リアルな米国を感じられる『リトルミスサンシャイン』を観たら海外に出ずにはいられない

うらら


リアルな米国を感じられる『リトルミスサンシャイン』を観たら海外に出ずにはいられない

こんにちは、編集部のうらら(@uraranbon)です。
「海外へ行きたい!」そんなアナタのために! 今回は海外を身近に体感できるような、その国のローカルな文化が登場する映画をご紹介します!

本日ご紹介する映画はこちら!

2006年に公開され、アカデミー賞の「助演男優賞」と「脚本賞」の2部門を受賞しているアメリカが舞台の映画『リトルミスサンシャイン(Little Miss Sunshine)』。

メガネで小太りの少女オリーヴが、美少女コンテストの地方大会で繰り上げ優勝してしまう。そこで本選に参加するために、アリゾナから会場のカリフォルニアまで、アメリカ大陸を一台の車で横断するというロードムービーです。それぞれが強烈なキャラクター性をもつ6人一家で観ていて飽きませんでした!

『リトルミスサンシャイン(Little Miss Sunshine)』のここが好き

highway-282023_1280

何と言っても登場人物らの強烈なキャラクター性に私はやられました。
映画冒頭から登場するのは、無口の長男、薬中のおじいちゃん、自殺未遂をした研究者の叔父、ケンカばかりの両親、そして美少女コンテストで優勝することを夢見る少女。こんな6人が織りなす会話や行動だからこそ、予想もしない方向へと話が進んでいきます。

私がもっとも引き込まれたのは無口の長男、ドウェーン。パイロットになる夢が叶うまでは口をきかないという独自のルールがあり、登場人物らとも一切会話をしません。筆談か、もしくは肩をすくめたりといったジェスチャーでやりとりをしています。ニーチェを尊敬しているということもあり、若干厭世的なセリフや表情が出てきますが、そんな彼が映画後半になるにつれだんだんと……? ネタバレになるので続きはぜひ映画をご覧ください。

こんな個性的な6人が、最後は1つにまとまって……と思いきや、途中でメンバーの離脱があったり、ぐだぐだになったりと、いい意味で視聴者を裏切ります。もちろん、最後の最後にはみんなの心がほぐれて笑顔で物語が終わるので、鑑賞後もほっこりと暖かな気持ちになりました。

pier-734702_1280

また、アメリカの文化や雰囲気が存分に伝わってくる感じがとても楽しい映画。
家の中から車の中、レストランやガソリンスタンドに併設されたお店など、さまざまな場所の様子が映し出され、作られた世界ではなくリアルな文化や話し方が登場するからこそ「ああ、海外行きたいなあ」という感情にかられます。

『リトルミスサンシャイン(Little Miss Sunshine)』で使われる英語フレーズ

Pick up フレーズ
You’re just saying that.
「口だけでしょ」

直訳すると「あなたはただ言っているだけでしょ」、つまり「口先だけで言ってるんでしょ」「からかってるんでしょ」という意味のフレーズです。何か褒めてくれてたときに謙遜として、はたまた信用ならないことを言う人に対して「それ、口だけで言ってるんでしょ」というようにチクリと指摘することもできます。

オリーヴとおじいちゃんの会話に出てきます。映画では、はにかみながら「(可愛いって)本当?」と確認する意味合いが込められていましたね。なんだか、じんわりとくるシーンです。

Olive:Grandpa, am I pretty?
Grandpa:You are the most beautiful girl in the world.
Olive:You’re just saying that.
Grandpa:No! I’m madly in love with you and it’s not because of your brains or your personality. It’s because you’re beautiful, inside and out.

うらら訳
オリーヴ:おじいちゃん、私って可愛い?
祖父  :お前は世界でいちばん可愛い女の子だよ。
オリーヴ:口だけでしょ。
祖父  :そんなわけないだろ! 俺はお前が大好きだし、それはお前の頭や性格が理由じゃない。俺が好きなのは、お前の内面も外面も、美しいからだよ。

ちなみに、オリーヴ役の女優、Abigail Breslin氏は現在19歳となり、当時の幼い面影が全くない大人の女性になっています。2006年に映画が出てから9年も経っているので当たり前ですが……とても驚きました。

Abigailさんの新作映画はこちら、『Final Girl』(日本公開未定)という作品です。下記動画の1:10〜から登場するブロンドの美しい女性がかつてのオリーヴだとは信じがたいです……。

ということで、今回は『リトルミスサンシャイン(Little Miss Sunshine)』をご紹介いたしました。
私は普通の家族 × コメディという映画が大好きなので、同じようなシチュエーションでおすすめの映画があったらぜひ@uraranbonに教えてください!

それでは!

▼ 今回ご紹介した映画 ▼
うらら お知らせ
英語チャンネル『Plluto(プルート)』に寄稿いただける方を募集中! 興味がある方はぜひコチラまでご連絡ください。お待ちしております!
うらら
この記事を書いた人
うらら

エディター

関連記事