NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2010.10.17

ペニーオークションをまとめてみたよ。

たか

ペニーオークションのサイトが多くなってきました。
一部では詐欺まがいの悪質なサイトもあるようですが、ペニーオークションは、オークションにカジノ要素を組み合わせたようなサービスです。

ペニーオークションって。。

通常のオークションは落札者が落札金額を支払いうという形に対して、ペニーオークションは、1入札毎に入札手数料が発生します。

運営者側は入札回数毎に手数料を受け取れるので、ユーザとしては一般的には市場価格よりかなり安く商品を買うことができます。

これはわかりやすいですので、引用。。

例えば、希望小売価格10,000円の商品を運営者が0円出品します。実勢価格が8,000円の品だとして、それが6,000円で落札されたとしましょう。
1入札ごとに75円の手数料がかかる一方で入札額は15円ずつしか上がらないシステムなので、6,000円になるまでの400回分の入札手数料 75×400=30,000円が運営者の元に。
ちなみに落札者自身が10回入札していたなら、落札代金6,000円と75×10=750円の入札手数料、それに送料300円を支払うことになるものの、それでも実勢価格よりは安く商品ゲット!
・・・まあその陰で「1入札75円くらい、いいや」という人たちの小銭が全て運営者(くどいようですがイコール出品者)に吸い取られるわけですが。

ペニーオークションの代表格

ペニーオークションの代表格は2005年ドイツで設立された「Swoopo」というサイトです。

Swoopo

http://www.swoopo.com/

2005年にドイツでサービスインし、2007年にイギリス版、その後スペイン、アメリカ、オーストリア、カナダ、韓国とオープンしており、会員数は200万人以上といわれています。

Swooop以外だと、「BidCactus」「Beezid」「MadBid」などがあります。

BidCactus

http://www.bidcactus.com/

オープンが2009年4月と後発ながらも1年未満でSwoopoと同じくらいのトラフィックを獲得しているようです

Beezid

http://www.beezid.com/

MadBid

http://ie.madbid.com/

国内のペニーオークション

国内のペニーオークションの代表格ですが、商品が並んで、タイマーと価格が動的に動くモノで、どれも似たり寄ったりの構成になっています。

東京オークション

http://tokyoauction.net/

http://auction.geo-online.co.jp/

エンオク

http://enoku.jp/

カイドキ

http://kdoki.jp/?r=1

ユメオク

http://www.yumeoku.com

ペニーオークション比較サイト

ペニーオークション比較ナビ

ペニーオークション徹底比較

国内でも80近くのペニーオークションが立ち上がっています。

グル―ポン系のサービスもそうですが、競争が厳しい中、ペニーオークションの中でも何かに特化し営業力、訴求力を高めていく必要があるのかもしれません。