【Webライター・編集者】最初の一歩

人の心を動かす「伝わる文章」を書くために意識したい3つのこと


人の心を動かす「伝わる文章」を書くために意識したい3つのこと

こんにちは。約50分の通勤時間中、ずっと空想しているエディターのさえりです。空想なら無料。お得なトリップですね。

さて、前回の「文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント」に引き続き、今回もわたしを含めた文章力向上させ隊の方々のために「伝わる文章」についてお話しできればと思います。

わたしは外部メディアを運営するLIGMOというチームに所属しています。そこで、日々ライターさんから上がってきた原稿に目を通しているのですが、「うまいなあ」と思う文章を書く人には、共通したある特徴があります。
それは「文章がわかりやすく、伝わってくる」こと。「そんなに素敵なら行ってみたいなあ」と思ったり、「簡単そうだなやってみよう!」と思えたり。残念ながら、最後まで読んでも結局何が言いたかったのかと首をかしげてしまう文章は、世の中に多く転がっています。

文章とはそもそも、何かを他人に伝えるための方法の一つです。つまり、自分だけで楽しむ場合(日記、ブログなど)を除いて、文章は人に伝えるためにあるとわたしは思っています。そして、文章の役目は「人の心を動かすこと」ではないか、とも思っているのです。

「人の心を動かす」ことが文章の役目

02

人の心を動かすことが文章の役目……。ちょっと壮大な話のようですが、そんなことはありません。
企画書を読んで「なるほど! それはいいね」と心が動けば上司は企画書を通してくれるでしょうし、エントリーシートを読んで「詳しく話を聞いてみたいな」と思わせることができれば面接に呼んでもらえるはずです。チラシの文句を読んで「欲しい!」と思えば商品購入に繋がりますし、そんなに意識していなかった子からのラブレターを読んで「グッときた」のであれば、もしかしたら付き合ってもらえるかもしれません。
これらはすべて「文章が人の心になんらかの変化を与えた=人の心を動かした」と言えるのではないでしょうか。

  • ビジネス文章
  • 企画書
  • 記事
  • ツイッター
  • 手紙

「せっかく書くなら、人の心を動かす文章を書きたい」。
文章を仕事にしている人でなくとも、わたしたちはあらゆる場面で「伝えるための文章」を書く機会があります。文章以外にも人の心を動かす要素は多くありますが、文章も人の心に働きかける上で大きな役割を占めるとわたしは思っています。

そう思っていても簡単には上手くいかず日々わたし自身も唸っているわけで、きっと文章力向上させ隊の方々も日々うんうん唸っているのではないかと思います。

わたしと同じ文章難民たちのために、今回は伝わる文章にするための、忘れがちだけど大事な大事な基礎をご紹介いたします。

伝わる文章にするために大事な意識

03

伝わらない文章というのは、「その人の中で完結してしまい、全く伝わってこない状態」になりがちです。大事なのはきちんと相手の心に届けることです。 そのために今回お伝えしたいのは、以下の3つの意識です。

  • 相手はだれか?(ターゲット意識)
  • 何を伝えたいのか?(目的意識)
  • どうなってほしいのか?(反応・行動)

以上の3つを意識しながら書くだけで、文章はグッとよくなるはずです。

文章は読み手がいて初めて成り立つもの。
どんな想いで書いたかよりも、相手がその文章をどう受け取りどのように感じたかが、あなたの文章の価値を決めかねません。 「書いているとノリに乗ってしまい、そんなことまで考えられなかった……」というわたしのような人は、ぜひ記事を参考にして、改善してみてくださいね。

相手はだれか?(ターゲット意識)

04

前述したとおり、文章は読み手がいてはじめて成り立つものです。読者(ターゲット)がはっきりしないままに文章を書くと、だれにも届かない文章になりがちです。

その文章はだれに向けて書いていますか? 実際に読む相手が決まっているときには、その人が文章を読むところを想像してみてください。
エントリーシートであれば「人事担当者」へ。企画書であれば「上司・取引先」へ。記事であれば「読者」へ。ラブレターであれば、「好きな人」に向けて書いていますよね。このように、だれに届けたいのかを必ず想定してください。上司なのか部下なのか、男性なのか女性なのか、スイーツ好きなのかそうでないのか……。相手によって書くべき内容は変わってきます。上司なら読み終わった後、なんと言いそうでしょうか? 後輩にわかりにくい専門的な言葉を使っていないでしょうか? 相手を意識をするだけで、より届く言葉を選んで書くことができるはずです。

また、記事の執筆やお客様へのチラシなど、具体的に相手が目の前にいない場合は、どんな人に読んでもらいたいのかを想定しましょう。想定しているターゲットに近い友達がいれば、その友達に向けて書いてみるのもいいかもしれません。もし思い当たらなければ、届けたい相手はどんな人なのか、具体的に思い描いてみましょう。

  • その人はなにを望んでいるか?
  • その人の興味関心はなにか?

