developers ConsoleにGoogleアカウントでログインします。

a_api1

最初はスタートガイドが表示されていますね。
早速、青色の「APIを有効にして管理しましょう」をクリックしてください。
もしくはヘッダーのハンバーガーメニューをクリックし、「API Manager」をクリックしてください。

最初はプロジェクトの作成をおこなう必要がありますので、いずれにしてもプロジェクト作成画面が表示されます。

 
a_api2

ここで任意のプロジェクト名を入力します。
プロジェクトIDは自動で挿入されていますが、そのままでもOKです、作成をクリックしてください。

 
a_api3

次に、APIの有効化をおこないます。
今回利用したいのはAnalytics APIなので、一覧から「Analytics API」をクリックします。APIの概要が表示されるので、「APIを有効にする」をクリックします。

これで、このIDでAnalytics APIを使うことができます。

3. 認証情報設定をおこなう

APIを利用するための認証情報を設定します。

a_api4

左メニューの「認証情報」をクリックし、「認証情報を追加」をクリック。

 
a_api5

「サービスアカウント」を選択します。

P12を選択して作成をクリックすると、P12ファイルがダウンロードでき、それが認証用の鍵ファイルとなります。
再作成は認証から作り直す必要があるので大切に保存してください。※1

また、サービスアカウントの一覧に表示されたメールアドレスを利用しますのでこちらも保管してください。※2

4. Google Analytics管理画面で認証情報のメールアドレスを登録

APIの準備ができましたが、まだ実際にデータを取得するGoogle Analyticsアカウントとの紐付けができていません。
Google Analyticsの管理画面から、先ほど生成されたメールアドレスを登録する必要があります。

Google Analytics管理画面にログインし「アナリティクス設定」からユーザ管理を開きます。「権限を付与するユーザ」に先ほどのメールアドレスを登録、権限に表示と分析を与えます。

これでAnalyticsデータを抽出する準備ができました。
このときのビューIDも保管しておきます。※3

5. APIを使用するのに必要な情報をまとめる

コレまでの操作で取得したファイルやデータをまとめます。
実際にAPIを利用する際に必要になるので、下記情報を保管しておきましょう。

※1で取得したp12ファイル
※2で取得したメールアドレス
※3で取得したビューID

以上で準備は完了です。
次回は上記データを元に、実際にバッチを組んでみましょう。

それでは。

しょごたん
この記事を書いた人
しょごたん

バックエンドエンジニア

関連記事