Webサービス開発、あるよ
Webサービス開発、あるよ
2012.11.13

便利ツール「Clibor」でコピペ作業を10倍楽にする方法

せいと

「クリップボードに複数のキーワードを記憶できたらなあ」

“コピー&ペースト”を使う上で、こんなことを思ったりはしませんか?
・・・思いますよね?ね?ね?

今回ご紹介するフリーソフト「Clibor」を使えばその夢が叶います!

例えば
「メールや日報など、毎日の定型文を書く作業の効率アップ」
「うっかり、ctrl+vctrl+cを間違えて押してしまった時のダメージを軽減」

こういった際に役に経つのが、フリーソフト「Clibor」です!

まずは以下のURLからDLし、「Clibor」を起動させてみてください。
(※寄付金を募っていますが、無料で使用することができます。ちなみに、現在はWindowsにしか対応していないようです。)

  • Cliborのダウンロードはこちら:
  • コピーして留めておけるワードは1000件!

    コピーして留めておけるワードは1000件!

    「Clibor」では、コピーしたキーワードをクリップボードになんと1000件まで留めておけます!
    1000件です!すごいですね!
    え、そこまではいらない?・・・ですよね(´・ω・`)

    まあ僕も基本的に使うのは3~4件程度ですが、それでも

    • ちょっと前にコピーしたキーワードを瞬時に呼び出せる
    • 間違えてクリップボードに別のワードを上書きする心配がない

    というメリットは地味に大きいです。ええ地味に。

    ちなみに、一度記憶したキーワードは自分から削除するか、クリップボードの上限を超えない限り残ります。
    PCの再起動をかけても消えません!

    「ctrlキー」×2回で素早く出し入れできる!

    「ctrlキー」×2回で素早く出し入れできる!

    「Clibor」を開く際、閉じる際には「ctrl」キーを素早く2回押すだけです!
    だから面倒もなく、画面を占領する心配もありません。

    必要なときに一言呼べばすぐに来て、用が済んだらすぐに消える。
    まるで、中学の野球部時代の僕みたいな奴です。

    定型文を保存しておける!

    定型文を保存しておける!

    コピーしたキーワードをさらに「右クリック→定型文に登録→グループ1(任意)」で、定型文を記憶しておけます!
    これで、毎回パターンが決まっているメールを打つ際や、会社での日報、連絡事項を書く際にも効率化が図れます。

    まとめ

    今回ご紹介したのは「Clibor」の基本機能です。
    他にもカスタマイズできたり、便利な使い方がありますので、皆さん独自に研究なさってみてください。

    U Y A
    K A