ブラウザ上でブロック崩し?Google検索の面白い「隠しコマンド」まとめ

鮫島


ブラウザ上でブロック崩し?Google検索の面白い「隠しコマンド」まとめ

こんにちは。ディレクターの鮫島です。

皆さん、ググってますか?
Google検索は1日で30億回以上検索されているらしいですが、私はその中で1日30回はググってます。つまり、世界中の0.00000001を私が占めています。

そんなGoogle検索では、一部特殊なワードを検索すると面白い動きや検索結果がでる「隠しコマンド」的なものが存在します。
そこで、今回はGoogle検索の「隠しコマンド」について調べ、まとめてみました。ぜひ、超ヒマなときに楽しんでみてください。

※デバイス/ブラウザによっては閲覧できない場合があります

▼Google、使いこなしてる?

ゲーム系

例のコインボックス / スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズ」と検索すると、検索結果にお馴染みのコインボックス的なあれがあります。それをクリックすると・・・・。
※音量MAXでお楽しみください
※スマホでも楽しめます

実際にみてみる

「o」に襲われるゲーム / zerg rush

zerg rush」と検索すると、Googleの「o」部分にとにかく襲われる非常に一方的なゲームです。
「o」を数回クリックすれば倒せますが、3つめくらいで心が折れました。
そして、全部襲われるまで待っていると最後に・・・続きは以下ボタンをクリック。

実際にみてみる

ブロック崩し / atari breakout

atari breakout」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
いわゆるブロック崩しをGoogle上でプレイできます。

実際にみてみる

パックマン / PAC-MAN Google

PAC-MAN Google」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
パックマン30周年記念で公開されたもので、Googleロゴ内でパックマンが遊べちゃいます。俺、パックマン本当に下手くそなんですよね。

実際にみてみる

アニメーション系 / その他

画面を傾ける / askew

askew」と検索してみてください。
画面がちょっぴり傾きます。
※日本語で「斜め」と入力してもOK
※「tilt」というワードでも傾きます

実際にみてみる

画面が一回転! / do a barrel roll

do a barrel roll」と検索してみてください。
画面がおもいっきり一回転します。
※日本語で「一回転」と入力してもOK

実際にみてみる

文字が点滅 / blink html

blink html」と検索してみてください。
検索結果内の「blink」という文字が点滅します。
意味は、わかりません。

実際にみてみる

ロゴが徐々に拡大・・・ / Epic Google

Epic Google」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。EPIC Googleというロゴが徐々に拡大します。EPICってなんだろう。

実際にみてみる

ロゴが徐々に縮小・・・ / Weenie Google

Weenie Google」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。Weenie Googleというロゴが徐々に縮小します。Weenieってなんだろう。

実際にみてみる

ロゴの周りをテキストがグルグル回る / Google Sphere

Google Sphere」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
Googleロゴの周りをテキストがただただ回転します。なかなかクリックができません。

実際にみてみる

無重力のようにフワフワ / Google Space

Google Space」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
全ての要素が無重力空間で浮いているかのようになります。検索しづらい。

実際にみてみる

重力には逆らえません / Google gravity

Google gravity」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
全ての要素が重力に押しつぶされます。

実際にみてみる

テキストまで反転に / elgoog

elgoog」と検索して、一番上のリンクをクリックしてください。
テキスト含む、全体が反転されます。でも広告は反転しないのね。

実際にみてみる

漆黒の闇 / BlackGoogle

BlackGoogle」と検索して、検索結果の一番上のリンクをクリックしてください。
Googleが漆黒の闇に染まります。

実際にみてみる

まとめ

いかがでしたでしょうか。
まだまだ他にもあったのですが、意味不明なものが多すぎたので割愛しています。
こういうのって誰が最初に気づくのかなーと思いながら、楽しませていただきました。

Google先生、ありがとうございました。

鮫島
この記事を書いた人
鮫島

ディレクター

関連記事