ギルド開発
ギルド開発
2014.05.30
LIG PR

妄想タンデムツーリング!バイク屋の素晴らしさを物語にしてみた。

紳さん

こんにちは、メディア事業部の紳さんです。あなたはバイク屋に行ったことがありますか? 今回はバイク屋がいかに楽しい場所なのかを説明するため、トレンディドラマ仕立てでお伝えします。出会ったばかりの仁成と美穂。二人の運命はいかに……?

もしも好きな異性がバイク好きだったら……

gb_044

gb_ico_053「美穂さん、ヤバいっすね、今日の太陽! めっちゃ晴れましたね!」

 

icon_001「はい、仁成さん。すごい晴れていますね」

 

 

bike_010 人物紹介:仁成
「愛をください」が口癖の32歳(独身)。ずっと恋人がいなかったが、最近になって電気のついてない部屋に帰る寂しさが身に沁みるように。そんなとき、美穂という名の天使(エンジェル)と出会い、一念発起。このデートに命を懸けている。

 

bike_020 人物紹介:美穂
どこにでもいる普通のOL。同棲していた彼氏が家具をすべて持ち逃げし、傷心していたところを仁成と出会った。まだ結婚を具体的には考えていないが、憧れだけは持っている。

 

icon_001「こういうときはバイクでツーリングがしたいですね

 

gb_ico_053(ツーリング? よし、趣味の話題で盛り上がろう!)

 

gb_045

gb_ico_043「美穂さん、俺もけっこう乗るんですよ」

 

gb_ico_066「ホントですか? 意外!」

 

gb_37

gb_042「私、一度でいいからタンデムでツーリングに行ってみたいんですよ」

 

gb_ico_38「ぜんぜん良いですよ。行きましょう!」

 

gb_042「一緒に峠とかも攻めて欲しいです。膝がアスファルトに溶けちゃうようなフルバンクで。ハイサイドも恐れない、そんな憧れのライダーが旦那様だったら、文句は無いですね」

 

gb_44

gb_049フルバンク? ハイサイド? いったい何を言っているんだ、こいつは。しかし、話を合わせないと、会話が途切れてしまう!)

 

gb_055

gb_050「美穂さん、実は……」

 

gb_061「え? なんですか?」

 

gb_054

gb_097榛名山の峠キングといえば、俺のことです」

 

gb_061「え!? 仁成さんが、あのヘアピンで有名な榛名山のキング、「レッドファントム」なんですか!?」

 

gb_097(ほんとにいるの!?)

 

gb_095

gb_099「良かったら来週、仁成さんのバイクに乗せてくださいませんか? その夜、私が仁成さんの上に乗ることも視野に入れて。」

 

gb_097「も、もちろん、いいですよ」

 

gb_088

gb_ico_99「わ〜い!約束ですよ。はい、指きりげんまん。ウソついたら三親等以内の親族、皆殺しにす〜る!指きった!」

 

gb_ico_98(やばい、これは大変なことになってしまった。バイクなんて、乗ったこともないのに……)

 

 

バイクで困ったらバイク屋に相談だ!

DSC_4552

gb_ico_022「ここがバイク屋か。なんだか、ドキドキするぜ。」

 

偏ったバイク屋のイメージ

  • 汚れたツナギを来た人が、スパナを持って襲いかかってくる
  • 特攻服を着た暴走族が、スパナを持って襲いかかってくる
  • ウンコ座りをしたヤンキーが5,6人たむろっていて、スパナを持って襲いかかってくる

 

gb_ico_022「怖いけど、なんとかバイクを購入しないと……とりあえず入ってみよう。」

 

DSC_4000-1

gb_ico_022(横浜銀蝿的な人が店員なのだろうか……)

 

 

gb_002

gb_ico「いらっしゃいマシーン」

 

gb_ico_023「いらっしゃいマシーン!?」

 

gb_ico「お客様、今日はどのようなご用件で?」

 

gb_ico_023「あ、あの……やたらとカッコよくて、二人乗りに最適なバイクを探しているんです」

 

gb_icoかしこまりマシーン

 

gb_004

gb_ico_9「二人乗りならこちらが良いですよ。座席の後ろ側が座りやすい仕様になっているんです。」

 

gb_ico_10「へぇ〜、なるほどね。」

 

gb_008

gb_ico_5「こういうことっすか?」

 

gb_ico_6「そうです。タンデムならこれがオススメできマシーン

 

 

 

gb_ico_5(ふ〜ん、もしこのバイクで美穂とタンデムできたら……)

 

 

gb_009

 

gb_ico_2「美穂、行こうぜ、二人だけのHEAVENに……」

 

gb_ico_3「行っちゃう〜〜〜!」

 

 

gb_010

gb_ico_4「フヒッ! イヒヒヒヒヒヒヒヒ! ッヒャ! アヒャヒャヒャ!!」

 

gb_ico_4「美穂と! み、美穂とぉ! HEAVEN! HEAVEN状態に!!」

 

gb_ico_4「アハハハハハハハハハ! アーッハッハッハ!!」

 

gb_011

gb_012「………………」

 

gb_ico_4「フィーッ! ヒャッッ!! フフフフフフウ!」

 

gb_012「………………」

 

gb_ico_4「フーッ……」

 

gb_12

gb_013「ちなみに、峠を攻めるにはどんなバイクが良いんですかね?彼女が、峠を攻めたがっていて……」

 

gb_ico_12「峠ですか……? うーん、良かったら彼女さんも連れてきてくださいよ。一緒にバイクを選んでもらうのが一番です」

 

