GOODTABLE鎌倉オープン
GOODTABLE鎌倉オープン
2013.10.17

スマホを自分好みにカスタマイズできるランチャー系Androidアプリおすすめ10選

野上

気温の差が激しく、体調を崩しかけています。
野上です。

突然ですが、皆さんはAndroidとiPhoneのどちらを利用していますか?

iPhoneといえば、iOS7からフラットデザインに変更されましたね。
フラットデザインって何だっけ?という方は「今年絶対おさえておきたいフラットデザインのまとめ」を参考にしてみてください。

Androidは今年の7月頃にバージョン4.3にアップデートできるようになりましたが、ホームデザインやアイコンの変更などはありません。
自分好みのホーム画面にしたいなあ・・・と密かに思っている方、多いのではないでしょうか?
実は、Google Playから提供されているカスタマイズ用アプリを利用すれば、あなた好みのデザインに変更できるんです!

そこで、今回はホーム画面を変更できるおすすめアプリ10選を選んでみました。

Androidのカスタマイズランチャーアプリ10選

ではさっそく見て行きましょう!
※今回はアプリの紹介なので、導入方法などは書いていません。ご了承ください。

GO ランチャー EX

Go ランチャー

価格 無料
Android要件 バージョン2.0以上
  • スキン・テーマが多様。
  • 他アプリ比較したとき、無料で使える実用的なツール機能が多い。

カスタマイズ性も機能性も高く、実用的なツールとしてアンインストール機能やタスクキル機能などが含まれています。様々なアプリをインストールしなくても使えるのは嬉しいところですね!

LauncherPro

Launcher Pro

価格 無料版と有料版があり、有料版は現在337円
Android要件 バージョン2.0以上
  • 下のドックを3面、アイコン数最大15個まで増やすことができる。
  • 3Dドロワーを使用できる。
  • スキン・テーマが多様。

自分もAndroidユーザーだったときに、このランチャーを利用していました!
シンプルで、ドックのアイコンを変更したり増やしたりできるので便利です。ただ、ウィジェットのサイズを無料版で変更できないのが玉にキズ。

 スクエアホーム

スクエアホーム

価格 無料版のアンロックアプリがあり、そちらは現在389円
Android要件 バージョン2.2以上
  • Windows8風のフラットデザインなホームが作成できる。
  • ウィジェットのサイズ変更も自由自在。
  • 簡単にテーマとアイコンパックの適応が可能。

iOS7と同じようにWindows8でも適用されたフラットデザイン。それと似たホームを作ることが可能です。
すべて四角のフラットデザインに適応されますので、アイコンの形を気にすることがなくなります。見やすくて気持ちいいですね。