プロでもあやしい?意外と知らないHTMLタグの読み方

エリカ


プロでもあやしい?意外と知らないHTMLタグの読み方

こんにちは。ディレクターのエリカです。

HTMLは声に出して読めなくても、書ければ良い、と思います。
英単語が読めることと、コーディング能力・プログラミング能力に相関はありません!

しかし作業の中で、当該箇所を口頭で伝える場合もありますよね。
そんな時に初めて、HTMLの読み方の違いに気付くことがあります。

伝わりさえすれば良いと思うのですが、せっかくなので「正しい読み方」と「よくある間違い」をいくつかピックアップしてみました。
HTMLを読むときの参考にしてみてください!

読みづらい系

width(ウィズ、ウィドゥス、ウィトス)

よく使うのに高難易度! 「ワイド」と意味だけ伝えることが多いでしょうか?

height(ハイト)

「ヘイト」と間違えやすいです。気持ちは分かります。

align(アライン)

知らないとちょっと読みにくいです。

relative(レラティブ)

知っていても微妙に言いづらいです。

linear(リニア)

「ライナー」と読みたくなりますが、リニアモーターカーと同じです。

none(ナン)

nonは「ノン」ですが、noneは「ナン」なんです。

略されちゃってる系

H1、H2……(ヘディング ※Headingの略)

基本は「エイチワン」と読みますが、実は「ヘッダー」じゃ無いんですね。

div(ディヴィジョン ※divisionの略)

基本は「ディブ」ですが、略さない方は意外と知られていないです。

p(パラグラフ ※paragraphの略)

「ピー」と読むことが多いです。

a(アンカー ※anchorの略)

「エー」と読むことが多いです。

href(エイチレフ ※hyper referenceの略)

「エイチ」は略さないのがポイントです。

alt(オルト ※alternativeの略)

パソコンを使う人にとってはお馴染みでしょうか。

src(ソース ※sourceの略)

知らないとまったく読めないです。

br(ブレーク ※breakの略)

これも意外と知られていない気がします。

宗派の違い系

null(ヌル、ナル)

エンジニアが一度は通る道? nullの読み方です。
「ヌル」と読むことが多い印象ですが、英語では「ナル」と読むのが正しいです。しかしこの単語はドイツ語由来。ドイツ語では「ヌル」と読むのが正しいのです。つまりどちらも間違っていません!

※ちなみにドイツ語で007は「ぬるぬるずぃーべん」です。何か頼りない。

 

いかがでしたか?
読めなくたって綴りを忘れたって、書けるのがパソコンの良いところですけれど、いざというときのために少しだけ意識していただけたら嬉しいです!

エリカ
この記事を書いた人
エリカ

ディレクター

関連記事