LIGのメルマガ、はじめました!
LIGのメルマガ、はじめました!

心に響く。良いコンセプトはソーシャルマーケティングでも有効なツールになる。

たか

組織にしてもサービスにしても、誰かと何かを始める場合はコンセプトの共有が大切ですよね。仲間との共有はモチロン大事ですが、Facebook, twitterなどのソーシャルサービスの普及に伴い、心に響く印象的なコンセプトは外部への共有スピードも格段に早くなっていると思います。

そこで、今回はタイムラインに流れてきたステキなコンセプト達をご紹介します。

HOLSTEE Life is SHORT

あなたの本当に好きなことをしよう、たくさんしよう。
もし好きじゃないなら、それを変えれば良い。
もし仕事が好きじゃないなら、止めればいい。
もし人生で最愛の人を探しているなら、やめよう。
それはあなたが本当に好きなことを始めたときに出会えるから。
分析しすぎるのはやめよう、人生はシンプルなのだ。
すべての感情は美しい。
食事をするときは最後の一口まで感謝しよう。
マインドを、腕を、ハートを新しいこと・新しい人に開こう、わたしたちは違いの中でつながっているのだから。
となりに見える人に彼らの情熱は何かを尋ねよう、そして彼らにあなたを奮い立たせる夢を共有しよう。
たくさん旅をしよう。道に迷うことで自分自身を見つけられるだろう。
一度しかこないチャンスもある、それをものにしよう。
人生とはあなたが出会った人、そしてあなたが彼らと作り上げたことをいう。
だから外にでて、創りはじめよう。
人生は短い。
夢に生きて、あなたの情熱を共有しよう。

□HOLSTEE
http://shop.holstee.com/

ざっくりの意訳はRoomieさん。
□言葉のチカラ
http://www.roomie.jp/2012/05/5094/

Honda

a2

がんばっていれば、いつか報われる。待ち続ければ、夢はかなう。
そんなのは幻想だ。たいてい、努力は報われない。たいてい、正義は勝てやしない。
たいてい、夢は叶わない。そんなこと、現実の世の中では良くあることだ。
けれど、それがどうした?スタートはそこからだ。
技術開発は失敗が99%。新しいことをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。
さあ、きのうまでの自分を超えろ。きのうまでのHondaを超えろ。
負けるもんか。

2,3週間前にFacebookのタイムラインに良く流れてました。Hondaのコンセプト。熱いです。技術者魂が揺さぶられます。技術者ではないですけど。

□本田技研
http://www.honda.co.jp/

youtubeの動画はメイキング動画も含めると70万回以上も再生されてます。

デザインバーコード

a3

クライアントにコネのあるバカ息子を1人雇うぐらいなら、プレゼンボードを1万枚買った方がましだ。/ Thanks for the prize. Next time we are going for Grammy! / 広告をみているヒマがあったら、富士ロックに行きたいし、知らない娘とセックスしたり、ニンテンドーDSに夢中になりたい。そんな時代に、お金を払ってでも見たくなる広告を。 / 最強のメディアは、テレビでも新聞でもなく、人間だ。/ ビッグアイデアは、小さい。/ 莫大な広告費を使って、消費者の心をつかみたいなら、消費者一人一人に、その金を配ればいい。/ 広告を人気者に。

設立したときから一方的に好きな会社です。お話ししたことも、会ったことも無いですが、コンセプトがカッコいいなと4,5年ちょくちょくHPを見させてもらってます。実績ページと、会社紹介のMovieもカッコいいです。

□デザインバーコード
http://www.d-barcode.com

王貞治さん

a4

努力しても報われないことがあるだろうか。
たとえ結果に結びつかなくても、
努力したということが
必ずや生きてくるのではないだろうか。
それでも報われないとしたら、
それはまだ、努力とはいえないのではないだろうか。

深いです。世界の王です。
何かを成し遂げたいなら、努力は当たり前です。
努力努力努力しても、結果が出ないならそれは努力とは言えないという。ドM気質には堪らない言葉です。

まとめ

コンセプトは大事です。

自分たちが何を目指しているのかを分かり易く表現することはソーシャルな世界でも有効なマーケティング手法だと思います。

ちなみに、LIGの社名は「Life Is Good. 」の頭文字をとってます。
呼びづらいし、電話口だと大抵聞き返されたり、領収書貰う度にプロレス団体みたいだな…と思ったりしますが、結構気に入ってます。

近い将来、「Life Is Good.」をもう少し分かり易くマーケティングしやすいように考えてみようと思います。