PHPでファイル操作

Kazuya Takato

Kazuya Takato

PHPでファイル操作がしたくて調べてみた。

けっこう簡単にできるね。

fopen("パス","モード文字列");

でファイルオブジェクトをとって操作すればいいみたい。

しかもパスにファイルが存在しないと新規作成してくれるのか、便利だ。

やりたかったのは、取得したファイルに追加で書き込んでいくことだったので、

↓のようなメソッドを作ってみた。

function fileWrite($path,$str){
        // パスのファイルを追加書込みモードで開く
	$file = fopen($path,"a+");
        // 引数の文字を書き込む
	fwrite($file,$str."rn");
        // ストリームを閉じる
	fclose($file);
}

メッソド化するほどのものでもないかな。

colseのし忘れがなくなるけど、新しく書きこむ度に

ストリームを開かなきゃいけないのが微妙すぎるなぁ。

使うのは今回限りかな。

この記事のシェア数

1

Kazuya Takato
Kazuya Takato Technology / Senior Technologist

1983年生まれ、SIerとしてJava、C#等の開発案件にエンジニアとして従事 その後LIGに入社し、バックエンド/フロントエンドエンジニアとして多種多様な案件に従事。

自己紹介をもっと見る