「That’s wasted on me」BBCのショートコメディで使われていた英語表現がカッコいい

うらら


「That’s wasted on me」BBCのショートコメディで使われていた英語表現がカッコいい

こんにちは、英語チャンネル担当のうららです。
今日は私の好きなコメディ動画から、英語のフレーズを紹介させてください。

イギリスの放送協会「BBC( British Broadcasting Corporation)」がYouTubeで公開している『BBC Comedy』。『Do you speak English?(あなたは英語を話しますか?)』というタイトルのショートコメディです。

フランスで車が故障してしまい、修理できるところを探している女性が助けを求め、道行く人に “Do you speak English?” と聞くシーンから始まります。これに対する男性の応答でクスッときてしまう、冒頭から面白いコメディです。何はともあれ映像をご覧ください。

いかがでしたか?
しょっぱなから笑いました。流暢すぎるわ!(笑)

今回声に出したくなる英語フレーズはこちら!

「僕に話しても意味ないよ」
That’s wasted on me.

0:19あたりで登場するこちらのフレーズ。流暢な英語で「英語がわからない」と言う彼が、「僕に話しても意味ないよ」と伝えるこの表現。
“(be)wasted on 〜” で「〜にとって無駄になる」という意味ですが、 これが “me” にかかり「僕にとって無駄になる」という意味になります。この表現を使って遠まわしに「僕に話しても意味ないよ」と伝えるのがカッコいいですね! 

このフレーズを普段の生活で使うなら、何かを尋ねられて会話が長くなったときに、会話を切り上げる意味で “That’s wasted on me, you should ask other people.(僕に話しても無駄だよ、他の人に聞いたほうがいい)” という感じでも使えます。

動画の流れと、登場した英語表現

さて、あらためて動画を振り返ってみましょう。
まず「あなたは英語を話しますか?」という質問から始まります。

Woman: “Do you speak English?”
Man : “No, I don’t. Sorry.”

女性:英語を話しますか?
男性:いや、話さないよ。ごめんね。

今回の会話でのポイントは、「英語を話せないよ」というのを流暢な英語で答えているところ。英語が上手くないと使えないジョークですが、上達した暁にはぜひさらりと言ってみたいです。

その後、女性は「車が故障して、修理屋を探している」ということを伝えますが、それに男性がこう答えます。

Woman: “You don’t speak any English at all?”
Man  : “Not a word.”

女性:全く英語を喋らないの?
男性:1単語も喋らない。(流暢な英語で)

そうして男性は歩いてきた別の通行人に声をかけます。

Man1 : “Do you speak any English?”
Man2 : “English? No. What’s the problem?”

男性1:英語を話しますか?
男性2:英語? いや。どうしたの?(流暢な英語で)

Woman:Hi. My car’s broken down and I need to find a garage.
Man :No, I’m so sorry, I didn’t understand that at all.

女性 :こんにちは、車が故障してしまって、修理屋を探しているのですが
男性2 :すみません、何を言っているのか全く理解できません

新たに登場した男性。彼の英語も流暢すぎる!(笑)

男性は、綺麗な英語で「半マイルほど歩けば村があるから、そこなら英語を話す人が誰かいるかもしれない」というアドバイスを彼女に与えます。ですが、彼女は諦めきれず、ドイツ語ならどうだ! と言わんばかりにドイツ語で話しかけますが、男性らも流暢なドイツ語で「ドイツ語も喋れないんだ」と返します。最後に、女性はお礼を言い去っていきますが……。

オチはご自身で確認してみてください。

まとめ

「誰かいますか?」「いませんよ!」というやりとりに近いものを感じました。
他のBBC Comedyはこちらから観ることができます。興味のある方はぜひ! また、英語の字幕はこちらから全て読むことができます。

それでは、アディオス!

うらら
この記事を書いた人
うらら

エディター

おすすめ記事

Recommended by