LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2015.11.11

Macに「Android Studio」をインストールする手順

tetsu

こんにちは、tetsuです。

MacでAndroidアプリを開発する際に、IDE環境として「Android Studio」があります。そこで今回は、Macに「Android Studio」をインストールする手順を紹介しましょう。

Java SE Development Kit 7のインストール

まず、はじめに「Java SE Development Kit 7」をインストールする必要があります。すでにインストールされているかどうかは、次の方法で確認することができますよ。

インストールの確認手順

  1. コンソールを起動
  2. 「javac -version」と入力し実行

「No Java runtime present, requesting install.」と表示された場合はインストールされていません。一方で、「javac 1.7.0_79」と表示されていればインストールされています。

インストールされていない場合

まず「Java SE Development Kit 7」からパッケージをダウンロードします。

下図の画面より「Accept License Agreement」を選択後、「Mac OS X x64」の該当ファイルをダウンロードしましょう。

20151006-0001

ダウンロード後、ファイルを実行し、インストールを開始します。
 

20151006-0002

インストール完了後、コンソールから前述の「インストールの確認手順」をおこない、インストールされていることが確認できれば完了です。

「Android Studio」のインストール

続いて「Android Studio」をインストールしていきます。

こちらからアプリケーションをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを実行します。

20151006-0003

アプリケーションをMacの「アプリケーション」へコピーし、インストールを完了させます。

「Android Studio」の起動

インストールが完了したら実行してみましょう。

初回実行時はセットアップから始まりますが、特別な設定がない限り、画面通りに進めて問題ありません。

20151006-0004

最低限のSDKのみインストールされますので、開発したい内容によってSDKをインストールします。

 
20151006-0005

なお、SDKは「Android Studio」ツールバーの「Preferences」から進み、「Appearance & Behavior」 > 「System Settings」 > 「Android SDK」にて管理されています。

さいごに

いかがでしたか。上記の手順に沿って、Macに「Android Studio」をインストールしてみてくださいね。そして、必要なSDKをインストールしたら、実際に開発をしていきましょう!