LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2015.11.16
LIG PR

トレンドはセットリング!プロポーズ前に知っておきたい、重ね付けできる婚約指輪・結婚指輪の選び方

さんぺー

こんにちは、ライターのさんぺーです。

メディアセールスのよーこが新婚なのですが、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしていて可愛いなあと思うこの頃。実は、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けって流行っているらしいんです。
たしかに、婚約中しか婚約指輪をつけないなんてもったいないですし、私もいつかもらったときは日常的に両方ともつけたい・・・!

そこで、婚約指輪・結婚指輪の専門店「マリアージュ」さんに知見をいただいて、重ね付けのイロハをまとめてみました。一生ものとなる婚約指輪と結婚指輪。男性にはやはり女性が喜ぶものをプレゼントしてあげてほしいので、プロポーズを検討している方は参考にどうぞ!

なぜ婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが人気なの?

先述したとおり、いまトレンドとなっている婚約指輪と結婚指輪の重ね付け。マリアージュさんによると、女性から人気となっている理由は下記のとおり。

  • 普段使いができるお洒落なファッションアイテムになる
  • 高級レストランやパーティなどに行く特別な日に便利

やはり、ファッションアイテムとして見たときに女性から支持があるようですね。しかし、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできないパターンもあります。それが、2つの指輪のラインが異なるとき。

ngLine

上の写真のように婚約指輪と結婚指輪のラインが揃わなければ、ファッションアイテムとしてのデザイン性を損なってしまったり、指輪同士がぶつかって傷ついてしまったりするので、重ね付けができなくなってしまうんです。

セットリングが可能にしてくれることとは?

そこで、重ね付けをしたいという女性の願いを叶えてくれるとして注目されているのが、セットリング。はじめから婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを考慮してデザインされているので、合わせて使っても傷つくことがないんです。
また、2つデザインが揃えられているので普段使いがしやすいといったメリットがあります。

セットリングにすることの「意味」

実は、結婚指輪に婚約指輪を重ねることは正式な指輪のつけ方であり、「永遠の愛」を留めておくという意味があるんです。

正式な婚約指輪・結婚指輪のつけ方は、結婚指輪をはめる左手の薬指を空けておくために婚約指輪はまず右手の薬指にはめ、結婚指輪が左手にはまった後に婚約指輪を右手から左手にうつして重ねることなんです。となれば、婚約指輪単体でも華やかであり、なおかつ婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできなければならないんですね。

2人の愛の証でもある婚約指輪ですから、正式な意味を持つものとして身につけていたいもの。また、女性にとっては恋人としての彼からもらう最後のプレゼント。せっかくならば、大事にしまっておくよりも長くたくさん使いたいのではないでしょうか。

であれば、婚約指輪と結婚指輪で、あえて重ね付けできないものを選ぶ理由はありません。

セットリングの選び方

指輪は、婚約指輪だけでつけたとき、結婚指輪だけでつけたとき、重ね付けしたときにどのような印象になるかということに気をつけて選ぶのがいいそう。
指輪のラインで主流となっている、SラインとVライン、ストレートラインについて、組み合わせ方やラインのデザイン性におけるメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

Sライン

ring_type_sLine

Sラインの特徴は、指が長く見えること。
左薬指は、水かきの部分が左小指に向かって下がっていますよね。Sラインの指輪であれば、高さの異なる水かきの部分に沿って左下がりのデザインがされているものが多いので、指を長く見せることができます。

また、気をつけなければならないのが、Sラインのカーブの深さはデザインによってさまざまであるということ。そのため、隙間なくぴったりと重なる結婚指輪を探すのは大変なんですね。

 
LIG_655x437_Sline

セットリングであれば、隙間なくぴったりと重なるようにデザインされている上に、重ねたときに華やかさのバランスが取れるようにデザインされているものが多いので、2つの指輪を合わせて使うことで上品さを演出することができます。

Vライン(またはUライン)

ring_type_vLine

Vラインの特徴は、指輪の両サイドが上がっていることで指が細く見えること。また、シルエットは左右対称のものが多いので安定して感じられます。

気をつけたいことは、婚約指輪がVラインの場合、結婚指輪もVラインじゃないと重ね付けが難しいということ。

結婚式やお子さんの入学式などのフォーマルな場面では、婚約指輪と結婚指輪の両方を付けることが多いそうなのですが、重ねてつけられない場合は婚約指輪を右手につけることがあるようです。しかし、それでは本来のデザイン性が損なわれてしまうんですね。

 
LIG_655x437_Vline

セットリングであれば、どちらもあらかじめVラインとなっているので、重ね付けしたい場合にデザイン性を損ねることなく身につけることができます。

  • 1
  • 2