このあたりを具体的に想定すればするほど、相手に届く文章になります。好きなもの、興味関心、願望などがわかれば、どの言葉を選びどんな比喩表現で伝えれば良いかも浮かび上がってくるはずです。
大事なのは、だれか一人を濃厚にイメージすること。その人のハートにがっちりばっちり届けば、その人に似ている属性の人にも必ず届くはずです。近くの一人にも届かない文章は、結局だれにも届かないことを頭の片隅に置いてもらえればと思います。

何を伝えたいのか?(目的意識)

05

意識するポイントの2つ目は「何を伝えたいのか?」、つまり文章の「目的」です。
企画書なら「やってみようと思ってもらえること」。エントリーシートであれば「自分に興味を持ってもらうこと・一緒に働きたいと思ってもらうこと・役に立つと思われる」こと。付き合ってほしいという旨のラブレターであれば「想いを伝え、OKをもらうこと」などことが目的となるでしょう。
目的を果たすために、相手にわかりやすいように書くのは大前提。(文章そのものをわかりやすいものにするためのポイントは前回書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。「文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント」

基本的には伝えたいこと・目的は一つに絞り、“一つの文書(記事)にワントピックのみ”を意識してみてください。あれこれ詰め込みすぎては「なんか色々書いてあったけどよくわからなかった」ということになりかねません。読み終わったあとに、読者が「この文章は○○が××であることが書かれていた」と一言で答えられるような文章を目指しましょう。

「伝えたいのはなにで、なんのための文章なのか?」をいつも意識するようにしてください。

どうなってほしいのか?(反応・行動)

06

最後は「それを伝えてどうなってほしいのか?」という読者の反応・行動への意識です。他人に向けて書く文章には「伝えたい想い・意図」があり、それに対する「欲しい反応」があるかと思います。 その反応を引き出せる文章になっているかどうかを、書いている間は都度振り返ってみてください。

相手の反応を予測しながら文章を書けば「ここは『例えばどういうこと?』と突っ込まれるな……」や「『え、行ってみたい! どうやって行けばいいの?』と聞いてくるかもしれないな、加筆しよう……」など自分の文章に対して、客観的な視点を入れ込むことができます。相手の反応を引き出すためには、時にはこだわっていた文章表現なども削っていくことが必要になるかもしれません。

欲しい反応から逆算し、これを読んだ相手がなんと言ってくれるか?と想像力を働かせながら文章を書いてみてください。とても難しいことですが、欲しい反応も細かく思い描ければ思い描けるほど、人の心を動かす文章になっているはずです。

実際にやってみましょう

実際に書くときには、ターゲット、目的、欲しい反応がブレないよう事前に書いておきましょう。それでは実際に3つの意識を頭に入れた上で、文章を書いてみます。

あるディズニー映画を紹介する文章を書くとします。

挿入歌が圧倒的ヒット!アニメーション映画として興行収入は全世界歴代1位、日本ではなんと約10人に1人が観た作品です。

この文章でも十分に凄さは伝わると思うのですが、たとえば以下の意識を加えて紹介文を書いてみましょう。

ターゲット ディズニー映画が好きな人
目的 この作品に興味をもってもらう
欲しい反応 「気になる!」「観たい!」

ディズニー史上初のダブルヒロイン映画!今までのディズニーの歴史を覆す新しい「真実の愛」とは?

いかがでしょうか?
「ディズニー史上初」や「今までのディズニーを覆す」などで興味を引き、ディズニーでは鉄板の「真実の愛」を覆すとまで言ってみました。もちろん違う表現もあるかと思います。今までのディズニーと比較できるような内容を入れ込むといいかと思います。

 

では以下の場合はどうなるでしょうか?

ターゲット LIGMOメンバー ナッツさん(映画・流行り物・女の子が好き)
目的 この作品に興味を持ってもらう
欲しい反応 「それいいね、観てみるわ」

挿入歌が有名になったのはもちろんですが、じつはこの映画、ディズニー史上初の“ダブルヒロイン作品”なんです。つまり主人公に可愛い女の子が2人! しかも、今日本では「あまちゃん」や「ディアシスター」など“ダブルヒロインブーム”が巻き起こっているんです。今流行りの「ダブルヒロイン」映画ですし、この作品、女の子はみ〜んな好きですよ♡

いかがでしょうか?
流行りものと女の子が好きなナッツさんに届くことをイメージして、ナッツさんが喜びそうなワードを入れ込んでみました。誰か一人を濃厚にイメージすれば、きっと似た属性の人も反応するはず。ディズニー好きの人に向けた文章では、全く違うものになりましたね。

最後に

07

自分で文章を楽しみたいだけであれば意識しなくてもよかった3つの意識、いかがでしたか?
とても基本的なことばかりでしたが、文章を書いているうちについ忘れてしまうのも事実。せっかく時間を割いて書いているのに伝わらないなんてもったいないですよね。
自分の文章で人の心を動かすために、まずは具体的な「一人」に届くような文章を目指してみてくださいね。一緒にがんばりましょう!

 

【その文章、伝わってる?】

文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント

文章を書くのが苦手な人に伝えたい、わかりやすい文章を書く10のポイント

Webライターの「文章力」を向上させる6つのライティングテクニック

Web編集者・ライターが間違うと恥ずかしい日本語の正しい用法10選

Webライターにおすすめの自分の文章を声に出して推敲・校正する10個のメリット


この記事を書いた人

さえり
さえり 外部ライター 東京 2015年入社
編集者のさえりです。寝ている時以外は、いつも眠い女です。
雨の音と、他人の妊娠ブログと、あとはちょっぴりシュールなものたちが好きです。