彼女とバイク屋でデートしちゃおう!

gb_015

gb_ico_13「どうだい、美穂? ここがバイク屋だぜ」

 

gb_ico_14「すごーい。バイクがいっぱいあるね!」

 

gb_016

gb_ico_16「これぜーんぶ、俺のもんさ! なんだって買ってやれるぜ」

 

gb_ico_14「すてき! 底なしの貯蓄ね!」

 

gb_18

gb_ico_14「あたし、これなんかすごく良いと思う!」

 

gb_ico_16「OK。俺の貯金は少なく見積もっても2300万くらいあるし、買ってやれるぜ。」

 

gb_13

gb_14(へぇ、これが彼女か。これだけ可愛ければ頑張るよなあ。でも、男の方は空回りしてんぞ……それにしても可愛いな)

 

gb_ico_16(ん? あんなに熱心だった店員が、やけにおとなしいぞ?)

 

gb_14「一目惚れしマシーン」

 

gb_ico_16 gb_ico_14「えっ?」

 

gb_019

gb_ico_19「あ、何でもないです。気に入ったのなら、試乗してみては?」

 

gb_ico_14「そうね! 私、仁成くんが走っているとこ、この目に焼き付けたいわ!」

 

gb_ico_20(やべー、よく考えたら俺、免許持ってないんだった)

 

gb_ico_19(ん? さっきまで元気だったのに急におとなしくなったぞ。……はは〜ん

 

bike_003

bike_001「フーッ。脈絡ないけど、暑くなってきちゃったから脱ぐね」

バイク屋では試乗もできるぞ!

gb_024

gb_ico_025「じゃあ、まずは僕が走ってみせましょう」

 

gb_ico_14「ステキ〜!!」

 

gb_026

gb_ico_027(見ててください。最高の走りを見せてあげマシーンよ

 

bike_gif

gb_ico_030「ひゃほおおおおおおおおお! 風を感じるぜえええええええええええ!!」

 

gb_ico_14「カッコいいなあ」

 

gb_ico_030(これはイケるぞ! よぉ〜っし、こうなったら……)

 

 

bike_gif_2

bike_ico(ふふふ……『ア・イ・シ・テ・ル』と)

 

gb_ico_20(俺の女になにを!? クソ野郎がぁ〜〜〜〜!!)

 

gb_ico_14(あら? テールランプを五回点滅させているけど、何なのかしら? 『コ・ロ・シ・ア・エ』かな?)

 

gb_ico_20(ふざけんじゃねえ! 負けてらんねえぞ!)

 

gb_032

gb_ico_033「どきやがれっ!」

 

bike_03

gb_037(俺の方が愛しているぜ、美穂……届け、この思い!)

 

gb_ico_14(仁成くんもテールランプを点滅させ始めたわ。何なの、この世代?

 

gb_041

gb_ico_042(あ、そっかぁ。『セ・ン・ソ・ウ・ダ』ってことね。意外と勇ましいのね)

gb_037「美穂さん、聞いてください」

 

bike_002

bike_004「実は俺、バイクの免許を持ってないんです。榛名山の峠キングっていうのも真っ赤な嘘。貯金は2万弱しかありません。それでも今夜、お前という名の峠をタンデムしてもいいですか?」

 

gb_ico_042「えーっ!?」

 

 

gb_ico_042「……」

 

 

 

gb_ico_042……………

 

 

 

gb_ico_042「……………………」

 

 

 

gb_ico_042「……………………………」

 

 

 

gb_ico_042「うん」

 

 

bike_007

bike_008(やれやれ、やっと素直になれたようだな。素人のくせに彼女の前ではしゃぐから、おかしいと思ったんだ。まったく、恋路の世話もしなきゃいけないんだから、バイク屋はたいへんだぜ)

 

 

 

FIN.

 

だが……

 

二人の恋の行方はつづく。

バイク屋に行ってみよう!

bike_009

いかがでしたでしょうか?バイク屋さんが楽しいところだってわかりましたね。

みなさんも困ったことがあったら、相談してみてはどうでしょうか。バイク好きの店員さんが親身になって答えてくれるでしょう。

ちなみに、店員役を演じてくれた方は、本物のバイク屋店員の方です。

 

さて、バイク屋をお探しのアナタにオススメ、バイク専門ポータルサイト「GooBike(グーバイク)」の紹介です。

 

goobike

バイク物件情報世界一!

GooBikeには日本中のバイク情報が掲載されており、 物件数は14万件以上と業界最大手のポータルサイトです。

バイクのことでお困りなら、迷わずに下記のリンクをクリックしてくださいね!

 

 

bike_009

また、今回撮影にご協力頂いたのは横浜市戸塚区にある、YSP横浜戸塚店さんです。

こちらの店舗情報もGooBikeに掲載されています!